乳がんは早期発見、早期治療を目指しましょう。乳がん手術は江戸川病院|乳がんプラザ

『乳ガンのQandAコーナー』では、乳ガンや乳腺の疾患に関する質問を募集しています。
皆様からの質問に、日本乳癌学会専門医、指導医の田澤篤先生が回答をしております。
皆様が質問する事で、同様の悩みを持つ「全国の他の誰かの疑問を解決するかもしれません。」質問は下記のフォームから送ってください。
当ホームページにて回答をいたします。
よろしくお願いいたします。

■質問フォームはこちらをクリックしてください。

 
 
 
 


 

 
 

それぞれ5件程度の質問を受け付けます。
曜日 午前 夕方
月曜日 8時から質問受付 18時から質問受付
火曜日 8時から質問受付 18時から質問受付
水曜日
木曜日 18時から質問受付
金曜日 8時から質問受付 18時から質問受付
土曜日 8時から質問受付
日曜日 8時から質問受付
祝日・その他の指定日

 
 

***再質問(2回目以降の質問)の方***
「再質問」をされる方は、
原則として、1週間程度空けてから質問をしてください。


また、前回の回答が公開されているページの
「管理番号」を必ず入力してください。

 
 

過去の『乳がん Q&A』の一覧

 
 
 
 
【新たに管理番号を採番した50件 <タイトル 要旨>】 はこちら
 
 
 
 
【管理番号 1~500 <タイトル>】 はこちら
【管理番号 501~1000 <タイトル>】 はこちら
【管理番号 1001~1500 <タイトル>】 はこちら
【管理番号 1501~2000 <タイトル>】 はこちら
【管理番号 2001~2500 <タイトル>】 はこちら
【管理番号 2501~3000 <タイトル>】 はこちら
【管理番号 3001~3500 <タイトル>】 はこちら
【管理番号 3501~4000 <タイトル>】 はこちら
【管理番号 4001~4500 <タイトル>】 はこちら
【管理番号 4501~5000 <タイトル>】 はこちら
【管理番号 5001~5500 <タイトル>】 はこちら
【管理番号 5501~6000 <タイトル>】 はこちら
【管理番号 6001~6500 <タイトル>】 はこちら
【管理番号 6501~7000 <タイトル>】 はこちら
 
 

 

『乳がん Q&A』質問をした後の【結果(経過)】

『乳がん Q&A』質問をした後の【結果(経過)】 
 
 

更新時間の新しい『乳がんQ&A』 30件 

左の乳がんに関して

①針生検の結果をいただきましたが、英語のためよくわかりません。 見ていただけますか? IHCsubtype luminal A-like ルミナールAタイプということでしょうか? Estrogen receptor (ER):positive, strong, >80% Allred PS:5, Allred IS:3, Allred score (PS+ IS):8 J score: 3b Progesterone receptor (PgR): positive, intermediate, >80% Allred PS:5, Allred IS:2, Allred score (PS+ IS):7 J score: 3b 上記、まったくわかりません。 どのような意味ですか? HER2: score 1+ (弱陽性細胞率が10%程度) これも、わかりません。 ki67(MIB-1)labeling index 12% これは、調べてみると、14%以上になると高値になる(=良くない)のですか? 術後の病理検査結果を見ないと、抗がん剤をやるかやらないかもわからないと言われています。 可能性はどれくらいでしょうか。 ②センチネルリンパ節生検で転移がなくても、実は次のリンパ節にスキップ転移がある場合が稀にあるそうですが、その場合、どのように発見され、治療はどうなりますか? ③まだ術後の痛みが結構あります。 動く時、歩く時、胸が揺れる時、ズキズキします。 いつ頃まで続くのでしょうか?腕を上げるなどの運動は、積極的にやった方が良いですか? ④術後の病理検査結果によって、断端陽性だった場合には全摘の再手術を受けなくてはなりませんか?その覚悟もしなくてはいけないのでしょうか。 局所再発や遠隔転移の心配も考えると、精神的にきついです。 ■病名:左乳がん <女性:42歳>

