Site Overlay

非浸潤癌で全摘後、再手術

[管理番号:6479]
性別:女性
年齢:48歳
はじめまして。
3か月前に右乳房非浸潤癌で乳房全摘術+皮膚温存手術を受けました。
(乳頭.乳輪切除)今はエキスパンダーを挿入し再建途中です。
しかし、病理組織診断の結果、断端陽性となり6週間の放射線治療を勧められました。
主治医からは、早急にインプラントに入れ替えての放射線治療を勧められましたが、
全摘なのに納得がいかず、もしなんらかの治療が必要なのであれば、放射線ではなくすぐに再手術してほしいとお願いしましたが、いまさら癌の場所が特定できないし、
皮膚を大きく切除すると縫い合わすことが難しいとの事で、何度お願いしても無理の一言でした。
しかしセカンドオピニオンに行きたいと申し出ると、手術可能になりました。
その後、セカンドオピニオンにも行きましたが、癌の場所を特定することは主治医以外は難しいが、手術することは可能だということだったので来週主治医により手術することが決まっています。
セカンドオピニオンの医師曰くは、エキスパンダーを摘出せずに水を抜いた状態で手術が可能との事でしたが、主治医はそのような手術は初めてだとの事。
このような手術は特異的なもので難しいことなのでしょうか?
また、今回癌が残っていると思われる場所の皮膚を大きめに切除する予定ですが、本当に癌の場所を特定することは可能なのでしょうか?
皮膚を切除する際、大胸筋はすでにくっついている為、一緒に切除してしまう事になるとの説明でしたが、エキスパンダーの上にきている大胸筋をはがして、皮膚のみを
切除することは、難しいのでしょうか?
もし大胸筋ごと切除した場合の後遺症などはないのでしょうか?
放射線ではなく再手術を希望していたので、手術して頂けるのは嬉しいのですが、
手術不可能と言われていたのに、なんの根拠もなしに手術可能になり本当に大丈夫なのか不安です。
病院を変えたいという気持ちもありますが、手術からすでに3か月たっており、これからまた検査等で日があいてしまうのも心配ですし、主治医以外が癌の場所を特定するのは難しいとのこともあり、病院を変えるのは得策では無いのかなと考えています。
皮膚+大胸筋切除をするより、放射線治療をするほうが安全で推奨されるのでしょうか?
margin(<2mm)
DCIS/ductal spread:#2(skin,muscle),#8(skin,muscle),#12(muscle)
margin(+)#2,#8,#12
となっていました。
お忙しいところ申し訳ありませんが宜しくお願いいたします。
 

田澤先生からの回答

こんにちは。田澤です。
非浸潤癌は「癌細胞は乳腺内に留まっている」ので、乳腺を全摘することで断端陽性となることはありません。『今週のコラム 86回目 このようにすれば、全摘で深部側断端が陽性となることはないのです
「皮膚+大胸筋切除をするより、放射線治療をするほうが安全で推奨されるのでしょうか?」
⇒そもそも断端が本当に陽性なのか?という問題がありますが…
 もしも陽性だと仮定すれば、(放射線よりも)「手術」の方が安全です。
 切り出し図(上記コラムの写真参照のこと)を参考にして、腫瘍が存在していた部位付近の「皮膚と筋肉を」切除するのでしょう。(筋肉は切除しても全くたいしたことではありません)

質問者を『応援しています!』 / 田澤先生の回答が『参考になりました!』
という方はクリックしてください。
2+
江戸川病院 乳腺外科 東京都江戸川区東小岩2-24-18 電話03-3673-1221
Copyright © 2020 乳がんプラザ. All Rights Reserved.
Scroll Up