乳がんは早期発見、早期治療を目指しましょう。乳がん手術は江戸川病院|乳がんプラザ



[管理番号:7357]
性別:女性
年齢:41歳
病名:充実腺管癌
症状:特にありません

初めまして。
いつもこちらで勉強させていただいています。

気分がどん底の日から、だいぶ救われたように感じます。

さて、本日私事の質問で恐縮ですが、よろしくお願いいたします。

昨年、5月に乳癌の手術をしました。
病理の結果、1.5cmと言われていたものが、3.1cmと倍増していました。

また、ホルモン弱陽性ですがあるのでしています。

(抗がん剤治療の後です)
よって、増殖力も70と高かったのでルミナールBと言われました。

箇条書きですみませんが、以下の質問をよろしくお願いします。

1 私のように、顕微鏡で見た場合に腫瘍が大きくなったケースも、端の方が細くお煎餅タイプだったのでしょうか?

2 ホルモン弱陽性でも、ホルモン療法は必要でしょうか?

3 先生は、ルミナールBの抗がん剤はTCと言われてますが、私はゴールドスタンダードの抗がん剤でした。
やはり、トリプルネガティブに近かったからでしょうか?

4 腫瘍マーカーも血液検査で、出ているのですが、術後の数値より上がっています。
癌全体の腫瘍マーカーが、0.5~2,6です。
基準値が5.0なので、主治医は大丈夫と言ってくれましたが、他の臓器の癌も心配した方が良いでしょうか?

ダラダラと質問してしまいましたが、よろしくお願いします。

 

田澤先生からの回答

こんにちは。田澤です。

「1 私のように、顕微鏡で見た場合に腫瘍が大きくなったケースも、端の方が細くお煎餅タイプだったのでしょうか?」
⇒画像を見ていないので、はっきりと断言はできませんが…

 顕微鏡レベルでの拡がりとは、そういうことだと思います。

「2 ホルモン弱陽性でも、ホルモン療法は必要でしょうか?」
⇒リスクベネフィットのバランスで考えましょう。(無理する必要なし)

「 先生は、ルミナールBの抗がん剤はTCと言われてますが、私はゴールドスタンダードの抗がん剤でした。」
「やはり、トリプルネガティブに近かったからでしょうか?」

⇒これは主治医の考え方によりますね。

 そもそもルミナールBの標準を「アンスラタキサン」としている施設もあります。
(もしくは「若いから」などの理由で)

「術後の数値より上がっています。」
⇒腫瘍マーカーを、この時点で気にする必要は全くなし。

 今回の数値を「自分の基準値」として、今後の「再発の指標」としての意味しか「そもそも」ありません。

「他の臓器の癌も心配した方が良いでしょうか?」
⇒全くありません。(上記)
 ご安心を。

 
 

 

質問者様から 【質問2 】

腰痛
性別:女性
年齢:42歳
病名:充実腺管癌
症状:腰痛

再度、質問させてください。

今月に入り、腰痛が3週間ほど続いています。

感じとしては、座って前屈みになると痛いです。
足先にも弱いですが、しびれもあります。

歩いたり、立っているのは問題ありません。

以前の質問の中に、ホルモン療法の副作用との答えがありました。

骨転移の可能性はやはりたかいでしょうか?

 

田澤先生から 【回答2】

こんにちは。田澤です。

「骨転移の可能性はやはりたかいでしょうか?」
⇒腰痛ならば、まずは「整形外科」を受診してレントゲン撮影してもらいましょう。

 (前回も、以下のようにコメントしたばかりですよ。)
「他の臓器の癌も心配した方が良いでしょうか?」
⇒全くありません。(上記)
 ご安心を。





「 乳がん Q and A 」直近の更新









サイト内検索

記事や皆様の質問の検索には、「サイト内検索」を使用してください。

例)乳がん しこり
例)脇の下 しこり
例)しこり 痛み
例)線維腺腫 (←誤字に注意)
例)乳腺症

*検索したい文字を正確に入力してください。
「石灰化」で検索したい場合…
(○)石灰化
(×)石灰か *「か」だけ「ひらがな」になっている。
(×)せっかいか *「ひらがな」になっている。



乳がんや乳腺の疾患に関する質問を受け付けています。

乳がんや乳腺の疾患に関する質問はこちらかどうぞ。