乳がんは早期発見、早期治療を目指しましょう。乳がん手術は江戸川病院|乳がんプラザ

[管理番号:6966]
性別:女性
年齢:51歳
病名:右乳癌
症状:温存手術

先生のお力に感謝致します。

3年前右乳房乳管内乳頭腫摘出手術後、経過観察。

昨年5月少しの石灰化有り。
12月数も増えてないで1年後来るようにとの事でしたが、今年3月自分でしこりを見つけ受診。
乳腺症だと思う…半年後にまた来て下さい。
との事でした。

9月.悪いものでは無いと思いますが…と一応針生検までやった結果、非浸潤癌。

次に細胞診をやり1期浸潤癌。

11月下旬に温存手術を無事終えました。

術前結果
ホルモン受容体陽性。
HER2陰性。
Ki8.1%
T1N0M0 大きさMRIでは14mm
術後結果待ち。
1月から放射線治療。

質問1 今更ですが、もっと早く針生検していれば、非浸潤癌だったでしょうか。
悔やまれます。

質問2 まだ術後結果が出ていませんか、先生は何もしないより、ホルモン療法だけでも直ぐに始めておきましょう。
と仰っています。

ただ、こちらのページで勉強させていただいたのでは、微浸が5mm以下なら、やらなくても大丈夫と見ました。

せめて、術後の経過を見てから始めるのでは遅いでは遅いでしょうか?
先生も、ほとんど浸潤している様に見えないんだけどねー。
と仰っています。

よろしくお願い致します。

 

田澤先生からの回答

こんにちは。田澤です。

「質問1 今更ですが、もっと早く針生検していれば、非浸潤癌だったでしょうか。」
→「もっと早く」とは「今年3月の段階で非浸潤癌だったのか?」までは解りません。

 ただ、「3年前右乳房乳管内乳頭腫摘出手術後、経過観察」とあるので(今回の乳癌が右側であることを考え合わせると)「3年前の(その乳頭腫の)同じ乳管系にすでに癌が存在していた」可能性は否定できません。
 

「微浸が5mm以下なら、やらなくても大丈夫」
「せめて、術後の経過を見てから始めるのでは遅いでは遅いでしょうか?」

→その通り。
 遅くは全くありません。
 「適応外(5mm以下)」の可能性も十分にありそうです。





「 乳がん Q and A 」直近の更新









サイト内検索

記事や皆様の質問の検索には、「サイト内検索」を使用してください。

例)乳がん しこり
例)脇の下 しこり
例)しこり 痛み
例)線維腺腫 (←誤字に注意)
例)乳腺症

*検索したい文字を正確に入力してください。
「石灰化」で検索したい場合…
(○)石灰化
(×)石灰か *「か」だけ「ひらがな」になっている。
(×)せっかいか *「ひらがな」になっている。



乳がんや乳腺の疾患に関する質問を受け付けています。

乳がんや乳腺の疾患に関する質問はこちらかどうぞ。