Site Overlay

ルミナールA、リンパ節転移多数

[管理番号:7260]
性別:女性
年齢:44歳
病名:左浸潤性乳管癌
症状:

田澤先生、はじめましてよろしくお願いします。

2018/5
左乳房上外側の腫瘤に気が付き病院を受診。

精査の結果、左浸潤性乳管癌と診断。

ER (+)J-score 3b
PgR(+)J-score 3b
ki-67 5~10%
ルミナールAタイプと診断。

2018/6.(下旬)~2019/1.(中旬)
部分切除を希望したため、術前ホルモン療法施行
MRIで術前に確認した所
縮小率40%,腫瘍22mm→12mm,リンパ節8mm→5.9mm

2019/1.(中旬) 左乳房部分切除+左腋窩リンパ節郭清

手術後の組織診報告書は以下の通りです

●部位 左乳房C領域 浸潤部    12×8×10mm ypT1c
    乳管内伸展巣を含むサイズ 12×8×20mm
●組織型 Inbasive ductal carcinoma,tubule-forming tupe
●Grade1(核異型score 2,核分裂score 1)
●術前治療効果判定 Grade 1b
●ypN2a Tota 9/16

化学療法は「ルミナールAでは不要」だと考えていたので確認の為オンコタイプも受けました。

オンコタイプDXの結果

●再発スコア結果 16
●9年遠隔再発率 48%
●定量的単一遺伝子スコア
 ER9.6で陽性 PR5.4で陰性 HER2 10.4で陰性
 
 ※化学療法の上乗せ効果についてSWOG8814試験においてリンパ節転
  移を4個以上認めたのは140人のみであり、再発スコア結果群ごとの
  化学療法の上乗せ効果を算出するには十分な数ではありませんでし
  た。
(と記載されており、化学療法効果予測は無し)

**********************************************************

主治医から提案された治療

再発スコアが16でもリンパ節転移が多かったのできちんと抗がん剤で治療した方が予後が安心できる。
化学療法を行うのなら 

dose-dense EC療法 2週間に1回の点滴×4回
weekiy Paclitaxel 毎週1回の点滴×12回
その後 ホルモン療法を5~10年

**********************************************************

以下の点を先生にお尋ねします。

◇抗がん剤の治療を考える材料としてオンコタイプを受けたのですが化
 学療法の効果補足は出来ないと出てしまい悩んでおります。

 先生でしたらどのように考えますか?

◇この場合抗がん剤をしようすれば、もしかして起こっている血行性転
 移を叩くことは可能でしょうか?

◇オンコタイプの検査結果の捉え方が分からず、検査結果を踏まえて先
 生でしたらどのような治療を提案されますか?

 以上です。

 お忙しいところ恐縮ですがよろしくお願いいたします。

 

田澤先生からの回答

こんにちは。田澤です。

「◇抗がん剤の治療を考える材料としてオンコタイプを受けた」
「先生でしたらどのように考えますか?」

→RS=16であれば、化学療法は勧めません(それで勧めたら「何のためのOncotypeDX?」となりますね)

「◇この場合抗がん剤をしようすれば、もしかして起こっている血行性転移を叩くことは可能でしょうか?」
→「上乗せが無ければ」ホルモン療法以上の効果がないということになります。

「◇オンコタイプの検査結果の捉え方が分からず、検査結果を踏まえて先生でしたらどのような治療を提案されますか?」
→せっかくOncotypeDXしたのだから…

 その結果(RS=16)に従います。

Scroll Up