乳がんは早期発見、早期治療を目指しましょう。乳がん手術は江戸川病院|乳がんプラザ



『乳ガンのQandAコーナー』では、乳ガンや乳腺の疾患に関する質問を募集しています。
皆様からの質問に、日本乳癌学会専門医、指導医の田澤篤先生が回答をしております。
皆様が質問する事で、同様の悩みを持つ「全国の他の誰かの疑問を解決するかもしれません。」質問は下記のフォームから送ってください。
当ホームページにて回答をいたします。
よろしくお願いいたします。

■質問フォームはこちらをクリックしてください。

 
 
 
 


 
 
 

 
 

それぞれ5件程度の質問を受け付けます。
曜日 午前 夕方
月曜日 8時から質問受付 18時から質問受付
火曜日 8時から質問受付 18時から質問受付
水曜日
木曜日 18時から質問受付
金曜日 8時から質問受付 18時から質問受付
土曜日 8時から質問受付
日曜日 8時から質問受付
祝日・その他の指定日

 
 

***再質問(2回目以降の質問)の方***
「再質問」をされる方は、
原則として、1週間程度空けてから質問をしてください。


また、前回の回答が公開されているページの
「管理番号」を必ず入力してください。

 
 

過去の『乳がん Q&A』の一覧

 
 
 
 
【新たに管理番号を採番した50件 <タイトル 要旨>】 はこちら
 
 
 
 
【管理番号 1~500 <タイトル>】 はこちら
【管理番号 501~1000 <タイトル>】 はこちら
【管理番号 1001~1500 <タイトル>】 はこちら
【管理番号 1501~2000 <タイトル>】 はこちら
【管理番号 2001~2500 <タイトル>】 はこちら
【管理番号 2501~3000 <タイトル>】 はこちら
【管理番号 3001~3500 <タイトル>】 はこちら
【管理番号 3501~4000 <タイトル>】 はこちら
【管理番号 4001~4500 <タイトル>】 はこちら
【管理番号 4501~5000 <タイトル>】 はこちら
【管理番号 5001~5500 <タイトル>】 はこちら
【管理番号 5501~6000 <タイトル>】 はこちら
【管理番号 6001~6500 <タイトル>】 はこちら
【管理番号 6501~7000 <タイトル>】 はこちら
【管理番号 7001~7500 <タイトル>】 はこちら
 
 

 

『乳がん Q&A』質問をした後の【結果(経過)】

『乳がん Q&A』質問をした後の【結果(経過)】 
 
 

更新時間の新しい『乳がんQ&A』 30件 

先日、乳がん告知をうけました。

乳がんを告知されてから、不安でとても辛い一日一日を過ごしています。 19歳の時、線維腺腫手術以降毎年別の医療機関でも乳がん検診を受けてきました。 今年2/(下旬)の検診で、去年と大きさは変わらないが、周りのモヤモヤが気になりますので生検しましょうと、 3/(中旬)に検査3/(下旬)に告知を受けました。 検査では、4ミリとのことでしたが告知時は5ミリで進行の遅いホルモン剤が効くガンと説明がありました。 4/(上旬)に、ペットC Tや乳腺専用のペットC Tで詳しい検査があります。 しばらく乳房にあった腫瘍がガンになる間に転移しているかもしれない 初期ではないのかも…などと心配なのです。 ■病名:乳がん ■症状:生理の異常、吐き気を伴う頭痛 <女性:46歳>

回答はこちらをクリックしてください。

遠隔転移と術前抗がん剤について

質問1 抗がん剤は実際に癌に対する効果が目に見える術前に行うべきでしょうか。 質問2 頭痛、倦怠感、脱力感の症状から脳転移の可能性を疑い、頭部CT検査の追加をお願いした方が良いでしょうか。 質問3 遠隔転移は初診ではほとんど起こり得ないという先生の解答を拝見しましたが、相談されている方の中には腫瘍の大きさに関係なく初診から転移を指摘されている方がいらっしゃるようです。 私自身、自覚してから受診まで数年が経過しているので遠隔転移の可能性が心配です。 ■病名:乳癌 ■症状:右乳輪下に数年前から自覚していた <女性:66歳>

