Site Overlay

海外での予後治療について

[管理番号:855]
性別:女性
年齢:53歳
はじめまして 
現在カナダ在住のものです。
ほぼ3週間前に 左胸乳房温存術を受けました。
こちらの 医療システムですので 手術までも ファミリードクターから手術スペシャリストのドクターそして予後治療はまた別のドクターに見てもらうという形で進んでいます。
術後検診も済み 次は予後治療のドクターに来週合うことになっています。
術後の病理所見は日本のように患者には 書面ではいただけなくて ドクターの方から口頭で説明されるくらいでした。
なので私自身で知りたい内容をドクターから聞いて 自分の乳がんの状態を出来るだけ集めてみました。
下記の内容が 現在の私の乳がんの内容ですが 先生でしたら 今後どのような予後治療をなさいますか?
左胸 T1b
リンパ節 転移なし
断面取り残しなし(マイナス)
ホルモン erper estrogen プラス
NA 1
MC 1
NG 1
HER2 マイナス
手術をしてくれたドクターが言われるには おとなしいタイプだし 腫瘍形も小さいので大丈夫。。。とのことですが
予後治療のドクターからどのような話が出るのか不安でたまりません
診察には主人に付き添いをしてもらってますが 言葉の問題や日本との医療システムの違いなど戸惑うことも多くて
よくこちらのサイトで勉強させていただいています。
どうぞ宜しくご回答お願いいたします。
 

田澤先生からの回答

 こんにちは。田澤です。
 pT1b, pN0, luminal, NG1
 申し分ないですね。
 これは文句なしで「ホルモン療法単剤」です。

回答

「先生でしたら 今後どのような予後治療をなさいますか?」
⇒ホルモン療法単剤です。
 閉経前~閉経期ならタモキシフェン
 閉経後ならアロマターゼインヒビター
 抗がん剤を推奨するドクターは(おそらく)世の中にはいないでしょう。
 
 

 

質問者様から 【質問2 海外での予後治療について】

早速のご回答ありがとうございました。
ホルモン治療だけで 済みそうで安心しました。
先生は、閉経前~閉経期ならタモキシフェン 閉経後ならアロマターゼインヒビターとご指示頂きましたが 私は閉経してから約2年ほどなんですが
その場合は 閉経後の薬を使うほうが良いのでしょうか? 
それと たぶん術後に放射線治療があると思うのですが それも受けたほうが良いと思われますか?
現在の私の状況での完治は 治療を頑張れば可能でしょうか?
術後に放射線治療があると思うのですが それも受けたほうが良いと思われますか?
海外での治療で何かと不安で 主治医の先生とも中々 思うようにコミュニケーションが取りづらく こうして ご親切に聞いていただけて
本当に感謝しております。
 

田澤先生から 【回答2】

 こんにちは。田澤です。
 pT1b, pN0, luminal, NG1ですね。

回答

「私は閉経してから約2年ほどなんですがその場合は 閉経後の薬を使うほうが良いのでしょうか?」
⇒その通りです。
 アロマターゼインヒビターが適応となります。
 (参考)閉経とホルモン療法
 閉経して半年間は、「タモキシフェン」が良く(ここでアロマターゼインヒビターを使うと生理が復活して予後不良因子となります)
 閉経後1年までは注意が必要(この時期にアロマターゼインヒビターを用いる場合は血中エストラジオール値を測定すべきです)
 閉経後1年以上経てば「アロマターゼインヒビター」でOKです。
 
「術後に放射線治療があると思うのですが それも受けたほうが良いと思われますか?」
⇒当然、受けるべきです。
 「乳房温存療法」は「放射線照射とセット」と考えるべきです。
 
「現在の私の状況での完治は 治療を頑張れば可能でしょうか?」
⇒根治すると思います。
 「pT1b, pN0, luminal, NG1」で再発する事は想像できません。
 私の経験でも「記憶に無い」ほどです。
○ホルモン療法を頑張ってください(温存乳房照射も)



質問者を『応援しています!』 / 田澤先生の回答が『参考になりました!』
という方はクリックしてください。
0
Scroll Up