回答はこちらをクリックしてください。

肝臓、腰椎への遠隔転移、今後の治療について

田澤先生への質問です。 ① 肝転移が微量であれば初めから抗がん剤で縮小させ、そのあとイブランスという選択はありませんか。 ② イブランスが奏効したとして既にホルモン療法を継続しているので、無増悪生存期間は概ね1年程度でしょうか。 ③ イブランスから抗がん剤へ切り替えた後、耐性化したがん細胞を縮小させ、またイブランスに戻れるものですか。 ④ 乳がんの肝転移に放射線療法は困難でしょうか。 ⑤ 標準治療以外に、肝転移の代替治療も視野に入れています。 候補は次のとおりですが、先生でしたらこのような療法をどのようにお考えでしょうか。 ・温熱療法 ・高濃度ビタミンC点滴 ・エタノール注入療法 ・自家がんワクチン療法 ・抗PD-1抗体検査 ・肝動注化学療法 ・がん遺伝子パネル検査による抗悪性腫瘍剤治療        ご教授よろしくお願いします。 ■病名:左乳房湿潤性乳管癌からの骨、肝転移 <女性:61歳>

回答はこちらをクリックしてください。

抗がん剤の順番

6月(上旬)日に右乳房を切除しました。 腫瘍は15ミリ グレード2 リンパ管1 静脈0 リンパ節センチネル3個 ルミナールb ki67 50% 抗がん剤、ホルモン、放射線の治療を言われました。 5月(下旬)日からパクリタキセルを毎週うけてます。 私の性格からか、ECからよりパクリタキセルを勧められました。 でも、色々調べるとECが先で、追加でパクリと出てきます。 私のタイプで、パクリが先は、失敗ではないですか? 毎日不安で、治療にも前向きになれません。 ■病名:乳がん <女性:52歳>

回答はこちらをクリックしてください。

抗がん剤の種類について

10月下旬に左乳房部分切除を受け、先日病理結果が出ました。 45歳です。 母が乳癌で亡くなっています。 硬癌 ホルモン陽性 HER2 1+ 癌は1cm 脈管侵襲 軽度 核異型度 2 ki67 40%(針生検のときのもの、術後は調べてない) ルミナールb 主治医から、 C EF4クールか、T Cかどちら決めて欲しいと言われています。 乳腺科の先生達の中でも意見が分かれているとのことです。 C EFの方が辛くないし、あたしはリンパ転移もないから C EFで良いのではと乳腺内科の先生からは言われていますが、あたしは辛くても良く効くほうがいいのですが‥ 調べているとT Cの方が再発率が低いようなのですが、先生のご意見を伺いたいと思います。 抗がん剤の後は放射線とホルモンの治療を予定しています。 ■病名:乳癌 <女性:45歳>

回答はこちらをクリックしてください。

抗HER2療法のレジメンと化学療法閉経について

質問させてください。 ① 術前化学療法でACを4回投与後、タキサン+ハーセプチン4回、術後にハーセプチン9ヶ月投与の予定です。 アンスラサイクリンは副作用がとても強いようで、仕事ができなくなることを懸念しています。 先生が過去レスでローリスクの抗HER2療法としてあげられていたパクリタキセル+ハーセプチン12回、術後にハーセプチンという選択肢は私の現状でも可能ですか? 術前化学療法をするのは温存を希望しているからです。 ②10月上旬から時々背中が痛みます。 10日ほど前の検査では骨転移の所見は見られなかったようですが、1CTPも高いので、骨転移が進んでいる可能性が高いですか?増殖能が高いがんのようなので。 ③化学療法中は生理は止まると思いますが、終了後も40歳ならそのまま閉経する可能性が高いですか?HER2乳がん初発時化学療法で使える薬の中で、比較的閉経しにくいものはどれですか? ④PETの子宮の集積は、子宮体がんも併発している可能性が高いのでしょうか? (子宮筋腫などの可能性もあるとのことです) ■病名:乳がん <女性:40歳>

