乳がんは早期発見、早期治療を目指しましょう。乳がん手術は江戸川病院|乳がんプラザ



[管理番号:7902]
性別:女性
年齢:50歳
病名:
症状:

局所再発乳ガンに関して、ご教示願います。

?治療経緯

2014年12月 45歳 硬がん トリプルポジティブ、核グレード3
腫瘍径1.7センチ
部分切除を行った。

断端陽性も主治医の判断で再切除せず。

術後、FEC×4 ハーセプチン×17 放射線ブースト合わせて30回照射。

化学閉経し、アリミデックス服用が現在まで続く。

主治医は、あまり検査に積極的ではなく、3ケ月に1度
ホルモン剤処方時ごとに血液検査だけ行っており(腫瘍マーカーを見ているのでしょうか?)
マンモや超音波検査は、患者側から言わないと実施してくれない状況でした。
CTなども今回までとっていません。

昨年初め頃、術後3年のマンモ結果にてmmtを行い
検体のうち、一本細胞診したほうが確実との検査結果の記載あるも

またしても主治医の判断で経過観察となる。

今年5月に超音波検査した結果は、班痕のみと言われていた。

(超音波検査は、技師が行います。)

しかし、この度乳ガン術後丸5年を前に、会社の健康診断で膵臓疾患の疑疑いがあり
精密検査を促され、胸部腹部のCTを取った結果

膵臓他遠隔転移はなかったが、乳ガン局所再発3センチ程度疑いありと診断された。

今月末に細胞診を行う予定で、既に再発の可能性が高いことから、来月末に手術の予約を取っています。

質問です。

1 局所再発3センチの所見は、急いで全摘すべきではないですか。

2 局所再発の場合、全身治療不要かと思いますが、浸潤がんでも抗がん剤は不要なのですか。
(主治医からは、初発でFECをしているので今度はは全摘後TCを行うと言われています)

3 全摘後は、ホルモンの感度が高い場合は 初発から5年経過となりますが、引き続きアリミデックスを服用すべきですか。

都度、主治医の言いなりではなく、いろいろこちらのサイトで勉強しておけばと後悔しています。

既出の内容と同様、何があっても局所再発は全身治療不要でよいでしょうか。

腫瘍径が大きいので気になっております。

どうぞ宜しくお願いいたします。

 

田澤先生からの回答

こんにちは。田澤です。

「1 局所再発3センチの所見は、急いで全摘すべきではないですか。」
⇒「来月末」であれば、十分許容範囲だと思います。(そこまでの緊急性はないようです)

「2 局所再発の場合、全身治療不要かと思いますが、浸潤がんでも抗がん剤は不要なのですか。」
⇒不要と思います。(初回で抗がん剤しているのだから)

 本来温存乳房内再発した場合は、「その時に全摘すれば」最初から全摘と予後は一
緒なのです。(ただ、「取り残しを取り直す」だけでいいのです)
 『今週のコラム 84回目 「初回手術の取り残しを摘出するだけでよい」と言う事なのです。』をご参照に。

「3 全摘後は、ホルモンの感度が高い場合は 初発から5年経過となりますが、引き続きアリミデックスを服用すべきですか。」
⇒そもそもホルモン療法は5年~10年となるので、これは「アリ」でしょう。





「 乳がん Q and A 」直近の更新









サイト内検索

記事や皆様の質問の検索には、「サイト内検索」を使用してください。

例)乳がん しこり
例)脇の下 しこり
例)しこり 痛み
例)線維腺腫 (←誤字に注意)
例)乳腺症

*検索したい文字を正確に入力してください。
「石灰化」で検索したい場合…
(○)石灰化
(×)石灰か *「か」だけ「ひらがな」になっている。
(×)せっかいか *「ひらがな」になっている。



乳がんや乳腺の疾患に関する質問を受け付けています。

乳がんや乳腺の疾患に関する質問はこちらかどうぞ。