回答はこちらをクリックしてください。

抗ガン剤治療

転院先では全摘希望の旨を伝え、乳輪乳頭温存の全摘手術をしていただきました。 病理検査で非浸潤のものもあったようで、担当の医師からもやはり追加手術をしてよかったと言われました。 そして今後の術後治療として、抗ガン剤治療が5月中旬から始まります。 医師からはサブタイプと年齢でドーズデンスAC、タキソールを勧められました。 私には抗ガン剤治療しかないので前向きに頑張ろうと思っていましたが先日、心エコー、心電図検査を行い循環器科の医師から心毒性の説明があり、乳がんで亡くなるより心不全で亡くなる人が多いと言われ、心臓に与える影響の臨床試験の参加をして下さいと言われてしまい、不安と恐怖感で今後の抗ガン剤を受けるべきがどうか悩んでしまいました。 田澤先生に質問です。 ドーズデンスAC療法とはどのような方に適している治療法なのですか。 私のような全摘、リンパ節転移陰性でもやはりトリプルネガティブ、グレード3なので勧められるのでしょうか。 (転院前の病院ではEC療法でした。) 田澤先生でしたらどのような抗ガン剤治療をされますか。 心毒性を恐れず抗ガン剤治療を受けるべきでしょうか。 そして、術後三カ月の抗ガン剤開始ですが遅くはないのでしょうか。 ■病名:乳がん トリプルネガティブ ステージ1 <女性:45歳>

回答はこちらをクリックしてください。

リンパ転移の今後の治療について

〈質問〉 ①サブタイプはKi67値以外でも分類出来るのですか? ②主治医からはリンパ転移⇒抗がん剤を速やかに行いたいとの申し出。 ルミナールAの場合ケモの効果が期待できないのでは?との質問には 再発をしたときにやっておけば、という後悔がなければいいのですがとのことでした。 こちらの質問コーナーでよく見るやり取りですね。 質問は10日後に追加でKi67の数値が出るのですが、もし数値が40%以上の高値が出た場合オンコタイプ検査の一か月後の結果待ちは無駄でしょうか?(既に昨日オンコは申込み済み) ③先生のコラムの中でオンコの再発率グラフはリンパ転移陰性は10年もありましたが、転移1~3個は5年のものしかデータはないのですか? ④私のリンパ転移は上部ではなく下部の腫瘍からだろうと言われました。 ただ、センチネルなのかははっきりしないとの事。 センチネルは一番最初の関所と勉強していたので、何度か主治医に質問したのですが理解できませんでした。 (センチネルにうまく流れず飛び越えることもある?というような内容) 本当にそのようなことがあるのでしょうか?だったらそれがセンチネルなのでは?と疑問があります。 ⑤腫瘍径も小さかったのにリンパ転移にとてもショックを受けています。 本当小さいうちに発見できて良かったと喜んでいましたが結果ステージⅡA、残念です。 オンコは現状では一番信頼が出来る再発率データでしょうか? リンパ転移のあるなしで、再発率が大分変わる印象ですが具体的な数値を教えて頂けますか? ■病名:左乳がん「硬性型」 <女性:61歳>

回答はこちらをクリックしてください。

単孔性乳頭分泌について

約1ヶ月前から右乳頭の一箇所から白色~黄色のドロっとした分泌物が出ます。 強めに摘むと少量ですが出る状態が続いています。 病院を受診し、エコー検査、マンモグラフィ、細胞診を行いました。 エコー検査とマンモグラフィの結果は異常なしですが、細胞診はクラスⅢaという結果でした。 3ヶ月後に再度検査を行うことになり、様子観察となっています。 先生のコラムや同じように単孔性乳頭分泌で悩んでいる方々の質問、先生の回答を見て、異常なしとは言われたものの、日に日に不安が増していきます。 今の状況から先生はどのような病気を考えますでしょうか?? 何かしらの病気が隠れていることには間違いないでしょうか?やはり乳管造影は必要でしょうか??一度先生に直接診察をお願いしたいという気持ちが強く、先生の外来を予約させて頂きました。 ■症状:右乳頭の一箇所から白色~黄色のドロっとした分泌物が出る <女性:36歳>

