乳がんは早期発見、早期治療を目指しましょう。乳がん手術は江戸川病院|乳がんプラザ



[管理番号:7507]
性別:女性
年齢:37歳
病名:
症状:左乳房しこり11ミリ、16ミリ。しこりの圧痛、左脇リンパ腫れ。

いつもこちらでの質問を見させていただいております。

昨年8月に左乳房の炎症、腫れ、痛みがあり、38度の発熱が2日程続きました。
他院受診したところ乳腺症との事で抗生剤を処方され、痛み止めの点滴をしました。

それにより腫れもおさまったのですが、それから1ヶ月した頃に同じあたりにしこりを感じ、別の乳腺外科を受診しました。

そこで細胞診をした結果、良性との事。

詳しい病名等の説明はなく、また6ヶ月後に経過観察のため来てくださいと言われました。

半年もたたない今年2月。
しこり部分に圧痛があり心配になり再度受診。
また細胞診の結果は良性。
エコー画像をみて前回とは違うかんじになってきていて、あまり見ない所見だねと。

でも良性なので、また6ヶ月後に経過観察と言われました。

しこりじたいはコロコロ動くしこりで、2つが隣り合わせにあると言われました。

6月の初めに、しこりが今まで動いていたものが張り付いたかんじになり、大きくなったように思い、じんじんする痛みと皮膚も赤く腫れ、盛り上がってきたため乳腺外科受診しエコーの結果、大きい病院に紹介状をもらいました。

そこでは悪いもののように感じるので、その日にマンモグラフィ、エコーを行い、組織診をしました。
左脇にも腫れがあるとの事で細胞診をしました。

その後、乳房CTとMRIもしました。

結果は2.3週間後との事でまだでていません。

2月に細胞診で良性だったしこりが乳癌になることはありますか?

2月に細胞診をしてもらった時に不妊治療をしても大丈夫ですか?と質問し、関係ないから好きにしてと言われ3月から不妊治療を再開しました。
クロミッドで3周期排卵誘発をしました。
その他、高プロラクチン血症の薬も不妊外来で処方されていました。

その影響は考えられますか?

20歳から多嚢胞性卵巣と言われ、生理が3ヶ月来ない時はホルモン治療をしていました。
ピルを飲んでいた時期もあります。

6年前にも不妊治療を1年半程していて、人工授精により妊娠。
4年半前に1人目出産しています。

乳輪の下あたりの皮膚が盛り上がってしこり、発赤が二つあります。

11ミリと16ミリです。
皮膚にまで出てきているので、進行性のものではないかと不安です。
左乳房は少し陥没乳頭気味です。

これらの症状から、先生は乳癌を疑いますか?
ご意見をお聞かせください。

 

田澤先生からの回答

こんにちは。田澤です。
まずは、「あるあるQ]の『肉芽腫性乳腺炎については 「今週のコラム」21, 22, 28, 39, 42, 43, 44, 75をご参照ください。』を熟読ください。

私がメールを読む限り経過は比較的典型的な「肉芽腫性乳腺炎」であると思います。
理由
1.画像上、癌とまぎらわしい(上記コラムを読むと解りますね?)
2.細胞診で良性と出ている。
3.(1と関連しますが)大概の乳腺外科医に「乳癌です」と乳癌を疑われる。
4.細胞診でも組織診でも(当然ながら)「良性」となる。

もう一つ注目すべきは「実際に炎症があった」ことです。
★皆さんが(乳腺外科医の多くも)勘違いしていることに「炎症性乳癌」があります。
 「炎症性乳癌に炎症無し」これは大変重要なkey wordとなります。
  炎症性乳癌とは皮下のリンパ管内に癌細胞が入り込み閉塞し浮腫を起こすため「乳房皮膚全体が真っ赤」になりますが、実際は炎症ではありません。(無論、熱もありません)

 つまり質問者のように実際に炎症所見がある場合は乳癌ではなく(圧倒的に)肉芽腫性乳腺炎なのです。(ただ例外的に、乳癌が皮膚に直接浸潤して皮膚のバリアが破壊されて炎症が起こることがあります。ただし、これは炎症性乳癌ではありません)

ただし、今週のコラム22回目でも記載したように、『実は、癌だった』では済まされないので、きちんと組織診をして確定診断が必須です。

★大事なことは
現在、質問者がその「大きい病院」なるところで「癌が疑われて」さまざまな検査がされているところまでは(今週のコラム21で出てきた〇研〇明病院や28にでてきた千葉県の〇田病院での反応と)全く同じです
ただ、結論が(それらのコラムと同様に)「肉芽腫性乳腺炎」となるかどうかまでは、実際に診察していない私には確信はできません。

