乳がんの手術は江戸川病院|乳がんプラザ

[管理番号:3872]
性別:女性
年齢:55歳
こんにちは。
いつもQ&Aで勉強させていただいております。
当方HER2タイプなので、このことに関連してお聞きします。
1:サブタイプとステージについての質問です。
田澤先生は、サブタイプは治療法を決める要因で、予後はステージで決まると回答されています。
生存率や再発率など、ステージが上がるほど悪いです。
サブタイプでは、HER2タイプは薬がよく効くと先生の回答に出ています。
ハーセプチンは再発を半分にするという回答を見ます。
薬がよく効く方が、予後が良いのではと期待してしまうのですが、どうなのでしょうか?
2:抗HER2薬についての質問です。
ハーセプチン、パージェタ、ドセタキセルがファーストラインで、
セカンドラインはカドサイラとなっています。
カドサイラは、ハーセプチンに抗がん剤を組み込んだものなので、
実質的には同じ薬ではないのでしょうか?
ファーストラインが効かなくなってから使っても、効果が出るのでしょうか?
サードラインでも、ハーセプチンと他の抗がん剤との組み合わせるという風に、何かとハーセプチンを絡めてくるのですが、耐性は出ないのでしょうか?
耐性が出ても、他の薬を使うなどの工夫で効果は得られるものなのでしょうか?
よろしくお願いいたします。
 

田澤先生からの回答

こんにちは。田澤です。
「薬がよく効く方が、予後が良いのではと期待してしまうのですが、どうなのでしょうか?」
⇒皆さん。サブタイプで予後を考えるのが好きなようですが(ネットの影響でしょう)
 こう考えましょう。
 「大雑把な概念」ですが…
 たしかに無治療であれば「ルミナールタイプ」>>「HER2タイプ」かもしれません。
 ここで(ルミナールタイプにはホルモン療法、HER2タイプには抗HER2療法を行うと)「(結果として)殆ど予後は同じ」になるという概念です。
 ♯世の中に「本当に正確な(統計学的)数字はない」と思います。(治療法の変遷もあるので)
  
「ハーセプチン、パージェタ、ドセタキセルがファーストラインで、セカンドラインはカドサイラとなっています。」
⇒これは、あくまでも「再発乳癌」での話です。(術後補助療法では決して、パージェタやカドサイラは使用してはいけません)
「カドサイラは、ハーセプチンに抗がん剤を組み込んだものなので、実質的には同じ薬ではないのでしょうか?」
⇒理屈と実際は異なるのです。
 
 そして臨床試験の結果が伴わないと「下のラインに甘んじる」しかないのです。
(理屈では、「こうだから」ではないのです)
「ファーストラインが効かなくなってから使っても、効果が出るのでしょうか?」
⇒勿論、(ファーストラインで使用するよりも)一般的には「効果は落ちていきます」
 それは、抗HER2療法に限らず抗ガン剤では一般的な話です。
 「順番がある」以上、仕方が無い事です。
「サードラインでも、ハーセプチンと他の抗がん剤との組み合わせるという風に、何かとハーセプチンを絡めてくるのですが、耐性は出ないのでしょうか?」
⇒(ハーセプチンと組み合わせる方の)「抗ガン剤に耐性が出てもハーセプチン自体には耐性が出ない場合」もあれば、早々と「ハーセプチン自体に耐性がでる」場合もあります。
「耐性が出ても、他の薬を使うなどの工夫で効果は得られるものなのでしょうか?」
⇒勿論、様々なstrategyがあります。 





「 乳がん Q and A 」直近の更新









サイト内検索

記事や皆様の質問の検索には、「サイト内検索」を使用してください。

例)乳がん しこり
例)脇の下 しこり
例)しこり 痛み
例)線維腺腫 (←誤字に注意)
例)乳腺症

*検索したい文字を正確に入力してください。
「石灰化」で検索したい場合…
(○)石灰化
(×)石灰か *「か」だけ「ひらがな」になっている。
(×)せっかいか *「ひらがな」になっている。



乳がんや乳腺の疾患に関する質問を受け付けています。

乳がんや乳腺の疾患に関する質問はこちらかどうぞ。