Site Overlay

CEA上昇について

[管理番号:8211]
性別:女性
年齢:47歳
病名:乳癌
症状:

初めまして。
去年4月に乳がん告知を受け5月に左乳房全摘手術を受けました。

病理検査の結果、腫瘍の大きさ2,6cm、her2+3 (不均一性でトリプルネガティブの部分あり)脈管侵襲高度、グレード3、リンパ節転移なしステージ2a。
術前のpet ctでは異常なしでした。

術後化学療法が7月から始まり、AC4回、DHP4回を終え、HP9回中、本日2回目を終えた所です。

CEAの血液検査の結果が基準値内ですが上昇しており、とても心配です。

CEA 4月(術前)2.0 →7月(術後)1.4→8月(AC3回目)1.6→ 9月(AC4
回目)1.8→10月(初回DHP1週間後)2.0→11月(DHP3回目)2.7→12月
(HP1回目)3.1→1月(HP2回目)3.7

CA15-3は15前後で上がったり下がったり変動している感じです。

ドセタキセルが始まったあたりから肝臓の数値が基準値を超えて超音波検査をしましたが異常なしでした。
軽い薬害でしょうとの事でウルソを服用していました。
本日の血液検査で正常値に戻っていました。

肝臓の数値とCEAの数値上昇との関係はありますか?

またハーセプチンパージェタでもCEA上昇との関係はありますか?
脈管侵襲が高度であった事や顔つきも悪かったので、術後8ヶ月でどこかに転移をしているのではないかと心配です。

主治医は基準値内なので大丈夫とおっしゃっていて、次回は3ヶ月後の血液検査になるようなのです。
このまま3ヶ月後まで血液検査は不要ですか?
主治医の言う通り基準値内の5以内で収まれば上昇を続けても問題ないのでしょうか?
この数値は心配するほどではないですか?
田澤先生のご意見をお聞かせいただけたら幸いです。
お忙しい中申し訳ございませんが、どうぞよろしくお願いいたします。

 

田澤先生からの回答

こんにちは。田澤です。

「術後化学療法が7月から始まり、AC4回、DHP4回を終え、HP9回中、本日2回目」
→質問者が勘違いしているのでしょうか?

 通常trastuzumab + pertuzumabは1年間投与です。
 質問者の記載では 4+9=13回(約9か月)にしかなりません。

 まさか(最初の)ACと合計して1年間と勘違いしているのでしょうか?(ご確認ください)

「肝臓の数値とCEAの数値上昇との関係はありますか?」
→可能性はあります。

 私の経験上、(抗がん剤投与中に)「肝機能上昇」と関連して一時的に腫瘍マーカーが上がる場合と、(ついこの間いらっしゃったのは)trastuzumab+pertuzumab単独投与中にCEAが基準値の倍以上に上昇
 正直、「再発か!」と思い、あらゆる検査(PET,消化管の精査、肝臓のMRIなど)をして「全て陰性」、と思っていたら、自然に改善してきて、ついには正常値まで戻った!方がいらっしゃいます。

「またハーセプチンパージェタでもCEA上昇との関係はありますか?」
→上記通り、つい最近経験しています。

「主治医は基準値内なので大丈夫とおっしゃっていて、次回は3ヶ月後の血液検査になるようなのです。
このまま3ヶ月後まで血液検査は不要ですか?」

→印象として…

 Docetaxelが関係している感じなので…
 肝機能が改善してきたように、CEAも落ち着くような気がします。

 ★でも、どうせ、3週間に1回通院しているのだから「6週間に1回」の採血にしてみたら??(ちなみに当院ではtrastuzumabもしくはtrasutuzumab+pertuzumabの場合には6週間に1回の採血腫瘍マーカーしています)

「主治医の言う通り基準値内の5以内で収まれば上昇を続けても問題ないのでしょうか?この数値は心配するほどではないですか?」
→抗がん剤中でなければ「少し」気になりますが…

 抗がん剤中であれば、「この位の影響はあるかな」という程度の印象です。

江戸川病院 東京都江戸川区東小岩2-24-18 電話03-3673-1221
Copyright © 2020 乳がんプラザ. All Rights Reserved.
Scroll Up