回答はこちらをクリックしてください。

局所再発と遠隔転移の治療について

2010年10月、左乳房乳頭状癌、温存手術、放射線治療30回、ホルモン治療、 リュープリン2年、タモキシフェン5年で治療完了 2018年10月再発。 左乳癌術後、局所再発及び胸骨転移、内胸リンパ節転移疑い??(細胞診→CT→MRI→針生検→PET検査を実施?。 左胸の痛みは自覚しています) 8年前に乳がんで温存手術後、放射線治療、ホルモン治療(5年)おこないました。 今回局所再発(左乳房)と遠隔転移(胸骨と内胸リンパ節)が分かりました。 手術はせず、全身治療を優先するとのことで、ホルモン剤と分子標的薬の組み合わせを提示されました。 1.リュープリン+タモキシフェン(8年前の治療と同じ) 2.リュープリン+フェソロデックス+イブランス 3.リュープリン+フェソロデックス+べージニオ 4.リュープリン+フェマーラ(イブランスかべージニオを組み合わせる方法もあり) 5.リュープリン+アナストロゾール プラスして、ランマークかゾナタの併用 ①放射線治療は、8年前に30回おこなっています。 今回の治療では使用できないということでしょうか? ②抗がん剤を使用する必要はないでしょうか? ③病院から提示された中で、どれが良いと思われますか? ④先生は、どのような治療をお考えになりますか? 先生の見解をお聞かせいただきたいです。 <女性:45歳>

回答はこちらをクリックしてください。

両胸、乳頭裏側、アンダーバスの悪性の可能性

半年前(5月)に乳頭陥没に気づいて病院でマンモとエコーをしましたが「問題なし」と言われて見つけてもらえませんでした。 自己触診と観察を続けて今月始めに、別の病院を受診してすぐ針生検をして右胸乳頭下に1.2cmと1.4cmの浸潤ガン2個の診断がでました。 今は手術をする病院で術前検査(CT、MRI)をしているところです。 針生検(11/9)から2週間後に右アンダーバスのあたりに小豆大のシコリを見つけました。 触ると皮膚が痛いので違うと思いますが… これもガンという可能性はあるでしょうか? それと2、3日前に左胸を触っていると乳頭横に硬い所がありました。 12/(上旬)エコーをするときに伝えるのですが、同時に両胸に見つかったという人は今までにいらっしゃいましたか? また、MRIで乳頭の裏側にも腫瘍が見つかったという人はたくさんいてましたか? 1.2cmの方が乳頭に近いので全摘で同時再建を考えています。 12/(上旬)に手術日と術式の説明を受ける予定になっていますが、それまでの時間が長く不安で落ち着きません。 ■病名:乳癌 <女性:42歳>

回答はこちらをクリックしてください。

浸潤性乳癌早期の化学療法について

質問なのですが、 ①私の状況でタイプも何も分かってない状況で本当に抗がん剤は必要ないのでしょうか。 ②1年4ヶ月で8㎜の大きさは進行が早いのでしょうか。 ③エコーで7×8㎜のものが、手術をして組織を取ったら1cmを越えていたという事はよくある事でしょうか? ④エコーで見える腫瘍の大きさが手術後の組織検査をした時の浸潤径と同じくらいと考えてよいのでしょうか? ⑤もし、手術後に腫瘍の大きさが1cm以内だった場合、トリプルネガティブや抗がん剤が効く型であれば先生でしたら、抗がん剤を勧められますか? ■病名:浸潤性乳癌 <女性:46歳>

回答はこちらをクリックしてください。

非浸潤癌の標準治療が行われなった。

非浸潤ガンの日帰り手術をしました。 標準治療のセンチネルリンパ節生検をしないのかと尋ねたら、エコーを見せながら大丈夫だからとそのまま手術となりました。 手術前の検査はマンモ・エコー・MRI・簡単な血液検査のみでした。 乳がんの専門医で、認定関連施設にも登録されているので信用しているのですが、本やネット書かれている標準治療と違うので不安になっています。 これでいいのでしょうか。 ■病名:非浸癌再発? <女性:53歳>

