乳がんは早期発見、早期治療で治せる癌です。乳がん手術は江戸川病院|乳がんプラザ

『乳ガンのQandAコーナー』では、乳ガンや乳腺の疾患に関する質問を募集しています。
皆様からの質問に、日本乳癌学会専門医、指導医の田澤篤先生が回答をしております。
皆様が質問する事で、同様の悩みを持つ「全国の他の誰かの疑問を解決するかもしれません。」質問は下記のフォームから送ってください。
当ホームページにて回答をいたします。
よろしくお願いいたします。

■質問フォームはこちらをクリックしてください。

 
 
 
 


 

 
 

それぞれ5~10件程度の質問を受け付けます。
曜日 午前 夕方
月曜日 8時から質問受付 18時から質問受付
火曜日 8時から質問受付 18時から質問受付
水曜日
木曜日 18時から質問受付
金曜日 8時から質問受付 18時から質問受付
土曜日 8時から質問受付
日曜日 8時から質問受付
祝日・その他の指定日

 
 

***再質問(2回目以降の質問)の方***
「再質問」をされる方は、
原則として、1週間程度空けてから質問をしてください。


また、前回の回答が公開されているページの
「管理番号」を必ず入力してください。

 
 

過去の『乳がん Q&A』の一覧

 
 
 
 
【新たに管理番号を採番した50件 <タイトル 要旨>】 はこちら
 
 
 
 
【管理番号 1~500 <タイトル>】 はこちら
【管理番号 501~1000 <タイトル>】 はこちら
【管理番号 1001~1500 <タイトル>】 はこちら
【管理番号 1501~2000 <タイトル>】 はこちら
【管理番号 2001~2500 <タイトル>】 はこちら
【管理番号 2501~3000 <タイトル>】 はこちら
【管理番号 3001~3500 <タイトル>】 はこちら
【管理番号 3501~4000 <タイトル>】 はこちら
【管理番号 4001~4500 <タイトル>】 はこちら
【管理番号 4501~5000 <タイトル>】 はこちら
【管理番号 5001~5500 <タイトル>】 はこちら
【管理番号 5501~6000 <タイトル>】 はこちら
【管理番号 6001~6500 <タイトル>】 はこちら
【管理番号 6501~7000 <タイトル>】 はこちら
 
 

 

『乳がん Q&A』質問をした後の【結果(経過)】

『乳がん Q&A』質問をした後の【結果(経過)】 
 
 

更新時間の新しい『乳がんQ&A』 30件 

急に大きくなったしこりでも非浸潤癌の可能性が高いといわれました

今回のエコーで脇の下のリンパに一個だけ微妙だが怪しいものがあったので細胞診をしました。 結構奥の方で取るのが大変だったみたいです。 これからもしがん細胞が出たら、抗がん剤を先にやったほうがいいかもしれんねーといわれていました。 最近左のお尻のすぐ上あたりが痛く、骨転移ではないかと心配です。 それと最近喋ろうとすると痰が絡んでかすれ声になります。 ネットで調べると、乳癌が縦隔リンパに転移して起こる半回神経麻痺でもそのようなことが起こると書いてあり、もしかしたらそれではないかと思ってしまいます。 そこで先生に質問です この状態で前の先生の言うように非浸潤癌という事はあるのでしょうか? もし、細胞診でリンパに転移してることがわかっても、抗がん剤より先に手術をしてもらった方がいいでしょうか? 上記の症状は、骨転移や縦隔リンパ転移の可能性はありますでしょうか? <女性:53歳>

回答はこちらをクリックしてください。

来月上旬手術予定です

しこりは2センチ以下ですが、胸が小さいのとその後の事を考えて、左胸は全摘します。CTやMRIでは転移はないようです。 針生検でがんと確定しましたが、病理検査をしてみないと詳しいことはわからないと言われました。 術後がどうなるか不安です。 <女性:53歳>

回答はこちらをクリックしてください。

遺伝と授乳中のしこり

現在11ヶ月の子供に授乳中です。 私の母方の祖母が70代で乳癌、5年後に再発し80歳で死去、母が58歳で小葉癌、早期発見にて部分切除、ホルモン治療にて現在2年経過し再発もなく過ごしております。 また母は医師から子宮と卵巣も一年に一回確認するようにと言われていますが、小葉癌と子宮、卵巣はかんけいあるのでしょうか?わたしの場合は遺伝も含めて考えたほうがいいでしょうか? また3月、6月に病院を受診し、エコーし毎日セルフチェックをしてチェックをしておりますが、胸から脇にかけての胸の端に滑らかなポコポコが胸の形に沿ってあるのですが、気にしなくても大丈夫でしょうか?また脇の下から腕の付け根にかけて骨のようなものがありますが、これは骨と考えてもいいでしょうか? <女性:31歳>