回答はこちらをクリックしてください。

タモキシフェンの効果

昨年8月に左胸の全摘手術を受け、その後タモキシフェンを飲んでいます。 以前にも先生にお尋ねしたのですが、最初飲んだ頃、生理がなくなるどころか、期間が長くなったり、同じ月に2度も来たりで。 その後1ヶ月あけて、また生理が来て、少しですが、減りました。 そして、今月は時間通りに来ず、1週間以上くらい前に来ましたが、来たり来なかったりでだいぶ乱れています。 4日くらい前から本格的に来たみたいで、それなりの量になっています。 生理以外には副作用はありません。 先生、お薬効いてますでしょうか? 心配です。 リュープリン必要ないですよね? ちなみに、毎朝薬飲んでいますが、毎日1リットルの野菜ジュースを飲んでから薬飲みますので、それって何か問題になりませんか? 水分をたくさん撮った後に薬を飲むと、効果薄めませんか? ■病名:乳がん <女性:41歳>

回答はこちらをクリックしてください。

ACとTCの選択について

オンコタイプDXの結果RS29、上乗せ7~8%と言う事で、抗がん剤治療を受けることにしました。 入院中にこのサイトを知り、先生の回答を参考に、自分なりに納得しながら治療を進めて来ることが出来ましたが、いよいよ抗がん剤という段階になって、自分だけでは決断しかねる状況になってしまいました。 私としては、てっきりTC療法と思っていたのですが、腫瘍内科の先生からは、ACと言われました。 今まで田沢先生の「TCでもいいでしょう」と言うニュアンスの回答を何度か拝見し、何となく、 ACの方がTCより高リスク向けの療法なのかなという印象を持っています。 私の場合、PgR陰性、グレード3、RS29等から、腫瘍内科の先生は、ACを選択されたのかと素人なりに想像しています。 診療時、TCの事も質問したのですが、明確な回答はなく、私のような状況において田沢先生でしたらACとTCのどちらを選択されるでしょうか。 また、AC,TCを選択する基準の様なものがあるとすれば、お聞かせ願えませんでしょうか。 ■病名:乳がん <女性:52歳>

回答はこちらをクリックしてください。

乳がん手術について

3月の人間ドックで右胸にしこりが見つかり、浸潤性乳管ガンと診断されました。 5月に手術予定です。 針生研、Ctで乳管の下の筋肉に少し浸潤がみつかりました。 ,MRI済でリンパ節への転移はなし。 小さいしこりはあるようですが、 手術の時にセンチネル生研するようです。 生研の結果は2.7センチ。 CT2 ルミナルBタイプ、HER2陰性。 ホルモン受容体ありER10~30% PGr0% Ki67 35% 温存か全摘はどちらでも変わらないと言われたのですが、どうでしょうか? ちなみに、どちらでも浸潤があるので、術後は放射線、その後ホルモン療法、化学療法が必要のようです。 自分の判断でと言われ、困惑しています。 ■病名:浸潤性乳管ガン ■症状:胸のしこり <女性:52歳>

回答はこちらをクリックしてください。

しこり乳首

2年ほど前に左胸下に横に細長いコロコロ動くシコリを見つけ、乳腺専門の先生に診ていただきました。 その時先生は、『あるのに見えないねー、あ、あった』とシコリは あるのにエコーでは見つけにくい2センチほどの線維腺腫との診断でした。 先日健康診断で技師さんのエコーを受けたところ、エコーで異常がなく、妊娠前までには触ればすぐにわかったシコリが消えていました。 ③エコーで見つけにくいシコリはあるのでしょうか?妊婦になるとシコリが大きくなるかもとは聞いたことあるのですが、、 エコーで線維腺腫とわかるものでしょうか?(エコーでは横に細長い黒い) 細胞針検査?などしなくてもよかったのでしょうか? ②妊娠前は胸がなかったので 全体的に骨、筋肉ゴツゴツした乳腺に触れ、すぐにシコリがわかったのですが妊娠を機に2センチのシコリが消えることがあるのでしょうか? ③左乳首が陥没しているのですが最近痛くなり、中をみると乳首がラズベリー?みたいに1つ1つ 粒の細胞になっていました。 外に触れていないため、赤くなっていて1つ取れそうになっています。 (根元で繋がっている状態) これは乳がんとか関係なく皮膚科や産婦人科に行った方がよいのでしょうか? また乳首の真下にできたガンは触診しなくてもエコーでわかるものでしょうか? <女性:28歳>

回答はこちらをクリックしてください。

肩甲骨の痛み

背中の左側の肩甲骨の辺りが10日くらい前から鈍い痛みがあります。 手術や化学療法を終えたばかりなのに骨に転移しているのではないかと、とても心配です。 骨の検査などお願いした方が良いのでしょうか? それとも手術前から骨にあったのでしょうか? 小さなことでも心配になってしまいます。 <女性:46歳>

