乳がんの手術は江戸川病院|乳がんプラザ

[管理番号:3748]
性別:女性
年齢:51歳
 
田澤先生こんにちは。
よろしくお願いします。
 
マンモグラフィフィー(縦、横、部分)、超音波(エコー)、針生検
(組織診)、MRIを受け、乳がんと診断されました。
 
今のところ以下の通りです。
○癌の種類は、浸潤癌
○大きさは、超音波では2.8cm、MRIでは3cm
○しこりの数は、1個(エコー、MRI)
○異型度(グレード)は、2(腺管2核異型2細胞分裂2)
○ERは陽性99%
○PgRは陽性70%
○HER2は 1+(陰性)
○ki67は 20%(80/440)
以上です。
 
ステージⅡA、ルミナルBのようです。
画像が割と境界がはっきりしているせいか、
手術(温存)を勧められ、その際、リンパ節に転移が3個以上あればリンパ節郭清、2個以下なら放射線照射を提案されました。
手術後3週間で癌の詳細がわかり、その後さらに2週間でその後の治療方針がわかり、患者が選ぶことになるそうです。
 
温存で取り切れれば、その後は
○温存+放射線+ホルモン療法
取り切れなければ、
○さらに手術(全摘)
あるいは、
○手術はもうしないで放射線治療
ということになる可能性がある、という説明を受けました。
 
画像ではしこりは私が見ても境界線のはっきりした丸でした。
主治医の先生は、「ルミナルBにはなりますが、ルミナルAの治療をします」とおっしゃいました。
 
田澤先生も温存になさいますか、それとも全摘になさいますか。
 

田澤先生からの回答

こんにちは。田澤です。
 
「田澤先生も温存になさいますか、それとも全摘になさいますか」
⇒物事はシンプルに考えましょう。
 「温存か全摘か?」というのは
 ①MRIを含めた拡がり診断から、(温存した場合の)整容性が保たれるか?
 ②患者さん自身が「温存を希望するのか?」
 この2点できまります。その他の条件(サブタイプもステージも何ら関係ありません)
 と、いうことで…
 
 (画像診断上で温存が可能との判断があるようなので)「温存もできますよ」と提案はします。
 ♯最終的に、(術後の放射線照射が必要である事などを含め)ご本人が決めることなのです。
 
○ちなみにKi67=20%は「そもそもルミナールA」だと思います。

 
 


 

質問者様から 【結果2 温存・抗癌剤・放射線・ホルモン治療をしています】

性別:女性
年齢:52歳
病名:乳癌
田澤先生の診察:[診察なし]
田澤先生の手術:[手術なし]

田澤先生、その節はありがとうございました。
その後、温存手術を行い、抗癌剤(ddEC)、放射線26回を行い、今はホルモン治療(フェマーラ)継続中です。
もうすぐ術後2年目を迎えます。
田澤先生のコラムやQ&Aを楽しみに拝見させていただいています。
今後ともよろしくお願いします。

<Q&A結果>





「 乳がん Q and A 」直近の更新









サイト内検索

記事や皆様の質問の検索には、「サイト内検索」を使用してください。

例)乳がん しこり
例)脇の下 しこり
例)しこり 痛み
例)線維腺腫 (←誤字に注意)
例)乳腺症

*検索したい文字を正確に入力してください。
「石灰化」で検索したい場合…
(○)石灰化
(×)石灰か *「か」だけ「ひらがな」になっている。
(×)せっかいか *「ひらがな」になっている。



乳がんや乳腺の疾患に関する質問を受け付けています。

乳がんや乳腺の疾患に関する質問はこちらかどうぞ。