回答はこちらをクリックしてください。

最終結果

私は先月に左乳房の全摘出手術終えました。  <結果> ●乳頭腺管癌(浸潤7mmあり、ステージ1a)   ●リンパ節転移なし ●核グレード1、病理グレード1 ●エストロゲンレセプター+、プロゲステロンレセプター+ ●HER2陰性 ●ki67が5%   と分かりました。 抗ホルモン剤内服に決定しました。 先生から見ても、ホルモン剤必要かいらないか知りたいので10月に江戸川病院に予約を入れました。 <女性:34歳>

回答はこちらをクリックしてください。

DCISとLCIS併発

45才で、6月末に自分で左胸下部のしこりに気付き、マンモ、エコー、MRI後の針生検で非浸潤癌との診断を受けました。 7月(中旬)日に温存手術を受け今に至ります。 MRIで乳頭に向けて白い筋が走っているので、念のため取りましょうと主治医の先生が広めに手術で取って下さいました。 結果、その筋は大丈夫だったのですが、その広めに取った中にLCISがありました。 主治医の先生は放射線で大丈夫、再発すればまた切れば良いと仰ってくださいます が、私は不安が残ります。 ハイグレードな事、しこり以外エコー、MRI、マンモどの検査も異常なしの診断だった事、LCISもたまたま見付かったが本来分からなかった事等を考えて、浸潤癌が進んだ状態でしか再発を見付けてもらえないのではないかとの不安があります。 せっかく全摘で完治する機会をみすみす逃すのではないかと考えます。 私は長期薬物治療より全摘を選びたいと思っています。 先生は浸潤癌にLCISが見付かった場合は全摘と仰ってますが、非浸潤にLCISの場合どうするのが最適でしょうか。 ■病名:非浸潤乳菅癌 LCIS ■症状:非浸潤乳菅癌、35×18 リンパ無し グレード3  ホルモン陰性 脈菅侵襲なし <女性:45歳>

回答はこちらをクリックしてください。

術後病理結果について治療方針

乳癌と診断され、8月(下旬)日過ぎに手術しました。 CT,MR後、癌が1.7ミリリンパ節に 転移なしとなり、広がりもそんなになく、 部分切除の温存手術になりました。 しかし、病理結果が出まして、癌が2センチでステージ2、 非浸潤部の広がりがあり、大きく切断したものの、切除断片が陽性で取りきれてない癌があるとの事で、主治医から、 ①日帰りの追加切除後放射線治療とホルモン療法(10月予定) ②手術はしないで放射線治療とホルモン療法 ③全摘手術(10月予定) と3つ方針の中から決めなければなりません。 どの方法が最善なのかかなり迷っています。 ER99%、PgR99%、HER2 無 1+ ki61 30% 核グレード2 です。 日帰り手術は局部麻酔の為、自分の精神状態が不安もありますし、全摘にしても8月に手術したばかりでまたすぐ全摘手術して体が大丈夫なのかなどいろいろ不安もあります。 放射線治療なら、すぐに始められるので癌の進行度もおさえられるのかと思ってみたり、この際に全摘した方が今後の為にも良いかなとも思ってみたり悩み中です。 アドバイス何卒よろしくお願い致します。 ■病名:乳癌(硬癌) <女性:46歳>

回答はこちらをクリックしてください。

術後1年3か月

2017年7月に右胸全摘手術をしました。 浸潤7ミリ、リンパ転移ナシ、ルミナールA。 現在ノルバデックスを服用しております。 2018年7月に術後1年で超音波等検査等をし異常ナシでした。 先週辺りから、右脇と腕の付け根のあたりが肩の方にむかって腫れてるような感じます。 はじめは、重いものを持った後だったこともあり筋肉痛かなと思っていましたが、再発なのではないかと心配になってしまいました。 先生、どう思われますか? 自分が触った感じではしこりが触れたりとかはありません。 リンパ節が腫れるとよく聞きますが、どんな感じなのでしょうか。 <女性:41歳>