回答はこちらをクリックしてください。

抗がん剤治療中の会社の人間ドック

今年1月抗がん剤治療前に、化生癌は乳がんの全体の1%であり、データも少なく、 抗がん剤が効くかも微妙、転移後の治療も微妙と言われました。 不安になって、造影剤CTと骨シンチ検査を希望して受診。 結果再発転移なし。 現在、AC療法及びウィークリーパクリタキセルの抗がん剤治療中です。 抗がん剤治療後は放射線治療の予定です。 放射線治療後は、乳腺外科で年一回の乳がん検診をするが、その他臓器は自覚症状がない限り小さい癌を見つけるような検査はしない。 検査してもしなくても生存率は変わらないと言われました。 私にすれば、早期発見した方が少しでも良いのではないかと思うのですが、田澤先生もQ&Aでおっしゃるように、何も検査してなくて良いのでしょうか? ですが、年一回の人間ドックは会社で受診するよう義務づけられており、今年も受診しなくてはなりません。 定期健康診断で今後は自分で検診を受けるしかないのでしょうか? その他の質問としまして、 ①現在抗がん剤治療中ですが、会社の人間ドックを受診しても大丈夫でしょうか? 抗がん剤と放射線治療が終わってから受診した方が良いでしょうか? 会社の人間ドックを受診する際注意すべきことはありますか? ■病名:左乳房がん ■症状:左乳房全摘出手術及び左腋窩リンパ節郭清 <女性:52歳>

回答はこちらをクリックしてください。

治療の薬について

2016年にステージ2の乳がんが見つかり、手術しました。 ルミナールAです。 その後フェマーラをずっと服用していましたが、2018年12月に、腰の骨への転移が見つかりました。 今年1月に放射線を12回して、フェソロデックスとゾレドロンを4月までしてました。 腫瘍マーカーが、12月の39から47にあがっていたので、薬を変更することになりました。 ペットCTでも。 腰の骨の癌が増大していました。 薬は、ベージニオとアリミデックスを使うことになりました。 そこで気になったのですが、骨折予防のゾレドロンのことは何も言われませんでした。 ゾレドロンはしなくてもいいんでしょうか? よろしくお願いします。 ■病名:乳癌 第五腰椎骨転移 <女性:62歳>

回答はこちらをクリックしてください。

細胞診に関しての

31歳で一年ちょい前に二人目を出産し、もう母乳は半年以上あげておりません。 先日から右胸の奥に痛み 乳首のすぐ右上にシコリが あり弾力のあるものですが心配になり本日診察を受けに行きました。 マンモグラフィーでは異常なくエコーでみてもらうと9.9mmで先生も『なんかあるね~大丈夫やと思うけど、何かわからないから悪い物か良い物かハッキリさせる為に細胞診しよか』と言い1箇所のシコリに何故か3本針を刺され細胞を取られました。 私はビビリな性格の為、先生に『え、悪そうな物ですか?』と聞くと『たぶん大丈夫やと思うよ~かなり心配してるみたいやから、本来は次予約取れるのが2週間後だけど結果分かり次第電話してあげるね。 電話で良性と伝えても診察には必ず来てね』とおっしゃって頂きました。 私は今まで半年~一年に一度は検診をうけていますが細胞診したのは初めてなので、ここで田澤先生にお伺いします。 ①サイズがすごく大きいわけではないのに1つのシコリに3ヶ所から針で細胞診をするのはよくある事なのですか? ②先生にもよると思いますが仮に癌を疑っていても大丈夫だと思いますと患者に声をかけますか?逆に癌の疑いが高い場合はそのような声かけはしないですか?(私が心配性な為、先生は私を気遣って大丈夫と言ってくれただけではないかと深読みしてしまいます。) ③癌を疑っていなくても何か別の疑いで細胞診をする可能性はありますか? ■症状:しこり <女性:31歳>

