Site Overlay

骨転移後の治療

[管理番号:7587]
性別:女性
年齢:42歳
病名:乳がん 骨転移
症状:

よろしくお願いいたします。

2017年6月 右乳房全摘出手術

ホルモン陽性
Her2陽性
リンパ転移 20/30

術後抗がん剤
*AC
*ドセタキセル
*ハーセプチン

以降、ホルモン剤のみ

2019年7月

骨転移(肋骨)

これからの抗がん剤治療は、何を選択するのが一番いいですか?

 

田澤先生からの回答

こんにちは。田澤です。

「これからの抗がん剤治療は、何を選択するのが一番いいですか?」
⇒選択肢としては(軽めのものから)

①ホルモン療法単独(ただし、薬剤を変更)
②ホルモン療法+分子標的薬(palbociclib or abemaciclib) ③trastuzumab + pertuzumab+抗がん剤(PTX、eribulinなど)

個人的にはHER2陽性は抗HER2療法(上記③)が期待できるわけだから、安易に①や②にいかずに(それらは、抗HER2療法の後にメンテナンスとして行えばいいのです)③とします。

質問者を『応援しています!』 / 田澤先生の回答が『参考になりました!』
という方はクリックしてください。
2+
江戸川病院 乳腺外科 東京都江戸川区東小岩2-24-18 電話03-3673-1221
Copyright © 2020 乳がんプラザ. All Rights Reserved.
Scroll Up