回答はこちらをクリックしてください。

術前病理結果について

9月にA病院にてマンモトーム生検を行い、 ホルモン陽性、HER2陰性、Ki67は2%の浸潤がんと診断されました。 腫瘍の大きさは約3センチあり、 全摘も視野に入れてと言われましたが 温存で行うことを決めました。 MRIの造影剤には反応あり、 マンモグラフィは構築の乱れが元々あります。 エコーもギザギザしてはいますが、腫瘍の形がはっきりせず、 触れてもはっきりしないタイプと言われております。 その後A病院には放射線施設がないこと、 長く仕事と両立して通うことを鑑みて、 B病院に転院を決め、昨日訪問したところ、 B病院の病理結果では、良性腫瘍とのこと。 先生の説明では「ほぼ白」とのことでした。 検体は共に9月に行ったマンモトームのプレパラートですが、 こんなに診断がずれることはあるのでしょうか。 また先生ならどのようなアドバイスをされますでしょうか? ■症状:胸のしこり、乳癌か乳腺症 <女性:34歳>

回答はこちらをクリックしてください。

ルミナールAかルミナールBか治療方法について

所見 組織型:浸潤性入管癌 浸潤系:2.1センチ リンパ節転移:なし 脈管侵襲:なし 異型度:グレード2 切除断端:陰性 エストロゲン:陽性 プロゲステロン:陽性 ki67 :中間30% HER2:0 質問1. 抗がん剤は不要でしょうか。 抗がん剤をしても上乗せは数%と主 治医に言われました。 できればやりたくありませんが、子供が小さいの で再発防止のメリットが大きければやることも考えます。 質問2.私はルミナールAかBかどちらなのでしょうか? 主治医は中間との見解でした。 ■病名:乳癌 <女性:43歳>

回答はこちらをクリックしてください。

乳がんの進行スピードについて

私が今とても気になっているのは、毎年専門医の先生にエコーをしてもらっていたのにも関わらず、1年後に15mmのしこりが見つかったという点です。 乳がんは進行が遅いと聞くので、1年で15mmの大きさに成長(?)したしこりは癌の可能性は低いと思いたいのですが、このようなスピードで進行する乳がんもあるのでしょうか? また、もしこのしこりが乳がんであった場合、クリニックでは手術を行なっていないので他の病院を紹介される形になるようです。 いくつか候補の病院が挙げられるようですが、私はこれまでのコラムやQ&Aを拝見して、もし乳がんで手術を受けるなら田澤先生にお願いしたいと考えています。 ただ候補先の病院に江戸川病院が含まれていないようなのですが、そのような場合でも紹介先としてお願いしてもよいのでしょうか? <女性:35歳>

回答はこちらをクリックしてください。

急にできた1.2cmの気になる形のしこり、その他大小に触れるしこり、非形成腫瘍的なエコー像

こちらの乳腺外科医を予約して相談に行くより、田澤先生のとこまで飛んで行ってエコーで全部診てもらい、検査するのが安心ではないかと思ってしまいます。 小さい子供を置いていかなければいけないのと、 数ヶ月前から膀胱炎を繰り返して悪化しており、その精密検査や治療もしていかなければならないので、乳腺の方はできるだけ早く診断をしてしまいたい気持ちもあります。 ここオーストラリアの町で、エコー下マンモトームを上手にできるとこがあるのか、病院で若い医師にしこりを摘出してもらうこともできますが、悪性だった場合不安が残ります。 経験豊富な田澤先生に診断お願いしたいです。 ■症状:しこり <女性:43歳>

回答はこちらをクリックしてください。

乳がん肺転移の治療方法の選択枝について

主治医の話では、フェソロデックスが効いていないなら、ハーセプチン+抗がん剤になる可能性が高く、私が「もう使えるホルモン剤はないのですか?」と尋ねると、「あるけれど、、多分効かないだろう」とのことでした。  私としては、このまま、がんが大きくなるのが一番怖いです。 早く叩いてがん細胞を小さくし、転移カ所をこれ以上増やさないようにしたいのですが。 抗がん剤を使い、効かなくなったら、次の抗がん剤、また次のと、、そのうち使えるのが無くなってと不安ばかりがつのります。 あと1年経てば10年になり、晴れて無治療になれるとばかり思っていたので、とても辛いです。 田澤先生に助言を頂きたいのですが ①フェソロデックスが効いていない場合、次の治療方法として、どのような物がありますか? (投薬の種類、投薬方法、投薬の期間など、解らないので教えてください) ②その中で、今の私の場合、どれが一番良いと思われますか?  (もし、田澤先生のご家族だとしたらどれをお薦めになりますか?) ■病名:乳がん、両肺転移、鎖骨下リンパ節転移 ■症状:乳がんにより症状は無し。抗がん剤治療による副作用がある。倦怠感、便秘、下痢、胃潰瘍、爪周囲炎、手指のしびれ <女性:58歳>