回答はこちらをクリックしてください。

両側乳癌について

 妻の乳癌についてお尋ね致します。 これまでの経緯として 1、2017年4月頃検診を受けて、異常無しの診断を受ける。 (その際、次回は2年後でいいと言わわれる)  2、今年の頭に右胸の硬いしこりに気付いて別の乳腺外科を受診、すると左胸にもしこりが見つかり両胸と脇も針で?検査を受ける。 (胸には数ミリの傷が残っています) 3、結果、両側乳癌、リンパは癌を認めずとの事でした。 骨シンチ、CTで遠隔転移は見られずとの事でしたが、癌のタイプ等を訪ねた所、術後に正確に分かりますとの事で今は3/15の手術待ちの状況です。 今、分かっているのは右側3.3cm、左側2.0cmのしこりと 両胸全摘出とセンチネルリンパ検査の予定ですが、このような場合、 予後は厳しいものでしょうか? サブタイプや転移の状況も分からず申し訳ありません。   また、脇のしこりに癌を認めずとの事は、センチネル検査でも多少はプラス材料となるのでしょうか? セルフチェック不足でもありますが、妻の母親も50代で乳癌で亡くなっており、何故次回は2年後と言われたのか悔しくて仕方ありません。 ■病名:乳癌 <女性:48歳>

回答はこちらをクリックしてください。

皮膚のしこり?

左のお腹(へそから少し下)にしこり?みたいなものがあります。 真ん中に芯があるようなしこりで、その周辺も少し硬いです。 これはリュープリンの後の硬結ですか? 調べていたら、1ヶ月から少しで硬結は消えるってなっていたのでで、 ほんとうに硬結か心配なのです。 もし硬結ではないとすれば、なにが考えられますか? ■症状:しこり <女性:39歳>

回答はこちらをクリックしてください。

左腋窩、左鎖骨上、左深頸部のリンパ節転移の治療法について

◆経緯  2012.12:左胸部浸潤性小葉癌手術(左乳房全摘、リンパ郭清なし)   術後:EC療法(全4回)、リュープリン(2年)、タスオミン20mg(服用中)  2016.10:CT、エコーにて左腋窩、左鎖骨上、左深頸部に複数のリンパ       腫大判明(2019.3まで、CT、エコーにて経過観察)  2019.3:左腋窩、左鎖骨上、左深頸部のリンパ腫大の増大と増数に      より転移の可能性ありと判明(骨及び他臓器への転移なし、      左脇の痛み並びに左腕及び両手の腫れあり)       主治医は、これまでの治療(タスオミン20mg服用)を継続し経      過観察するとの見解(左腋窩のリンパ腫大撤去及び左鎖骨上      ~左深頸部のリンパ腫大への放射線治療は日常生活への影響      が大きいことからメリットなしとの判断) ◆リンパ腫大の現状  左腋窩:12×8mm、8×8mm、7×5mm、他5mm前後で周囲に散見  左鎖骨~左深頸部:3~21mm ◆ご相談事項   これまでの相談事項(4560ステージ4 腋窩リンパ節と鎖骨上の転移について等の方)と重複するところがあるかも  しれませんが、田澤先生のご見解をお願いします。   1.転移の有無を明確(細胞針またはPET-CT実施)にし、治療方針    を決定する必要はないか   2.「1.]で癌が確認できた場合    ・左腋窩:郭清及び放射線治療は必要ないか    ・左鎖骨上、左深頸部:放射線治療は必要ないか   3.現在、服用中(タスオミン20mg)の薬で問題ないか    閉経前(E2:11.2、FSH:7.76)でありタスオミン20mg継続との判断   4.変更する場合、薬は何がいいのか   5.化学療法は必要ないか ■病名:左胸部浸潤性小葉癌の転移 ■症状:咽頭部違和感、左鎖骨上の痛みと突っ張り感、左脇の痛み、左腕及び朝の両手の腫れ <女性:49歳>

回答はこちらをクリックしてください。

母の乳がん手術・治療について

母は、18年前にも左側乳房を乳がんで全摘しており、それ以来、年に一度のマンモグラフィと3か月に一度の診察に通っていたのですが、右側の乳がんは、病院では、指摘されず、母が自分でしこりを見つけて、発覚しました。 こんなにがんが大きくなるまで、病院で診察を受けながら見つからないことがあるのでしょうか? 田舎でもあり、手術はこの病院で受けますが、母が診察を受けていた医師は、乳がんは専門外とのことで、手術は、他の医師がされます。 執刀医は、専攻医の若い女性医師で、外科部長(呼吸器外科がご専門ですが、乳腺も以前から診ているとのこと)と一緒に手術をされるとのことです。 ■病名:乳がん ■症状:乳がんの肺転移 <女性:78歳>