回答はこちらをクリックしてください。

右 脇 しこり

脇の下をしっかりと触ってみたところ、右脇の下に1cm位のしこりを発見しました。 病院へ伝えたところ 「今の時点では転移していないから、心配しすぎないように。」との返答で、あまり親身に掛け合ってもらえませんでした。 左乳がんですのに、右脇の下に明らかなしこりがあります。 以前から背中が張っていましたが、最近は背骨の骨の痛みが強く、湿布を貼らないと、しんどいです。 鼠径部も痛みを感じることもあり、すでにリンパにのって、全身に散らばってしまっているのではないかと大変不安に思っています。 エコー検査でしっかりと診てもらっていると思うのですが、検査後すぐに発見したしこりは、検査の見落としか、 検査後に転移したものなのでしょうか? ■病名:左乳がん 非浸潤 ■症状:右脇 しこり <女性:40歳>

回答はこちらをクリックしてください。

男性乳がん

父(72歳男性)に関する質問です。 状況からご説明させていただくと、父は数ヶ月前から胸にしこりがあることを認識していました。 ただ、女性化乳房という症状があることを知っていて、その症状であろうと考えていたようで、しばらく受診はしておりませんでした。 ところが、ここ2ヶ月ほどでしこりが固く大きくなった感覚があり、また痛みを伴うようになったため、紹介状をもらって先週病院を受診しました。 しこりは左胸の乳首の下あたりで硬貨大であり、痛みに関しては、押したり服が当たったりすると痛むようです。 また、左だけのしこりと痛みだったものが、ここ2週間のうちに、なんとなく右も痛む気がするそうです。 なお、血縁に乳がんを経験したものはおりません。 先週行った検査は、触診、エコー検査、レントゲン検査、血液検査です。 血液検査で炎症反応は出ていなかったそうですが、触診、エコー、画像の結果、「女性化乳房ではなく悪性の癌の可能性がある(何%とは言われなかったようです。)。」と判断され、一週間後に、局部麻酔をかけて細胞をとる検査を行いました。 生検結果は1週間後であり現在結果待ちとなっておりますが、検査直後の医師との会話では、既に手術をする場合はこうである、といった類の話をされ、次回の検査結果は家族同伴で来るようといわれており、患者側としては、既に医師が悪性を確信していると捉えざるをえないような対応だったようです。 そこで質問ですが、エコーおよび画像の結果のみで悪性であると、医師がほぼ確信を持つことはありえるのでしょうか。 また、画像やエコーの結果では、悪性の可能性が高いと診断された場合でも、細胞をとる検査の結果、女性化乳房であった、というような可能性はありえるのでしょうか。 もうほぼありえないと考えた方がよろしいでしょうか。 <男性:72歳>

回答はこちらをクリックしてください。

1年でしこり1.1cm

今日近所のクリニックに定期乳がん検診に行きました。 検査して頂いたのは産婦人科の先生です。 エコー、マンモともにしこりがありエコーで血流が気になるから乳腺外科で詳しく調べた方が良いと言われました。 10日後に検査には行きますが、本当に怖いです。 私が見たしこりの画像は丸っぽく薄白いものでした。 とはいえ、気が動転していてマンモの画像しか見れていません。 石灰化は無いと言われました。 ですが大きさは1.1センチとのことで左胸上部(内側)に見つかりました。 去年の10月はエコーの検査でしたがその部分にしこりはなかったです。 マンモは2014年と2016年夏に行っています。 (この時はマンモ、エコーセットです) 怖くなったので、検査してくださった先生に乳がんですか?と聞いたら嚢胞みたいな感じで言われたのですが 詳しいことは何もわかりませんでした。 その後、乳がん検診してました?と聞かれ、このクリニックで去年エコーしましたと伝えました。 マンモは別の乳腺外科で2017年に撮りましたと伝えました。 1年で1センチということは悪性でしょうか。 ■症状:胸のしこり <女性:43歳>