回答はこちらをクリックしてください。

経過観察はいつまで続けた方が良いのか

16年前に乳がんになり手術しました。 今は一年に1回、経過観察で検査しています。 いつまで経過観察した方が良いのでしょうか。 市などが行なっている健康診断での検査にしても、問題は無いのですか。 ■病名:乳がん <女性:48歳>

回答はこちらをクリックしてください。

リンパ節転移について

リンパ節への転移が1個の場合、リンパ節郭清は行わなくても大丈夫だったのでしょうか? <女性:50歳>

回答はこちらをクリックしてください。

胸壁固定乳癌の手術

ER+ PgR+ HER2- Ki67=4% リンパ節転移なし 乳腺外科にて「大きさ18mmだが、位置が内側で乳腺の端で大胸筋も薄いため肋間筋まで広がっており手術できない」と言われ、ホルモン治療となりました。 小さくならないものの半年強なんとか現状維持しており、主治医はホルモン治療継続との判断のようです。 抗がん剤については、おそらく年齢や状態から無理と判断したのでしょう(理由はさだかでない)が、主治医から一言も話しはなく、また、本人も抗がん剤に拒否反応があるのでこちらから願うこともなく、この治療で納得しているようです。 しかし、私としては、転移もなくこの大きさなら手術で治せないものかと思ってしまいます。 手術でできるだけ取り除いて、取りきれない部分に放射線治療というのでは、根治治療にならず癌が残ってしまうでしょうか? 胸壁に達しているが抗がん剤ができない、もしくは抗がん剤しても胸壁に腫瘍が一部残ってしまった患者さんはいらっしゃったと思いますが、 田澤先生は手術をすすめましたか? それとも維持を目標にホルモン治療がベターでしょうか? ■病名:乳癌 <女性:82歳>

回答はこちらをクリックしてください。

右乳房のしこりと、針生検の結果待ち

以前から、生理不順ですが、生理前に胸が張る症状がありました。 今年に入ってから、その症状が強くなり、8月に入って右胸の外側が断続的に痛くなる事が多く、生理後もその症状が続き、8月末に右胸の外側に押すと痛むしこりを発見しました。 今まで、一度も検診などはした 事がなく、いつから出来ていた物かはわかりません。 9月(中旬)日に乳腺外科を受診し、マンモグラフィとエコーにて、2.5cmの腫瘤が確認されました。 先生より、「たぶん良性だと思うけど、大きいし、針生検した方がいい。」との事で針生検をしました。 2週間後に結果が出るとの事で、連絡すると、「まだ半分しか結果が出ていないので、ちゃんとした結果は10月10日ぐらいになる」と言われました。 待っている間に取り返しがつかなくなるのではないかと不安でたまりません。 そこで、田澤先生に質問なのですが、 ①痛みが伴うしこりは、乳腺症や線維腺腫である事が多いといいますが、ガンも痛みを伴うしこりであることがあるのでしょうか? ②こんなに結果が出る(約1ヶ月)のに時間がかかるのはガンの可能性が高いからなのでしょうか? ③右脇が時々痛むのですが、リンパ節転移している可能性が高いのでしょうか? ④しこりが大きく、良性にしても悪性にしても田澤先生に診察していただいて摘出手術もお願いしたいのですが、可能でしょうか? 住まいが(関西)ですので遠方ですが、対応していただけるなら通いますので、よろしくおねがしいます。 ■症状:右乳房のしこり <女性:37歳>