万が一(針生検で)癌だと診断されたら→(かなりレアケースだとは思いますが)癌の治療をすることになります。
ただ(針生検で)癌ではないとなったときの対応が問題なのは、上記コラムでしっかりと学習しておきましょう。

あいまいな診断(今回の針生検では癌では無かったけど、癌が潜んでいないとも限らないし…」的な診療ではなく、(癌でないなら)「広範囲にMMTEして、確定診断つける」それが重要です。

今後、掲載される『7426 肉芽腫性乳腺炎について』も参照しましょう。

 
 

 

質問者様から 【質問2 】

乳癌疑いのしこり…その後
性別:女性
年齢:37歳
病名:
症状:

7月はじめに乳癌疑いのしこりについて質問させていただいた者です。

その後、7月中旬に組織診をした結果が出ました。

結果は炎症で膿が溜まっているが、癌細胞は見当たらない。

MRI、CTについてはなんの説明もなかったので、問題なかったのだろうと思います。

抗生剤を処方していただき、飲み終わる頃にはしこりもなくなると。

なくならないだろうと自分でもうすうすわかっていましたが(こちらで肉芽腫性乳腺炎について勉強させてもらっていたので)予想通りしこりもなくならず、横にあったもうひとつのしこりまでも1週間程前から発赤、圧痛がでてきました。

結果を聞いた時に、肉芽種性乳腺炎の可能性はないですかと質問したのですが、組織診の結果で炎症と出ているので抗生剤を飲んだら治るからと言われました。

近くに肉芽種性乳腺炎について知っている病院があるかどうかも、どこに行ったらいいかわからず、悪化していくばかりです。

お忙しいとは思いますが、先生に診ていただく事はできますでしょうか…ぜひお願いしたいです。

よろしくお願い致します。

 

田澤先生から 【回答2】

こんにちは。田澤です。

肉芽腫性乳腺炎を知らない(もしくは知っていても正しい治療を行えない)乳腺外科医が多いことは、大変残念なことです。
「癌でないから…」という無責任なループ(担当医がコロコロ変わる大学病院にありがち)が諸悪の根源と言えそうです。

「お忙しいとは思いますが、先生に診ていただく事はできますでしょうか」
⇒それが「急がば回れ」となりそうです。(遠方なのかもしれませんが)

 
 

 

質問者様から 【質問3 】

乳癌疑いのしこりについて
性別:女性
年齢:37歳
病名:
症状:

田澤先生、ご回答ありがとうございました。

この1週間で、前に腫れていたしこりからは膿が出てきてその穴から飛び出すように中のしこり?が盛り上がってきています。

6月に組織診した傷痕もまだ治らず盛り上がって、じゅくじゅくしたままです。

そして、もう一つあったしこりは発赤、痛み、腫れがあります。

6月に受診した病院からは検査結果をもらってきました。

田澤先生に診ていただきたく、秘書室メールから連絡してもよろしいでしょうか….。

また、不妊治療を再開したいと考えているのですが、薬の影響など考え
ると今再開するべきではないでしょうか。

 

田澤先生から 【回答3】

こんにちは。田澤です。

「田澤先生に診ていただきたく、秘書室メールから連絡してもよろしいでしょうか….。」
⇒確定診断希望メールしてください。

 肉芽腫性乳腺炎の確定診断目的及び、治療目的(肉芽のvolume redection)のため太めのMMTE(10G)で初回は削るようにしています。

「また、不妊治療を再開したいと考えているのですが、薬の影響など考えると今再開するべきではないでしょうか。」
⇒ステロイドを使うので、落ち着いてからがいいでしょう。

「確定診断(生検)」メールはこちらをクリックしてください。





「 乳がん Q and A 」直近の更新









サイト内検索

記事や皆様の質問の検索には、「サイト内検索」を使用してください。

例)乳がん しこり
例)脇の下 しこり
例)しこり 痛み
例)線維腺腫 (←誤字に注意)
例)乳腺症

*検索したい文字を正確に入力してください。
「石灰化」で検索したい場合…
(○)石灰化
(×)石灰か *「か」だけ「ひらがな」になっている。
(×)せっかいか *「ひらがな」になっている。



乳がんや乳腺の疾患に関する質問を受け付けています。

乳がんや乳腺の疾患に関する質問はこちらかどうぞ。