回答はこちらをクリックしてください。

妊娠について

タモキシフェン内服中は妊娠を避けること、よくわかりました。 ありがとうございました。 そこで、新たな疑問がうまれたので、教えていただきたいです。 私とは逆で、妊娠を希望しない場合、抗がん剤で閉経しているなら、妊娠は絶対にしないのでしょうか。 たとえ避妊していたとしても、それがきちんとできたかどうかを示す生理がとまっているとすれば、気づかないうちに赤ちゃんが大きく育ってしまうと思うのですが。 また、妊娠を希望している場合、抗がん剤を6ヶ月したとしても、元気な赤ちゃんはうまれてくれますか。 母乳は出ますか。 ちなみに、私は、再建も放射線治療もしています。 <女性:36歳>

回答はこちらをクリックしてください。

断端陽性の再手術についてと、抗がん剤について

2ヶ月前に、左脇ちかく(ふくにゅう)に、 七ミリ、乳輪よりに、四ミリのガンがみつかり、手術をうけました。 ふたつが、つながってるかも?ってことで、七ミリ、四ミリをつなげてきりとりました。 でもちがう方向にながれてるかもということで、再度手術をよていしています。 その際、全摘のほうがよいでしょうか 乳首乳輪も、すべてとるべきでしょうか? 術後の薬についても教えてください。 ■病名:ハーツー陽性ホルモン受容体陽性の多発乳ガン、断端二方向陽性、グレード3,ki67,30%、リンパは転移なし。 <女性:46歳>

回答はこちらをクリックしてください。

浸潤小葉ガンの広がりについて

結果は、 リンパ節転移なし(0/4) グレード=1 リンパ管、静脈侵襲なし Ki67=2% エストロゲン受容体陽性(80-100%) プロゲステロン受容体陽性(20-40%) HER2=陰性 断端には見られない。 そしてstage2Bになってしまいました。 田澤先生にお聞きしたい事は、 ・予後との関係はリンパ節転移よりも腫瘍径が重要だとこちらで読ませて頂きました。 12cm×9cmという範囲は広がりやすい小葉ガンでもやはり悪い状態なのでしょうか。 早期だと思って気持ちを強く持っていただけに数値の大きさから恐怖が襲ってきます。 ・主治医の先生から範囲が広いので抗がん剤TC療法をすすめられました。 ただ、判断に迷う事もありオンコタイプDXを検討してみればと言われましたので検査をお願いしました。 ガンの広がり以外はルミナールAなので抗がん剤は不要なのではと思いますが広がりがあると抗がん剤が必要(効果有り)になる事もありますでしょうか。 ・術前のエコーにもMRIにも広い範囲に出来ている事がわかりませんでした。 仮定の話で申し訳ありませんが、反対側の乳房にもすでに小葉ガンが出来ているけど写っていないだけなのではという恐怖心があります。 反対側にも出来る可能性はどれくらいあるのでしょうか。 実は母も姉も乳がんになっており遺伝子検査も検討しております。 遺伝性があれば反対側乳房への再発率は高くなりますでしょうか。 ■病名:浸潤小葉ガン ■症状:右乳房のしこり <女性:51歳>

回答はこちらをクリックしてください。

痛いです。助けて欲しいです。

質問です。 1、箇所の針生検で乳癌を否定できるものでしょうか?2週間で10センチ以上も大きくなることもあるのでしょうか? 本当は乳癌なのかと不安がでてきました。 今は炎症が強く生検ではでなかったが、隠れている場合があると言われました。 2、ステロイドで治らない場合、私はどうなるのでしょうか? 痛みは一生あるのでしょうか? 3、良くならない場合、良性の疾患も診たことのある先生にお願いしたいです。 受診は可能でしょうか?手術もできますか? 痛みが本当につらく、経過観察と言われても生活が辛いです。 ■病名:右乳腺腫瘤 ■症状:胸の張り、固さ、痛み <女性:32歳>

