乳がんは早期発見、早期治療を目指しましょう。乳がん手術は江戸川病院|乳がんプラザ



[管理番号:7456]
性別:女性
年齢:30歳
病名:乳がん
症状:

田澤先生、こんにちは。

今とても悩んでいることがあるので相談させてください。

2018年2月に乳がんステージ1の診断を受けました。

細胞診ではホルモン陽性。
HER2-fish陽性。
ki67-40%。

姉妹結節?で広がりがあったため術前化学療法をして温存手術をしました。

その結果、摘出部位からがん細胞は検出されず完全奏功だったそうです。

その後タモキシフェンを現在も服用しているのですが、5月末に生理が再開してしまいました。

この為にリュープリン注射を追加で行うか悩んでいます。

元々再発リスクが低いことと治療費が結構かかるとのことでやらなくても大丈夫かな、という気持ちとやはり少しでもリスクは減らすべきなのか、という気持ちで揺れて答えが出ません。

タモキシフェンの副作用はホットフラッシュと性欲減退くらいでこれといってすごく辛いということはありません。

また子供も1人いるのでとりあえずは治療優先でと考えています。

主治医は再発リスクは低いのでどちらでもいいよ、という感じでした。

田澤先生でしたらどのような提案をなさいますか?
ご助言いただけると嬉しいです。

 

田澤先生からの回答

こんにちは。田澤です。

「その後タモキシフェンを現在も服用しているのですが、5月末に生理が再開」
→化学療法閉経からの回復ですね。(30歳であれば、当然予想された事態です)

「この為にリュープリン注射を追加で行うか悩んでいます」
→当然行うべきです。
 「あるあるQ」の『ホルモン療法の基本  薬剤には厳格な「適応」があることを、まずはご理解ください。』をご参照ください。

 そもそもLH-RHagonistの併用は『「35歳未満」/「化学療法閉経から回復した場合」だけとなったのです。』です。
 ★質問者は上記条件を「2つとも満たしている」わけですから…





「 乳がん Q and A 」直近の更新









サイト内検索

記事や皆様の質問の検索には、「サイト内検索」を使用してください。

例)乳がん しこり
例)脇の下 しこり
例)しこり 痛み
例)線維腺腫 (←誤字に注意)
例)乳腺症

*検索したい文字を正確に入力してください。
「石灰化」で検索したい場合…
(○)石灰化
(×)石灰か *「か」だけ「ひらがな」になっている。
(×)せっかいか *「ひらがな」になっている。



乳がんや乳腺の疾患に関する質問を受け付けています。

乳がんや乳腺の疾患に関する質問はこちらかどうぞ。