回答はこちらをクリックしてください。

アポクリン癌の抗がん剤治療について

質問です。 ① 浸潤径が20mmを越えると思われるのにマンモトーム生検で浸潤癌が取れないというのはよくあることなのですか? マンモトーム生検でも非浸潤しか取れなかったため非浸潤の可能性があるといわれていたのですが、アポクリン癌=浸潤癌とのことで、突然20mmを越える浸潤癌と言われて困惑しています。 非浸潤しか取れてないというマンモトーム生検でアポクリン癌と言われたのですが、 アポクリン癌=浸潤癌というのはどういうことでしょうか? ② ki-67の値は出されていません。 担当医からはki-67はルミナールタイプの予後因子にはなるが、トリプルネガティブの予後因子とはならない。 と言われましたがそうなのですか? ③ 私のようなトリプルネガティブのアポクリン癌でリンパ節転移がなく、ki-67が低かった場合でも、浸潤径が20mmというのはやはり抗がん剤をするべきでしょうか? ■症状:アポクリン癌 <女性:42歳>

回答はこちらをクリックしてください。

今後の治療法について

主治医から今後の治療方針として、抗がん剤(TC 3w/4クール)+ホルモン治療をすすめられました。 (年齢、リンパ管侵襲、ki67の数値、グレード2 ルミナールタイプだがリスクが高いからとの事でした) ki67の数値がグレーゾーン、リンパ節転移2個…という事で私としてはホルモン療法単剤で…という思いが強くあります。 出来れば抗がん剤は避けたい…と思っているのでオンコタイプDXの事を聞きましたが、閉経前でリンパ転移があるので適応ではないと言われました。 <女性:47歳>

回答はこちらをクリックしてください。

術前抗がん剤

そして、手術の日程が決まると思っていたのですが、術前抗がん剤をするかもと言われました。 (今週の水曜日にチームミーティングで決まります)初診では、リンパ節に転移がなければ、化学療法はないかもということでしたので、予想外の展開にショックを受け質問もあまり出来ないまま病院を後にしました。 術前抗がん剤にする理由は、腫瘍の位置が乳房の下部で手術後、乳房の形をきれいに残せない。 (ので小さくして手術したいということなのでしょうか) 後しきりに君は若いので将来の為にも、抗がん剤をしたほうがよいと言われました。 私としては、乳房の形のみの理由で術前にやりたくない、全摘でも構わないと次の診察日に言おうと思っています。 先生への質問は、Q&Aでも仰っている通り、私は術前抗がん剤、絶対的適応に含まれていないですよね? そもそも、私のようなルミナールタイプは抗がん剤治療は必要なのでしょうか? まだKi67がわからないので、この値次第なのでしょうか? 最後に先生に手術してもらうのは、今から予約すると2か月位待つことになりますか? もうすでに初診から2か月経ってしまって、もう病院を転院する時期ではないとわかっているのですが、今の病院のあまりのずさんな対応に任せたくないのが正直な心の気持ちです。 ■病名:浸潤性乳管癌 ■症状:胸のしこり <女性:44歳>

回答はこちらをクリックしてください。

ca15-3 上昇

質問させていただきます。 ①CEAとCA15-3両方上昇している原因は遠隔転移でしょうか? ②術前CA15-3は29.5高値で、その時点で既に遠隔転移していたのでしょうか? ③手術直後に腫瘍マーカー測定しなかったので、自分の基準値はどう判断すれば分かりません、どう考えれば良いでしょうか? ④タモキシフェンを服用しているにもかかわらずCEAとCA 15-3値が上昇を続けているのは薬が効いてないでしょうか?(12月上旬 エストラジオール1222pg/ml)ほかの薬に変えるべきでしょうか? ⑤主治医が1カ月後のもう一回の血液検査で上昇していた場合に全身検査しますと言っていました。 田澤先生は全身検査でどんな検査すれば良いと考えますか?又はすぐ検査した方が良いでしょうか? ■病名: 右乳がん(粘液がん) ■症状: 術後6カ月 CEAとCA15-3上昇 <女性:50歳>