回答はこちらをクリックしてください。

温存手術後の石灰化

2013年に右側乳房非浸潤乳管癌0期で温存手術を受けました。 手術後25日間放射線療法も受けております。 年に一度の検診で今まで何も問題なかったのですが、今回6年目の検診で右側乳房手術痕のあたりに石灰化がみられ、来月にMRI検査を受けることになりました。 主治医の話では手術の際は断端検査(ー)でその他問題はありませんでしたので主治医も首をひねっていたくらいです。 毎回MMGと超音波を受けているのですが2013年の発見時も超音波検査では何も発見されず、MMG, MRI,マンモトーム検査で確定し、手術を受けました。 今回も超音波検査では何も発見されず、MMGに石灰化が映っておりました。 そろそろ安心出来るかな…と思っておりましたので石灰化がある・・・と聞いて落ち込んでおります。 こちらのサイトを隅々まで読み、勉強させていただきましたがその中で「キズ痕に起こる無害の石灰化」「術後の修復過程で起こるガンとは無関係な石灰化、異栄養性石灰化」という言葉を発見し、すがる思いでご質問させていただいております。 私の事例にも当てはまる可能性はありますでしょうか? 詳しい資料も写真もなく、お尋ねするのは無理な質問かと思いますが先生のご意見を賜りたく、宜しくお願い致します。 ■病名:非浸潤乳管がん(2013年手術時) ■症状:2013年時も現在も自覚症状無し。 <女性:64歳>

回答はこちらをクリックしてください。

骨転移の可能性

昨年9月下旬に乳頭乳輪温存手術をしたものです。 病理結果は硬癌、浸潤径2.0センチ×1.6センチ×1.1センチ、Kiは15%、 ER70%、PgR70%、Her2マイナス、リンパ節転移1/7にて郭清、ルミナールAとの診断でした。 オンコタイプは23で、抗がん剤での上乗せは1%でしたので、現在はタモキシフェン 単剤での治療です。 昨日、娘を抱っこした際、左胸の肋骨の一部が一瞬痛んだので確認すると、押すと痛い箇所がありました。 正確な場所は胸の中央に近く、胸骨に近い助軟骨?になります。 先月上旬に術後半年検診で、エコー、レントゲン、血液検査等問題なしでした。 わずか検査一ヶ月で骨転移はありえるのでしょうか? <女性:42歳>

回答はこちらをクリックしてください。

病理診断とパージェタについて

治療は AC療法→ドセ+ハーセプチン→ハーセプチン単剤→ホルモン療法 現在は、ハーセプチン10回目で同時にアナストロゾール服用を開始しています。 質問したい事は ・深部剥離面と腫瘍との距離が最短1.2mmと、とても近いのですが、各切除マージンが陰性という事で、心配しなくても大丈夫なのでしょうか? ・2018年10月に術前後でも、パージェタの使用が認可されたのですが、どの資料を見ても、抗がん剤+ハーセプチン療法に併用してのパージェタ治療となってました。 私はすでに、認可された時には、ドセタキセル+ハーセプチン療法を終了していました。 このような患者の場合、ハーセプチン単剤にパージェタを併用しての治療はできないのでしょうか? <女性:49歳>

回答はこちらをクリックしてください。

異型過形成

去年の2月頃、右乳頭から1箇所から乳頭分泌を確認し、かかりつけの乳腺クリニックへ行きエコー、マンモ、分泌物細胞診をし良性。 念の為にMRIの検査をと言われ、それも異常無し。 その後、近くのがんセンターに紹介状を貰い診察を受けました。 がんセンターでは、最初エコー、マンモ、分泌物細胞診をし良性。 その後も分泌が続き勝手に出てくるようになった為、2度乳管造影の検査を受け、それでも場所を特定出来ず、今年の3月に乳管造影をしてマンモをしながらワイヤーを留置する乳管区域切除術を受けました。 結果、異型過形成との診断で、ガンではないので安心して、次は半年後の検診を受けるように言われました。 1年ガンセンターで経過を見て問題なければ元の乳腺クリニックに戻るように言われました。 ネットで調べると異型過形成は前癌状態とか癌だとか出てきて不安になってます。 切除したら分泌は止まると思っていたのですが昨日乳頭をつまむと同じ場所から血成の分泌がありました。 これは術後だから出てるのでしょうか?異型過形成でも区域切除術を受けた私は根治になるのでしょうか。 これ以上、出来る事はあるのでしょうか? ■症状:乳頭分泌 <女性:35歳>

