Site Overlay

リュープリン治療中の不正出血

[管理番号:8016]
性別:女性
年齢:48歳
病名:乳がん
症状:

 
 

質問者様の別の質問

新たな管理番号としました。

質問者様の別の質問は下記をクリックしてください。

管理番号:6234「先日、乳がん告知をうけました。

 
 

田澤先生こんにちは。
いつも、乳がんプラザで勉強させていただいています。

タモキシフェンで、出血の副作用がでて休薬。

その後すぐに、リュープリン注射単独になりました。

せんじつ、毎月接種の5回めを受けました。

また、不正出血しています。

量は、多くないのですが様子見で大丈夫でしょうか?
接種して初期は、あることなのでしょうか?

リュープリンもだめだと、ホルモン治療はもう難しいのでしょうか?
無治療では、再発リスクが心配です。

乳がんの初期治療を、ひとつずつやれることをやり、根治に向け、
不正出血以外の副作用は気力で乗り切っているところでしたのでショックです。

 

田澤先生からの回答

こんにちは。田澤です。

「タモキシフェンで、出血の副作用がでて休薬。
その後すぐに、リュープリン注射単独になりました。」

→いったんはタモキシフェン休薬でいいとして…

 リュープリンでコントロールしたらタモキシフェン再開でもいいのでは??

「また、不正出血しています。量は、多くないのですが様子見で大丈夫でしょうか?接種して初期は、あることなのでしょうか?」
→通常は2回目の注射後には生理は止まりますが…

子宮内膜症はないのですか?
婦人科を受診しましょう。(婦人科でOKなら、無論継続OKです)

 
 

 

質問者様から 【質問2 】

ホルモン療法
性別:女性
年齢:48歳
病名:
症状:

田澤先生、お忙しいところ質問をさせていただけて大変心強いです。

先生でしたら、どのような診療をされるのかお聞かせください。

腫瘍径1.2cm
リンパ節転移なし
ホルモン受容体 ER+、PgR+
浸潤性乳がん
グレード2
リンパ管侵襲-
静脈侵襲-
K i67〈10%
HER2陰性0

タモキシフェンの副作用で、出血や子宮内膜ポリープができ8ヶ月で中止。

現在は、リュープリン注射6回目です。
不正出血がありましたが、婦人
科で癌検査をし問題ありませんでした。
新たに、卵巣に3センチほど
水が溜まっていると言われ3ヶ月後受診予定です。

そこで、血液検査をしたところエストラジオール値が79ありました。

主治医は、まだホルモン値が高いから出血するのかなとのことでした。

ホルモン値が高いということで今後どのように対応すれば良いのでしょうか?
薬は効いていないということなのでしょうか。
再発や転移の心配もあります。

 

田澤先生から 【回答2】

こんにちは。田澤です。

「ホルモン値が高いということで今後どのように対応すれば良いのでしょうか?薬は効いていないということなのでしょうか。」
→閉経していないのだから、閉経値でないのは当たり前です。
 気にしないようにしましょう。

 
 

 

質問者様から 【質問3 】

ホルモン療法副作用
性別:女性
年齢:48歳
病名:乳がん
症状:
投稿日:2020年3月2日

田澤先生こんにちは。
数あるネットの情報で不安にならない様に、こちらを拝読しています。

現在、タモキシフェンによる出血の副作用でリュープリン単独となっています。

婦人科の定期検診時に、血液検査でビタミンDが欠乏しているとの結果で、ビタミンDのサプリメントをのみはじめました。

同時に、関節痛などもあることからエクエルをすすめてもらいました。

副作用により、標準治療ができていない状況でエクエルをのむことは、問題ないですか?

以前、現在のリュープリン単独治療でも、タモキシフェンでも、
再発率は一桁と先生にお返事頂戴し励みにしています。

しかし、先日のQ&Aでリュープリン単独は再発を予防しないとか
かれているのを拝見しショックを受けてしまいました。

どのように、解釈したら良いですか?
先生の患者さんで、薬疹によりリュープリン単独の方がいますよとお返事いただきましたが、経過はどうですか?

このまま、出血が落ち着いたら、タモキシフェンを再開したほうが良いですか?
先生でしたら、どのように投薬されますか?少量からですか…
お忙しいところ、申し訳ありませんがよろしくお願いします。

 

田澤先生から 【回答3】

こんにちは。田澤です。

「副作用により、標準治療ができていない状況でエクエルをのむことは、問題ないですか?」
⇒問題ありません。

 そもそもエクオールは(ホルモン療法の有無にかかわらず)問題ないのです。

「どのように、解釈したら良いですか?」
⇒副作用があり(標準)治療が出来なくなるケース(この場合はtamoxifenを中止し
LH-RHagonist単独投与)は決して珍しくなく、それは仕方がないことです。
 術後の補助療法は(再発治療とは異なり)有害事象で我慢を強いらていては「本末転倒」となるからです。

「先生の患者さんで、薬疹によりリュープリン単独の方がいますよとお返事いただきましたが、経過はどうですか?」
⇒特に問題ありません。(質問者の想像よりは大勢いらっしゃいますが)特に再発したりはありません。

「このまま、出血が落ち着いたら、タモキシフェンを再開したほうが良いですか?」「先生でしたら、どのように投薬されますか?少量からですか…」
⇒20mgで(一度)再開して出血したのであれば、10mgで再開でもいいでしょう。

 
 

 

