乳がんは早期発見、早期治療を目指しましょう。乳がん手術は江戸川病院|乳がんプラザ



[管理番号:7373]
性別:女性
年齢:54歳
病名:浸潤性乳管癌
症状:

3月中旬の確定診断後、乳癌について全く知識が無く、
色々調べていくうちに田澤先生の乳がんプラザにたどり着きました。
それ以来、Q&Aやコラムで勉強させて頂いております。

二件気になっている事がありご質問させて下さい。

あるサイトでコレステロールと乳癌の関係性について書いてあるものを読みました。

現状
4月中旬に温存手術を行い病理結果は今月末に分かりますが、術前はホルモン陽性、ハーツ陰性、ki低で閉経後の為、アロマターゼ阻害薬と放射線の予定となっています。

(病理診断の結果で変更あり)

副腎が関係するものを薬で抑え、女性ホルモンに変化させないようにする事は理解できるのですが、
(私はコレステロールの数値がかなり高く、おそらく遺伝性かと思いますが詳しく調べていません。)
コレステロールからも乳癌になると書かれている論文を読み不安になっています。

アロマターゼ阻害薬を使えば、コレステロールの影響からくるリスクもブロックできるのでしょうか。
もし出来ないのであれば、コレステロールが関係する乳癌のリスクを抑えられる治療方法を教えて頂けますか。

もう一件、放射線治療について新しい機械では毎回CTを撮るようですが、15~25回毎日乳腺以外の腹部全体にも浴びる事になりますが体への影響はどのくらいありますか。

途中転院した事もあり重複して様々な検査をしているので放射能の蓄積に対しても不安になっています。

よろしくお願いします。

 

田澤先生からの回答

こんにちは。田澤です。

「コレステロールの影響からくるリスク」
→考えすぎ。
 些末な情報に引っ張られないように注意してください。

「体への影響はどのくらいありますか。」
→それは問題ありません。(放射線科医に確認したので安心してください)

 
 

 

質問者様から 【質問2 】

グレードの違いについて
性別:男性
年齢:54歳
病名:乳癌管癌
症状:

田澤先生、先日はお忙しい中
早々にQ&Aの回答を頂きまし
てありがとうございました。

先日病理結果が出て分からな
い事があり再度ご質問させて下さい。

顔つきで言われている『グレード』が2種類ある事を今回初めて知り、こちらのQ&Aで検索し田澤先生は核グレードの方を重要視するとの回答を読みました。
核グレードと病理学的グレードの違いは線管形成スコアの違いになるようですが、私の場合術後
TF3.AT2.
MI1→ HG2、術前は核グレードのみで結果は足して3のグレード1でした。
術後の病理
学的グレードが上がったのは線管形成スコア3のせいかと思いますが、①そもそも線菅形成とはどういったものでしょうか。
②グレードの種類が各機関で統一されていないのはどういった理由があるのですか
③田澤先生が核スコアの方を重要視する理由を教えて下さい。

レンズによって見え方が違うのか、双方のスコアのカウント数も異なるような文章を読みました(核スコアの方が厳しめ?)。
④病理学的の方は、核スコアを緩くカウントしているので、線管形成スコアを入れて同等にしているのでしょうか。
今でもそれぞれの担当者が目で見て数えているのであれば、kiも含めて担当者によって結果にばらつきがでる可能性もあるように思いますし、先生がグレードは参考程度にと言われているものも読みましたが、自分の現状を把握したいので是非教えてください。

もう一件、センチネルリンパ生検をする際、事前に注射をすると思いますが、注射は腫瘍の近くに打つのが標準ですか。
私は乳首の上下に2回打ちましたが腫瘍はB群の下にあり、リンパ節とも離れているのでセンチネル生検が正しくできているのが不安になっています。
断端もリンパ節、
ly,v,もマイナスでしたが放射線はこれからなので追加照射の事も考えています。

以上です。
よろしくお願い致します。

 

田澤先生から 【回答2】

こんにちは。田澤です。

最初にお断りしますが…
私は病理医ではないので、ご参考程度に…
質問者は病理(特にグレード)に強いこだわりがあるようなので、それであれば、「病理のセカンドオピニオン」と言う方法がありますよ。

「①そもそも線菅形成とはどういったものでしょうか。」
→腺管形成が75%< 1点
  〃  10~75% 2点
  〃  10%>  3点

  ★癌とは、正常な(乳腺)構造が乱れたものです。
   正常な構造(腺管構造)が殆ど残っている(75%<)=大人しい=スコア1 
と正常な構造を殆ど失ってしまっている(10%>)=異常構造=スコア3 となることは(感覚的に)ご理解できますね?