回答はこちらをクリックしてください。

浸潤性乳管癌 乳頭腺管癌 HER2境界域

今年1月乳房温存手術をしましたセンチネンタル生検 結果が 大きさ0.6mm×0.5mm リンパ節転移なし 悪性度1 ER90%PgR80% HER2+Fish法増幅比1.99 遺伝子コピー数4.48 にて境界域 侵襲なし にてルミナールBと判定され放射線の前に化学療法+ハーセプチンをすすめられました タキソテール4回ハーセプチン その後に放射線その後残りのハーセプチンとホルモン療法 60歳超えてたら放射線だけでいいとの事でしたがやるかやらないかは貴方が決めて下さいと言われ悩みますがこの判断は標準といえますか? ■病名:乳頭腺管癌 右 <女性:47歳>

回答はこちらをクリックしてください。

細胞診後の血性分泌について

細胞診の結果は良性でした。 が、細胞診後より検査した方の胸の乳頭よりつまむと血性分泌がでるようになりました。 検査後1週間は、どす黒いもので驚きましたが、徐々に薄くなり1か月経った今では茶褐色になり白い分泌と混ざってでてきます。 でも、つまむと絶対でます。 ほかのところからも相変わらず母乳のようなものがでており、混乱しております。 先生に聞いたところ、そりゃ針を指したんだから血ぐらい出るでしょといわれましたが、 さすがに1ヶ月続くと心配です。 ※今月、血症プロラクチンの血液検査では 数値29で正常でした。 量もそう変わらず、このまま止まる様子がありません。 どす黒い色から 茶褐色にはなりましたが… 半年後の受診でよいか悩んでおります。 セカンド・オピニオンも考えております。 ■症状:両胸の乳頭分泌(多孔性)と石灰化を伴うしこりについて <女性:31歳>

回答はこちらをクリックしてください。

左乳房の赤いポチッ

只今妊娠中で胸がズキズキ痛んだり 針で刺されるような痛みがたまにありますが、普通の事でしょうか? それと4日前から左乳房の外上側に赤いポチッとしたものが出来ましたが、炎症性乳がんでは?と不安になります。 赤いポチッは痛くも痒くも なく虫刺されみたいな感じです。 放っておいて大丈夫でしょうか? <女性:27歳>

回答はこちらをクリックしてください。

腋かリンパの種大としこりの形崩れについて

【1】昨年12月の検診で初めて、それまで指摘の無かった腋窩リンパの種大を指摘され、先日少し早めの検診にて種大がさらに大きくなっていました。 12月:右2コ max25×7ミリ、左26×6ミリ、 19×5ミリ→今回:右28×4ミリ、左22×5ミリ(少量の血流あり) エコー技師も担当医も形が反応性だと言っていますが、前回も反応性と言われたのに今回大きくなっていて心配だったので、検査する?で、右側だけ注射針で細胞を取り、現在結果待ちです。 田澤先生の質問コーナーで、腋窩の種大が両脇なら悪性リンパ腫をまず疑う、とありましたが、 ①形が反応性(長くて二重構造)でも、両脇にあると悪性リンパ腫が疑われるのでしょうか? ②悪性リンパ腫による種大は、先生が以前載せてた転移性と同じ形状なのですか? ③今回の検査(細胞診?)で悪性リンパ腫かどうかもわかりますか?(結果がもし良性、や反応性、と出ていたら悪性リンパ腫は否定ですか?) ④仮に反応性だったとして、何に反応しているのかを調べなくて良いのですか? (12月も今回も体調は悪くはないので) ずっと同じ技師にエコーしてもらってて、前々回までは「なし」だったのに前回今回と急に大きいのが両脇に現れたので、悪い検査結果が出るのでは、と不安で仕方がないです。 ■病名:乳腺線維腺腫、嚢胞 ■症状:腋かリンパ種大 <女性:47歳>

回答はこちらをクリックしてください。

検査を受けるペース

私自身 極度の心配性で セルフチェックでも人差し指で押したりし てこりこりしたのを見つけると癌ではないか?心配になり頻繁に検査を受けています。 検査など今まで何か指摘されたことはないのですが、テレビなどで癌の報道をしているのを見ると乳ガンは進行の早い癌だから早期発見しなきゃ!と不安になり 毎日毎日 しこりチェックをしてしまいます。 そこで田澤先生に聞きたいことがあり質問させて頂きたいです。 乳ガン検査は先月にしたばかりで異常はなしでした。 ただ昨日人差し指で触ってみたらムニムニ?こりこりしたものを見つけました。 ただ、今は探してもありませんが また検査を受けるべきでしょうか? またどのくらいのペースでエコーやマンモグラフィを受ければ癌を早期発見出来ますか? <女性:34歳>

回答はこちらをクリックしてください。