質問者様から 【質問4 】

ホルモン療法
性別:女性
年齢:48歳
病名:
症状:
投稿日:2020年4月9日

田澤先生、お忙しいところいつもありがとうございます。

ブログを拝読しては、先生の手術を選択できなかった自分に後悔する気持ちになることがありますが、現在市川での半年ごとの受診やこちらでのやりとりで前をむいています!本当にありがとうございます。

皆さまと先生とのやりとり、正しい知識を持ち、前向きに頑張っていこうと思えています。

今回も、よろしくお願いします。
1.2cmの浸潤がん、リンパ節転移なしルミナールA 2年前に温存術30回の放射線を済ませてホルモン療法中です。

前回、リュープリン単独治療中にエクエルは問題ないとご回答いただきはじめたところおかげさまで少しずつですが関節痛が和らいでおります。

もう一点、服用中のホルモン値は高くても気にしないようにとのご回答ですごしておりましたが…

現在の主治医より、もう一種類あるカプセルの注射で今より身体に負担のあるものに変更し、ホルモン値がこちらの薬で下がるか
次回からはじめましょうかと言われました。

田澤先生より、完全な閉経ではないのだから気にしない… !
でしたから検討しますと返事をしました。

更に、出血も落ち着いているのでタモキシフェンを再開した方がよいか尋ねたところしませんとのことでした。

リュープリン治療中のホルモン値が高いから心配だという現在の主治医。

標準治療のタモキシフェンは大丈夫とのこと。

ご質問は、主治医のいうホルモン値が高いことは、生理は止まっているが再発リスクは高いのか。

身体に負担をかけ他の治療薬をはじめる利点はあるのか。

タモキシフェンを再開しないことは、今後の再発リスクに影響し後悔することになるのか。

長くなり、申し訳ございません。
田澤先生よろしくお願いします。

 

田澤先生から 【回答4】

こんにちは。田澤です。

「ご質問は、主治医のいうホルモン値が高いことは、生理は止まっているが再発リスクは高いのか。」
⇒無関係。
 根拠がありません。気にしないように。

「身体に負担をかけ他の治療薬をはじめる利点はあるのか。」
⇒変更する理由が不十分

「タモキシフェンを再開しないことは、今後の再発リスクに影響し後悔することになるのか。」
⇒「後悔するかどうか?」は別として、(婦人科に子宮内膜を見てもらい)問題なければタモキシフェン再開に問題はないでしょう

 
 

 

質問者様から 【質問5 】

ホルモン療法副作用か
性別:女性
年齢:48
病名:乳癌
症状:
投稿日:2020年9月24日

田澤先生、お忙しい中、いつもありがとうございます。

また、ご質問をさせてください。

リュープリン注射に切り替えた頃より、舌がヒリヒリしたり、痛みを感じたりする様になりました。

寝ている間には、症状はありません。

薬の副作用なのか…それとも病気の可能性があるのでしょうか?

 

田澤先生から 【回答5】

こんにちは田澤です。

「リュープリン注射に切り替えた頃より、舌がヒリヒリしたり、痛みを感じたりする様になりました。
寝ている間には、症状はありません。
薬の副作用なのか」

⇒典型的な副作用ではありませんが、可能性はあります。

「…それとも病気の可能性があるのでしょうか?」
⇒病気とは無関係

 
 

 

質問者様から 【質問7 】

ホルモン療法
性別:女性
年齢:49
病名:
症状:
投稿日:2021年2月3日

田澤先生お世話様でございます。
先日は、市川で診察していただ
きありがとうございました。

今回は、現在治療している大学病院の診察での不安を質問させて下さい。
チーム医療とのことで、主治医ではなく初対面の先生から言われたことで質問をさせていただきます。

私は、タモキシフェンを飲みはじめて半年後あたりから出血を繰り返し、子宮内膜ポリープができたりと副作用で休薬し、リュープリンをしながら、内服も10ミリからはじめて様子を見ているところです。

今日の先生は、出血はタモキシフェンの副作用ではなく生理だと思う。

リュープリンは、子宮体がんのリスクもあるしやめたほうが良い。

また、出血しても生理だろうからその方がからだにも良い。

そこで、先生にお尋ねしたいのですが…
今行っている、出血をリュープリンでコントロールしながら内服も半量でしていることはこのまま閉経までは続けて問題ないのでしょうか。

出血を気にせず、リュープリをやめ、服薬だけにすることのほうか予後が良いのでしょうか。

現在の治療は、私にとって最善で再発を防いでいますか。

病気がわかったころ、不必要や検査などで時間がかかり、精神的にも追い詰められたこともありまして、田澤先生にご相談し助けていただきました。
今回も、あのときのように不安です。

どうぞ、よろしくお願い致します。

 

田澤先生から 【回答7】

こんにちは田澤です。

どうも、その医師は「頓珍漢」なことを言っているようです。
「出血はタモキシフェンの副作用ではなく生理だと思う。」
⇒タモキシフェンによる(直接の)子宮内膜刺激症状です。

「リュープリンは、子宮体がんのリスクもあるしやめたほうが良い。」
⇒誤り。
 子宮体癌のリスクがあるのはタモキシフェンであり、リュープリンにはそのリスクはない。

「また、出血しても生理だろうからその方がからだにも良い。」
⇒意味不明



質問者を『応援しています!』 / 田澤先生の回答が『参考になりました!』
という方はクリックしてください。
22+
Scroll Up