乳がんは早期発見、早期治療で治せる癌です。乳がん手術は江戸川病院|乳がんプラザ

[管理番号:5742]
性別:女性
年齢:31歳
はじめまして。
先日より、気になる点がありネットで調べていたところこちらのQ&Aに辿り着きました。
現在3ヶ月の娘に授乳をしております。
先月くらいから左脇の下、左胸の外側に痛みを感じ、自己検診でしこりなどをチェックしていたのですが脇の下のしこりは見当たりませんでした。
ただ、その痛みは消えはせず授乳しているからかなと思っていたのですが、ふと金曜日に左胸を自分でチェックしていたところ、乳輪内の乳頭近く(ほぼ乳頭の所)に小豆くらいの大きさのコリコリしているしこりを発見し、その隣(こちらも乳輪内)にも大豆位の(こちらは弾力のあるような)しこりがありました。
その後娘への授乳もしていますが、授乳後もしこりは無くなりません。
これは乳がんなのでしょうか?それとも乳瘤など、授乳中の影響なのでしょうか?
脇の下の痛みとは関係あるのでしょうか?
それとも脇の下は、こちらで拝見した女性ホルモンの影響による痛みなのでしょうか??
しこりに気付いてから、不安で不安で、子ども達を見ては心が痛み涙が出てきます。
授乳をしては、しこりを触ってチェックしてしまいます。
 

田澤先生からの回答

こんにちは。田澤です。
授乳中に脇が痛かったり、腫れたりするのは「寧ろ当然」です。
何故なら、そこに「副乳」があり、副乳は「胸の乳腺と同様に、妊娠授乳期に発達する」からです。
①『「脇のしこり」が気になる方は、管理番号「4917」「5449」をまずはご一読ください。
② 『授乳中の「乳輪下の米粒大のシコリ」や「痒み」については『乳房の痒み』の回答を、まずはご一読ください。
「これは乳がんなのでしょうか?それとも乳瘤など、授乳中の影響なのでしょうか?」
⇒上記②の通りです。
 
「脇の下の痛みとは関係あるのでしょうか?それとも脇の下は、こちらで拝見した女性ホルモンの影響による痛みなのでしょうか??」
⇒上記①の通りです。
★まずは冷静になりましょう。
 「脇の痛み」を気にする事自体全くナンセンスです。
 授乳中の乳輪下のコリコリは乳管の拡張が大部分です。
  ♯乳輪下のコリコリは(特に授乳中は)小さなものは気にしない事です。(自己検診を継続し「万が一大きくなったら乳腺外科を受診する」それでいいのです)
 少なくとも、それらを関連付けて無駄な心配をしないようにしましょう。





「 乳がん Q and A 」直近の更新









サイト内検索

記事や皆様の質問の検索には、「サイト内検索」を使用してください。

例)乳がん しこり
例)脇の下 しこり
例)しこり 痛み
例)線維腺腫 (←誤字に注意)
例)乳腺症

*検索したい文字を正確に入力してください。
「石灰化」で検索したい場合…
(○)石灰化
(×)石灰か *「か」だけ「ひらがな」になっている。
(×)せっかいか *「ひらがな」になっている。



乳がんや乳腺の疾患に関する質問を受け付けています。

乳がんや乳腺の疾患に関する質問はこちらかどうぞ。