乳がんは早期発見、早期治療を目指しましょう。乳がん手術は江戸川病院|乳がんプラザ



[管理番号:2062]
性別:女性
年齢:40歳
2014年
マンモグラフィー 異常なし
触診は行われず
2015年
マンモグラフィー 左にFAD
触診 異常なし
近所の乳腺クリニックに結果を持参したところ、
触診で左に1.5cmのしこりを発見。
しこり部分を中心にエコーを行うが、何も写らないので悪性ではないので安心して下さい。
と言われました。
FADに写ったのはこのしこりでしょう。
しかし、しこりがあるので念のため半年後にまたエコーしましょうとなりました。
悪性ではないと言われ、安心してしまい、聞きそびれてしまったのですが、2点質問があります。
1.エコーにまったく写らないこのしこりは何でしょうか?
2.医師が悪性ではないと言い切ったので安心していいいと思っているのですが、ではなぜ半年後なのかが腑に落ちません。
本当に安心して良いのか不安が残る次第です。
乳腺クリニックの医師が触診もエコーも行いました。
半年後まで気になったまま過ごすのが不安で質問しました。
お忙しい中、よろしくお願いします。
 

田澤先生からの回答

こんにちは。田澤です。
こう言うケースは日常診療で多く遭遇します。
触診すると「あっ、しこりだ」と思って超音波してみると「何も無い」
いやいや、「何も無い」ではありません。 これは「過誤腫 hamartoma」といいます。
正常乳腺組織であるため、(シコリ様に触れても)「超音波では正常乳腺組織=所見が無い」となるのです。

回答

「1.エコーにまったく写らないこのしこりは何でしょうか?」
⇒過誤腫(hamartoma)です。
 
「2.医師が悪性ではないと言い切ったので安心していいいと思っているのですが、ではなぜ半年後なのかが腑に落ちません。本当に安心して良いのでしょうか」
⇒安心して大丈夫です。
 あくまでも「念の為」なのです。
○今回は「触診してエコーする」のが医師だったので、「このように太鼓判」を押せます。
 これが「触診した医師」の指示で「検査技師さんがエコーを行った場合」どうしても「見逃し」の可能性を否定しきれないのです。
 その意味では「質問者は幸運」だと思います。
 心配ありません。





「 乳がん Q and A 」直近の更新









サイト内検索

記事や皆様の質問の検索には、「サイト内検索」を使用してください。

例)乳がん しこり
例)脇の下 しこり
例)しこり 痛み
例)線維腺腫 (←誤字に注意)
例)乳腺症

*検索したい文字を正確に入力してください。
「石灰化」で検索したい場合…
(○)石灰化
(×)石灰か *「か」だけ「ひらがな」になっている。
(×)せっかいか *「ひらがな」になっている。



乳がんや乳腺の疾患に関する質問を受け付けています。

乳がんや乳腺の疾患に関する質問はこちらかどうぞ。