乳がんは早期発見、早期治療を目指しましょう。乳がん手術は江戸川病院|乳がんプラザ



[管理番号:7587]
性別:女性
年齢:42歳
病名:乳がん 骨転移
症状:

よろしくお願いいたします。

2017年6月 右乳房全摘出手術

ホルモン陽性
Her2陽性
リンパ転移 20/30

術後抗がん剤
*AC
*ドセタキセル
*ハーセプチン

以降、ホルモン剤のみ

2019年7月

骨転移(肋骨)

これからの抗がん剤治療は、何を選択するのが一番いいですか?

 

田澤先生からの回答

こんにちは。田澤です。

「これからの抗がん剤治療は、何を選択するのが一番いいですか?」
⇒選択肢としては(軽めのものから)

①ホルモン療法単独(ただし、薬剤を変更)
②ホルモン療法+分子標的薬(palbociclib or abemaciclib) ③trastuzumab + pertuzumab+抗がん剤(PTX、eribulinなど)

個人的にはHER2陽性は抗HER2療法(上記③)が期待できるわけだから、安易に①や②にいかずに(それらは、抗HER2療法の後にメンテナンスとして行えばいいのです)③とします。





「 乳がん Q and A 」直近の更新









サイト内検索

記事や皆様の質問の検索には、「サイト内検索」を使用してください。

例)乳がん しこり
例)脇の下 しこり
例)しこり 痛み
例)線維腺腫 (←誤字に注意)
例)乳腺症

*検索したい文字を正確に入力してください。
「石灰化」で検索したい場合…
(○)石灰化
(×)石灰か *「か」だけ「ひらがな」になっている。
(×)せっかいか *「ひらがな」になっている。



乳がんや乳腺の疾患に関する質問を受け付けています。

乳がんや乳腺の疾患に関する質問はこちらかどうぞ。