乳がんは早期発見、早期治療を目指しましょう。乳がん手術は江戸川病院|乳がんプラザ



[管理番号:90]
性別:女性
年齢:29歳
左胸の外側下部に1cmくらいのコリコリしたしこりを発見しました。
1人目出産後、2回ほど左胸だけ乳腺炎みたいなものになり、その後何事もなく完母で育てました。
2人目は妊娠23週、緊急帝王切開にて超未熟児を出産し、NICUに入院していたため搾乳をしていましたが、出産して3ヶ月すぎたころから母乳がほぼ出なくなりました。
今は出産して1年経ちますが、夜寝る前にお口が寂しくて授乳するくらいで、手で絞ったらじわ~と少量の母乳が出てくるくらいです。
最近しこりを発見して気になったので、産婦人科に受診しましたら、ハリもなく熱もなく乳腺が詰まってるようなしこりではないから乳腺外科へ行くように言われ、受診しマンモグラフィとエコーの検査をしてもらいました。
結果、マンモグラフィでしこりみたいなものはなく、エコーでもたぶん乳腺が広がってるだけだと思うから、30歳すぎたら2年に一回くらい乳がん検診を受けてください、と言われて終わりました。
家に帰ってから、触ったらしこりのようなものがあるし気になるので、違う乳腺外科でもう一度診てもらおうと思うのですが、乳腺が広がっているしこりみたいなものはどのようなものなのでしょうか?乳瘤?みたいなしこりなのでしょうか?
 

田澤先生からの回答

 こんにちは。田澤です。
 (出産後1年、授乳は現在していない)状態での「明確な1cmのしこり」ということですね。
 せっかく「乳腺外科」を受診したのに「たぶん乳腺が広がってるだけだと思うから、30歳すぎたら2年に一回くらい乳がん検診を受けてください」のように言われたら安心はできませんよね。
 「たぶん○○だと思うから」のような表現は厳に慎むべきです。
 不安に感じて「別の乳腺外科を受診しようと思っている」のも当然だと思います。
 同じ乳腺外科医として、申し訳なく思います。

回答

「乳腺が広がってるしこりみたいなものはどのようなものなのでしょうか?乳瘤?みたいなしこりなのでしょうか?」
⇒「乳腺が広がる」という表現はありません。「乳管が広がっている=乳管拡張」の間違いだと思います。
 「腫瘍=乳癌、線維腺腫」や「のう胞=水の貯まった袋」であれば、乳腺外科医が超音波をして見逃すはずがありません。
 ゆえに、腫瘍では無いでしょう。
 
 そうすると、(授乳中ではないですが、)「乳瘤」とか、(乳管拡張の目立つ)「局所的な乳腺症」だと思います。
 
 ●乳瘤も(乳腺の外れの方の一部の乳管が詰まって、中のミルクが固まった場合)拡張した乳管のように見えることがあります。
 乳腺症は「線維化」や「乳管過形成(ただ増える)」「乳管拡張」など様々なものが混在しているのでエコー像としては矛盾しないと思います。
 
◎超音波で乳癌を見逃す事は考えられませんが、せっかくだから「別の乳腺外科」で「きちんとした診断」をしてもらいましょう。
 (マンモグラフィーは不要ですが)超音波で診断してもらいましょう。(超音波)画像で確定できない場合には、「そのしこりを針生検して組織検査する」ことも必要です。





「 乳がん Q and A 」直近の更新









サイト内検索

記事や皆様の質問の検索には、「サイト内検索」を使用してください。

例)乳がん しこり
例)脇の下 しこり
例)しこり 痛み
例)線維腺腫 (←誤字に注意)
例)乳腺症

*検索したい文字を正確に入力してください。
「石灰化」で検索したい場合…
(○)石灰化
(×)石灰か *「か」だけ「ひらがな」になっている。
(×)せっかいか *「ひらがな」になっている。



乳がんや乳腺の疾患に関する質問を受け付けています。

乳がんや乳腺の疾患に関する質問はこちらかどうぞ。