回答はこちらをクリックしてください。

妊娠中のしこり増大

田澤先生にも診ていただくと、三月で嚢胞とそもそも診断しているし、そのとき11mmだったが葉状腫瘍ではないし、今回みても嚢胞と思いますがもし線維腺腫でも問題ないとの診断でした。 2018年10月 新たなしこりを発見し、近医受診。 しかし、そのしこりは今まで診断されていたしこりで、私が今まで思っていたしこりは乳腺と判明。 経過をみていたしこりは血流があることから嚢胞ではなく、線維腺腫で17mm。 2カ月で5mm増大、一年で1cm近く大きくなったが、葉状腫瘍にみえないし、大きくなるのは妊娠中はよくあること、組織診しても線維腺腫か葉状腫瘍かわからないことが多いし、今妊娠後期に慌てて組織診する意味はない、出産後に3cmになったとしても授乳中はよっぽど形が怪しくない限り、妊娠中や授乳中は線維腺腫は大きくなることがよくあるから葉状腫瘍とは考えにくいとのことでした。 ご質問 ①田澤先生には、妊娠中でも線維腺腫はそんなには大きくならないと言われましたが、1cm近くも大きくなるのはあり得ますか。 元々、もう一つ毎年7mmの大きさの変わらない線維腺腫がありますが、それは妊娠後も大きくなっていません。 急に大きくなったのは新しい方だけなので、尚更心配です。 ■病名:嚢胞、線維腺腫 <女性:34歳>

回答はこちらをクリックしてください。

オンコタイプとKI-67について

質問です。 ①Ki-67は施設によって、平均値を用いたりhotspotで考えたりするためバラつきがあると読んだ事があります。 (そんなに大事なことが統一化されていないということでしょうか?) →つまり、ルミナールAかBかが決まる基準も一定ではない →結果、グレーゾーンが存在し、抗癌剤治療の追加判断に困る →それをはっきりさせるためにOncotypeを用いる という理解は正しいでしょうか? ■病名:乳がん <女性:48歳>

回答はこちらをクリックしてください。

集蔟性の膿疱の件

昨日、定期的に通っている乳腺外科へ乳癌検診に行きました所、「あれ、こんなの前からあったっけ。 カテゴリー3だなぁ、まあ若いしたぶんホルモンの関係だろうね、MRIしてくる?まあ、半年様子見て考えましょう。」という何とも曖昧な診察でした。 カテゴリー3という言葉に動揺し何も質問せず帰宅してしまいました。 帰宅後エコーの感熱紙を見て自分なりに調べました所、「全長2.8cm集蔟性のある膿疱」かと思っています。 マンモグラフィーは石灰化はあるものの、1年前と比べ同じもしくは減っていると言われた事は覚えています。 ①このまま半年様子見で大丈夫なのか。 どこかでMRIをしてくればいいのか。 どこかでマンモトームをしてくればいいのか。 ②半年も待てる精神力はないのでできれば田澤先生の所にお伺いしたいのですが、可能でしょうか。 <女性:37歳>

回答はこちらをクリックしてください。

術後抗がん剤中のリンパ節転移

教えていただきたいのですが、 ① 5回目の抗がん剤を終えたばかりで2週間ほどは副作用でほとんど寝たきりのような状態なのですが、すぐにでもエコーの結果を聞きに行ったほうがいいでしょうか。 (病院まで1時間半ほどかかります) ② 乳がんプラザを拝見していると術後の抗がん剤中にに再発はないとあるので、昨年11月の手術での取り残しでしょうか。 ③ もし悪性だった場合、抗がん剤は効いていないということでしょうか。 その他にも1回目の抗がん剤投与後に足のの付け根のリンパにしこりを発見し、4回目の投与後に右腕の肘と手首の間に小さなしこりを発見しました。 ④ リンパへ3.5㎜の転移があったにもかかわらず、郭清しなかったのは問題だったのでしょうか? ⑤ もしリンパへの転移が分かった場合、どのようなことをするのがいいのでしょうか? (手術で郭清するのか、残り1回の抗がん剤と放射線治療のみでいいのか、両方した方がいのか、また別の療法があるのか?) ⑥ 田澤先生に診てもらうことはできるのでしょうか? <女性:38歳>

回答はこちらをクリックしてください。

乳房痛が治らない

今年の2月末から右乳房あたりに筋肉痛や打身のような症状が出て、そのときは生理前の症状かと思っていたのですが、生理が終わっても治らず、4月に乳腺外科でエコー検査を受けました。 結果は異常なしだったのですが、それから今日までずっと同じ症状が続いています。 生理前や排卵の時に…といったサイクルは無く、常に気になります。 こちらのサイトを読ませていただくと、卵巣が不安定になるせいだと書いてありましたが、生理は遅れたりなどの変化がありません。 ストレスも専業主婦ですので、全くとは言いませんが少ないと思います。 なのに、8ヶ月もの間、乳房痛が続いていてとても不安でたまりません。 治る気配もないので、もう一度次はマンモグラフィも併せてしてもらおうかと悩んでいます。 この症状は、閉経まで続くのでしょうか? <女性:37歳>

