乳がんの手術は江戸川病院|乳がんプラザ

[管理番号:187]
性別:女性
年齢:47歳
定期健診でマンモ、触診、エコーしました。
触診までは異常なくエコー後「組織診しましょう」と言われました。
私としては細胞診を希望しましたが「二度手間です」と。
いきなり組織診ということは悪いのでしょうか?一年前は嚢胞との診断でした。
エコー画像は境界線ははっきりしているように見えました。中が石灰化?白いまだらでした。
不安です。可能性を教えて下さい。
妹は乳がんで全摘しています。
 

田澤先生からの回答

 こんにちは。田澤です。
 「嚢胞内腫瘍」が疑われていると思います。
 それでは、まず「嚢胞内腫瘍の基本的事項」を解説した上で回答します。

嚢胞内腫瘍とは

⇒「乳管内に発生した腫瘍(良性も悪性もあります)からの分泌液(血性の事もあります)で満たされた腫瘍」です。
 つまり、これは「嚢胞=(ただの液体が貯まった)袋」では無いのです。
 あくまでも腫瘍です。
 ●診断には組織診が必要です。(細胞診では情報量が圧倒的に少なく、過小診断されるケースが多いのです)
 ただし、嚢胞内腫瘍は(針を刺して調べる)針生検よりは(腫瘍をそっくり摘出する)「摘出生検=外科的生検}が望ましいと思います。
※針を刺す事で、(万が一癌であった場合に、液体に浮遊していた癌細胞が)外へ広がる事を危惧してです。
 ⇒実際には、そのような癌細胞があっても生着せず、(その後きちんとした)手術をすれば問題ないのですが、理想を言えば(もし癌だった場合を考えて)摘出の方がいい。となるのです。
 

回答

「いきなり組織診ということは悪いのでしょうか?」
⇒理由は上記で記したとおりです。(細胞診では診断が殆ど意味が無いからです)
 「癌を強く疑うから」という訳ではないと思います。
 
「一年前は嚢胞との診断でした。」
⇒「嚢胞壁にある腫瘍」が1年前には「はっきりしなかった=小さかった」ということだと思います。
 1年かけて、ゆっくり「もともと壁に存在していた」腫瘍が大きくなって「超音波で認識できるようになった」という事が推測されます。
 

私であれば(参考にしてください)

 針生検ではなく、摘出生検の方を勧めます。
 ※理由は上記「嚢胞内腫瘍とは」の中で記載した通りです。
★「嚢胞内腫瘍」の場合には「もし、癌であったとしても」非浸潤癌であることが多く、間違い無く早期だと思います。
 きちんとした診断を行うことが最も大切です。
 「早期発見に勝る治療はない」のです。
 
 

 

質問者様から 【質問2】

先日の質問で敏速かつ丁寧な答えに感動しました。申し訳ありませんが、今一度のお答えをお願いします。
昨日針生検5本をし、先生に少し聞いてみたのですが「前回の嚢胞ではなく新たにできたもの、癌の疑いで」と。エコー画像が先日のと違うもの?で、エコーの流れのなかに境界のはっきりしない、もやっとした画像でした。
大きさは?。
自分自身しこりの感触は無。
張っている感触は有。
情報が少ないですが、一年での発見は早期ですか?
やはり良性の可能性は低いでしょうか?
妹の癌はハーセプチンをしました。
 

田澤先生から 【回答2】

 こんにちは。田澤です。
 今回の腫瘍は「もともとあった嚢胞とは異なる」との事。
 「新たにできたもの」との担当医の見解ですね。
 それでは回答します。

回答

「一年での発見は早期ですか?」
⇒十分早期だと思います。
 
「やはり良性の可能性は低いでしょうか?」
⇒「新たにできたもの、癌の疑い」という担当医のコメントからすると、(残念ながら)悪性の疑いが高そうです。
 
 

 

質問者様から 
【質問3 全摘しか方法がないのか?】

前回質問させて頂きましたが、結局乳頭腺管癌でした。
1.8㎝ ER.PR90% HER2 1~2 ki-67 20~30% 当初温存でしたが、MRIで何個か非浸潤癌の疑いがでました。
CT,PETでは分からず。
MRIの診断が正しいだろうということで、全摘を促されました。
手術では直径7cmとるそうなので、温存は難しいと。
手術はもうじきなのですが、本当に全摘が妥当なのでしょうか?
非浸潤癌の疑いの箇所は生検などしないものですか?
1.8㎝だけ手術をして、非浸潤癌部分は放射線などの方法はないのでしょうか?
少ない情報ですが、よろしくお願いします。
 

田澤先生から 【回答3】

 こんにちは。田澤です。
 前回「嚢胞が一年後癌化しますか?」でご質問いただいた方ですね。
 針生検の結果 乳頭腺管癌 cT1c=18mm, luminal typeということですね。
 それでは回答します。

回答

「当初温存でしたが、MRIで何個か非浸潤癌の疑いがでました」「MRIの診断が正しいだろうということで、全摘を促されました」「本当に全摘が妥当なのでしょうか?」
⇒私は妥当だとは思いません。
 「MRIでの所見」は「超音波では捉えられているのでしょうか?」
 超音波で捉えられれば、『その部位を針生検すべき』です。
 
「MRIで何個か非浸潤癌の疑い」
⇒それだけで「全摘」とするのは誤りです。
 特にご本人が「温存の可能性を考えている場合」には「MRIの所見を超音波で見つける努力」が必要であり、「超音波で見つけて、そこを針生検して証明する」事が必要です。
★MRIは『拡がり診断目的で行うべきもの』であり、「他の部位に所見があったとしても、それは癌の存在診断ではなく、(癌の疑いとして)組織診断が必要」なのです。
 
「非浸潤癌の疑いの箇所は生検などしないものですか?」
⇒当然、超音波で確認し、「針生検すべき」です。
 
「1.8㎝だけ手術をして、非浸潤癌部分は放射線などの方法はないのでしょうか?」
⇒(MRIで「非浸潤癌の疑い」とされた部位が本当に非浸潤癌(と生検で証明された)ならば)「(放射線ではなく)その部位もきちんと切除するべき」です。
●局所療法の中心は「あくまでも手術」なのです。
 (術後の)放射線照射は「あくまでも予防照射」なのです。
 
◎とにかく、『MRIで非浸潤癌が疑われる部位を超音波で確認』してもらってください。
 もしも「超音波で全く所見が無い」のならば「MRIの方が誤り」と言う事も十分考えなくてはなりません。





「 乳がん Q and A 」直近の更新









サイト内検索

記事や皆様の質問の検索には、「サイト内検索」を使用してください。

例)乳がん しこり
例)脇の下 しこり
例)しこり 痛み
例)線維腺腫 (←誤字に注意)
例)乳腺症

*検索したい文字を正確に入力してください。
「石灰化」で検索したい場合…
(○)石灰化
(×)石灰か *「か」だけ「ひらがな」になっている。
(×)せっかいか *「ひらがな」になっている。



乳がんや乳腺の疾患に関する質問を受け付けています。

乳がんや乳腺の疾患に関する質問はこちらかどうぞ。