Site Overlay

乳癌

[管理番号:7662]
性別:女性
年齢:56歳
病名:
症状:

田澤先生初めましていつも拝見させて頂いております。
宜しくお願いします。
6月に左胸温存手術済みです。
潤澗癌11mmリンパ節転移無し異型型2.ki67-15?%
ER3b.TS7=PS5+IS2.PgR 3b. TS6=PS5+IS1.HER-2.3+
割面肉眼型浸、肉眼的波及度GF.組織学的波及度GF、リンパ節転移n0
脂肪浸潤+.乳管内癌の程度+.他は0でした。
浸潤部の亜鉛nest.scinの両方にマル、中心壊死+.中心繊維化0.核異型
度++.核分裂像++.腺管形成性+
近々温存で追加手術をします。
温存で不安もあります。
局所手術なので今後術後補助療法は変更になるかもしれませんと言われましたが、言われてるのはTC4サイクル、ハーセプチン18回、内分泌療法アナストロゾール5年、放射線療法25回となっています。

田澤先生でしたら術後補助療法はどうなりますか?
抗がん剤治療が不安です。
宜しくお願いします。

 

田澤先生からの回答

こんにちは。田澤です。

「局所手術なので今後術後補助療法は変更になるかもしれません」
⇒??
 局所療法と全身療法は全く別個に考えましょう。(変わる筈がありません)

「TC4サイクル、ハーセプチン18回、内分泌療法アナストロゾール5年、放射線療法25回」
「田澤先生でしたら術後補助療法はどうなりますか?」

⇒当院では…

 放射線は15回(2018年4月~)で、TCはハーセプチンと併用(最初の4回)しますが、それ以外は同じです。(因みに順番はtrastuzumab+TCx4⇒放射線⇒trasutuzumabx14)



質問者を『応援しています!』 / 田澤先生の回答が『参考になりました!』
という方はクリックしてください。
1+
Scroll Up