回答はこちらをクリックしてください。

下着の汚れ

昨日の入浴時のブラジャーを外した際、 ブラジャー内側の乳首が当たる部分を中心に、 無色透明の油ジミのような汚れがついているのに気づきました。 汚れは左右共についていますが左側が大きく、 匂い等は感じません。 すぐに乳首を絞ってみましたが分泌液は出ず、 乳首や乳輪などにも傷はありませんでした。 乳がん検診は毎年必ず受けていて今年は一月に受け異常無し、 それとは別に先月の子宮がん検診のついでに、 左の乳房のみ強く張ったり痛む事で、 再度超音波を左右して貰って異常はありませんでした。 <女性:48歳>

回答はこちらをクリックしてください。

乳癌の胸膜への局所再発について

乳癌の胸膜への局所再発についてお伺いします。 2010.11左乳房の温存手術のちホルモン(タモキシフェン)療法 2014.11左乳房に局所再発 全摘手術のちホルモン(タモキシフェン)療法+ゾラデックス二年 2018.6 左胸膜に局所再発先日のPET CTの結果では2センチの腫瘍1つ転移なしとの診断でしたが、その一週間後先生の触診でもう1つあるかも?と言われてしまいました。 手術で取る意味はないので、フェソロデックスにイブランスカプセルの服用との治療計画を提示され、ショックを受けています。 胸膜に2つの腫瘍の場合、手術は無意味なのでしょうか? また、PET CTに映らないのに、腫瘍があるという結果に納得がいかないのですが、そういうこともあるのでしょうか? ■症状:フェソロデックス注射後の痛み <女性:55歳>

回答はこちらをクリックしてください。

乳癌ステージ4の手術について

2015年12月にHer2のみ陽性 肝臓とリンパに転移ありと診断され、 2016年1月からFEC6回?ドセタキセル+ハーセプチン+パージェタ7回?ハーセプチン+パージェタで現在に至ります。 転移巣は消え原発巣は 鳴りをひそめているという感じでした。  この間、主治医から「手術で原発巣を取ってしまうという選択肢もある」「しかるべき時が来たら手術もありうる」と言われていました。  2018年8月のCT検査で原発巣が大きくなっていることがわかったので、ドセタキセルを再開しようと言われましたが、手術を希望したところあっさりと了承されました。 PET CT検査でも原発巣以外以上無しです。  ところがここへきて主治医がリスクを心配するような発言を繰り返します。 例えば、ステージ4での手術は標準治療ではないから、手術をしたらこの先どうなるかわからない、それでも良いか等。  手術は選択しない方が良かったのでしょうか。 ■病名:乳癌 <女性:52歳>

回答はこちらをクリックしてください。

非浸潤部と浸潤部でのサブタイプ 不一致について

質問1 これまでのQ&Aを拝見する限り、ホルモン感受性については検査のエラーを強く疑っております。 私の場合もその理解でよろしいでしょうか? 稀に異なる場合があるとして、高値から0%になる症例を経験されたことはございますか? 再診断の結果、ホルモン感受性0%だった場合信頼して良いのか不安です。 質問2 非浸潤部と浸潤部のサブタイプ 不一致は微小浸潤の場合でもあり得ますか? こちらについては回答を見つけることが出来ず、質問させていただきました。 重複していたら申し訳ありません。 最診断が術後結果と同じならば、抗がん剤治療を強く勧められております。 田澤先生のご回答で、5ミリ浸潤の場合抗がん剤なしとの記載を読んでいた為、追加治療を行うか迷っています。 ホルモン陽性の場合、ホルモン剤治療は希望したいと考えております。 ■病名:乳癌 ■症状:術後のため症状はありません <女性:31歳>

回答はこちらをクリックしてください。

再発について

[質問] 今更なのですが、 初発と二度目の乳がんは別のがんだと思うが、残っていたがんが出てきた可能性を否定できない。 三度目の乳がんはおそらく別のがんと言われました。 先生は三回とも違う乳がんだと思われますか? 同じがんがホルモン剤や抗がん剤により性質が変わってしまったということもありえますか? 三度目のは二度目の術後療法のACをやる前から嚢胞として存在していました。 パクリタキセル終了後に硬くなってきました。 という事はACもパクリタキセルも三度目には効いていなかったということでしょうか? <女性:52歳>