「②グレードの種類が各機関で統一されていないのはどういった理由があるのですか」
→統一されていますよ?
 組織学的異型度と核異型度の2つがあります。(共通です)

「③田澤先生が核スコアの方を重要視する理由を教えて下さい。」
→乳癌取り扱い規約という本があります。
 そこの記載を引用します。 
「判定方法としては核グレード分類(nuclear grading)と、組織学的グレード分類(histological grading)とが良く用いられる。本規約ではわが国で広く用いられている核グレード分類を例示するが、他方法を否定するものではない」乳癌取り扱い規約2012年6月17版 p65
「わが国で推奨されてきた核グレード分類と共に組織学的グレード分類を例示する」
乳癌取り扱い規約2018年5月18版 p73

このように、最新規約(2018年版)では「組織学的グレード分類も」例示するようになりましたが、まだまだ「核グレード分類」が主体なのです。
 ★個人的には「腺管形成」には「病理医の主観が入りすぎる」と思っています。

「注射は腫瘍の近くに打つのが標準ですか。」
→乳頭近くです。

 
 

 

質問者様から 【質問3 】

顔つきについて
性別:女性
年齢:54歳
病名:浸潤性乳管癌 硬癌
症状:

田澤先生、前日はお忙しい中回答を頂きましてありがとうございました。

病理結果

浸潤性乳管癌(硬癌)

PT1cN0M0(17㎜)
断端、脈管、静脈それぞれ
(-)
HER2:0
ER:8
PR:7
ki:9.8
組織学的グレード:HG2
(TF:3.AT:2.MI:2)

生検では核グレードを提示されグレード1でしたので、違いを調べていく過程で、上記の全ての項目を判断し低、
中、高と総合的に3段階に分けて表示しているサイトを見つけました。

その表では、私の場合術後も核グレードを使った結果でしたら低リスク群に入っていたところ、術後は組織学的グレードを使っていた為に中リスク群となり、その部分が関係しているか分かりませんが主治医から聞いた10年生存率もステージ1より低く聞かされました。
同じ細胞なのに総合判定で中リスクになったり低リスクになったりと何だか狐につままれた感じでいたので、前回の質問はこの一項目が再発に関係する何か重要性あるのであればそれを知りたくてご質問させて頂きました。

前回はまわりくどい質問内容ですみませんでした。

腺管形成が低いけれども核グレードが1と言うのは、顔つきが悪いけれども実は性格はやさしいと言う事で合ってますか。

もし合っているならば、私の病理結果は、身体つきも性質も大人しいけれど顔つきが最高に悪いので、この顔つきが将来どう影響してくるのか教えてください。

(グレードは参考程度にと言う先生のお考えも十分わかっているのですが、顔つきをどう参考にしていいのかわかりません)
よろしくお願いします。

 

田澤先生から 【回答3】

こんにちは。田澤です。

「この顔つきが将来どう影響してくるのか教えてください。」
→細部を気にしすぎています。

 質問者はKi67=9.8である1期(リンパ節転移なし)の乳がんです。
 ルミナールAの乳がんの予後が驚異的にいいことは『今週のコラム 188回目 このデータを見ても、まだ「リンパ節転移があると(ルミナールAでも)化学療法が必要だと思いますか??」』でご確認ください。

 そのうえでも心配ならば、OncotypeDXしてください。(ご自分の再発率が驚異的に良いことが一目瞭然となります)





「 乳がん Q and A 」直近の更新









サイト内検索

記事や皆様の質問の検索には、「サイト内検索」を使用してください。

例)乳がん しこり
例)脇の下 しこり
例)しこり 痛み
例)線維腺腫 (←誤字に注意)
例)乳腺症

*検索したい文字を正確に入力してください。
「石灰化」で検索したい場合…
(○)石灰化
(×)石灰か *「か」だけ「ひらがな」になっている。
(×)せっかいか *「ひらがな」になっている。



乳がんや乳腺の疾患に関する質問を受け付けています。

乳がんや乳腺の疾患に関する質問はこちらかどうぞ。