回答はこちらをクリックしてください。

エコーにうつらないしこり

胸にしこりを感じてほかにもしこりがないか探していたところ乳腺と胸骨柄の骨の上ににしこりを発見しました。 乳がんがあり転移しているのではと焦ってすぐに乳腺外科にいき見てもらったところ乳腺にあったしこりは完全に只の嚢胞なので放置でよく胸骨柄に乗ってるしこりは気にしてグリグリ手で触らないとわからないようなものでエコーにも何もうつっていないので正常な組織を触っているのでしょうといわれました。 石鹸をつけてさわると結構こりっと触れるのですがエコーで異常なければ大丈夫でしょうか? つい、嚢胞が実は乳がんで転移ではと気になってしまいました。 <女性:36歳>

回答はこちらをクリックしてください。

再発後の治療について

【ご質問事項】 ・上記のとおり、今回右胸に局所再発(医師は取り残しとの認識)が見つかり、腫瘍のタイプは初発のルミナールAとは違いトリプリネガティブに近く、トリートメントインデューストにより初発の腫瘍の性質が変化したものではないかと言われました。 今後の遠隔転移及び再々発予防のためにはホルモン療法による効果が期待薄の為、再発後の生存率が10%ほど違う(海外での臨床結果とのこと)という理由で抗がん剤治療(TC)を勧められました。 抗がん剤治療は必要でしょうか?サブタイプが変化しても、局所への放射線治療で十分なのでしょうか? ・もし、抗がん剤が必要であるとすると、薬の種類と投与回数を教えて頂けますか? またエストロゲン、プロゲステロン各レセプターが1%以上の陽性であればホルモン療法を継続すべきでしょうか?そうであるならば、種類を変えた方がいいですか?6年間、ホルモン療法は行いました。 ・局所再発は、前回の手術の取り残しとのことですが、私の場合のように腫瘍のタイプが治療により変化するということはあるのでしょうか? 初発の時から、タイプが混在していて、ホルモン療法が効かなかったものが残ったと考えられますか? <女性:58歳>

回答はこちらをクリックしてください。

抗がん剤と放射線の必要性について

術後病理は下記の通りです。 --------------------------------------------------- 9月中旬、右乳房全摘出、レベル1郭清 40x15x35mm大の病変 IDC, Scirrhous carcinoma, 乳房内転移を多数認める。 管内進展像を認める。 グレード1 Tubular differentiation 2 核異形 2 核分裂像 1 ly1 v1 f(+) センチネル(2/5)、所属(0/9) Ki-67 hot spot 20% ---------------------------------------------------- この病理から抗がん剤(TCかAC+パクリタキセル)を予定しておりましたが 先日、オンコタイプの結果が低リスクのスコア5で出ました。 このスコアを知り、将来妊娠を希望している妻は 抗がん剤をせずにホルモン治療だけにしたいと考えているようです。 ただ、私としては病理診断とオンコタイプの結果の乖離が気になっております。 田澤先生でも、ホルモン治療のみを推奨されますか? ■病名:乳がん <女性:35歳>

回答はこちらをクリックしてください。

筋肉下再発 腋窩リンパ再発

質問なのですが。 ①CT.MRI、エコーでは 筋肉下とか上とかまでわからないのですか?(かなり撮影されてますが。)そもそも新規のガンですか?それとも取り残しと考えた方がいいのでしょうか。 主治医の口から取り残しとは出ないと思います。 ②術前のセンチネル生検で何も写ってないと聞いてましたが、腋窩リンパ5ミリ悪性は本当に映らないものですか?それと予後はやはり不良なのでしょうか? このリンパのしこりもそもそもはじめからあったものなのか?何なのですか? 局所再発のあと遠隔転移→死亡 多いと何かで見ました。 ③そもそも局所再発ですか?転移ですか?レベル3まで郭清してますが、すでに遠くに散らばってそうで毎日怖くて落ちこんでばかりです。 しかも当初新たなガン早期と話が違い過ぎてて。 ■病名:乳がん ■症状:乳癌 局所再発 <女性:50歳>

回答はこちらをクリックしてください。