回答はこちらをクリックしてください。

肉芽腫性乳腺炎

11月頭 A病院にてマンモグラフィ、エコーをみて「肉芽腫性乳腺炎か乳ガン」と診断。 B病院を紹介される。 B病院にて 針生検、マンモグラフィ、エ コーをみて「乳輪化膿瘍」と診断。 切開。 2回通院で治療終了。 しこりが残ってる事を伝えても終わりとのこと。 再度 A病院でしこりが残ってる事を伝える。 「肉芽腫性乳腺炎」と診断。 抗生物質で様子を見る。 12月(中旬)日 ステロイドで治療はしないのか聞いてみたところ 副作用が気になるからと このまま抗生物質で様子を見ることに。 今は 落ち着いてますが もし 膿が酷くなるようなら切開をすると言われてます。 質問は 先生は ステロイドでの治療を推進してますが 患者さんにもよると思いますが 副作用とは そんなにひどいものなのでしょうか。 乳首の左のしこりが皮膚を破って出てくるかも知れないと言われてるのですが肉芽は 皮膚を破って出てくるのでしょうか。 出てきた場合 手術になるのでしょうか。 ■病名:肉芽腫性乳腺炎 ■症状:しこり、膿、たまの乳房痛 <女性:35歳>

回答はこちらをクリックしてください。

しこりor湿疹?

45歳 会社員です。 10月(下旬)日に 右胸の脇、 脇の下からは 7~8センチ下の部分に、 赤い発疹ができて 時々かゆみがありました。 手で触るとしこりがあるのですが、 目に見えて隆起しているので、 湿疹だと解釈しています。 ・・・というより、 「しこり」と解釈するできか、 「湿疹に伴うでっぱり」と 解釈するべきかも よくわかりません・・・。 <女性:45歳>

回答はこちらをクリックしてください。

術前抗がん剤中のしこり

授乳期に無くならないしこりが気になり検査を受けた所乳がんと診断されました。 しこりは1.2cmと1.8cmの2 個で(大きい方だけ針生検?バチンとなる物)トリプルネガティブ・ステージ1・リンパ転移なしです。 手術と抗がん剤どちらからでも良いと担当医に言われ、 術前抗がん剤を選択しドセ4回・FEC4回の抗がん剤治療中です。 ドセ3回目前のエコーで小さいしこりは消えたのですが大きいしこりが2.6cmになりFECに切り替える事になりました。 その後FEC2回目の時の血液検査で白血球が足りず3週間延期。 その後3回目をし4回目前のエコーで2.3cmに 縮小していたのでFECを続ける事になりました。 5回目前に風邪を引いてしまい3週間延期になりその後5回目・6回目を受けました。 7回目前のエコーでしこりが3.8cmになっていて、リンパも怪しいと言われ手術先行になり、現在は手術前検査を終えて結果待ちをしています。 質問ですが、私には抗がん剤が効かず短期間でしこりが急激に大きくなってしまったのでしょうか?3週間の延期が2回あったので効果が薄れたのでしょうか? 私の様に抗がん剤中にしこりが急に大きくなった方は他にもいるのでしょうか? 副作用は軽かったものの脱毛・病気前よりも体が弱ってしまい精神的に辛い思いをしているのに効果がなくとてもショックを受けています。 しこりが急に大きくなったので他の臓器に転移がないか心配です。 転移してる可能性はどれくらいありますか? 結果を聞くのが怖いです。 抗がん剤が効かない場合、予後はとても悪いんでしょうか?再発率は高いですか?再発した場合ドセ・FECが効果なしだったので他に使える薬はあるのでしょうか? 子供達がまだ小さいので自分は後どのくらい生きれるのか毎日考えてしまいます。 再建を希望しているのですが、術後落ち着いてから再建はできるのでしょうか? ■病名:乳がん <女性:33歳>

回答はこちらをクリックしてください。

非浸潤性小葉ガン

先月、右乳の浸潤性小葉ガンの乳房温存術とセンチネルリンパ節生検をしました。 術後の病理検査結果で、浸潤性小葉ガンの腫瘍はは切除範囲で取りきれてました。 しかし、同乳で、非浸潤性小葉ガンが多発に広がり断端にも認められました。 術前検査では非浸潤性小葉ガンは画像上は確認できず、術後の病理検査で初めて分かった次第です。 主治医としては、放射線プラス経過観察か全摘手術かを検討してくださいと言われてます。 現在はノルバデックス服用のみです。 ネットで調べると非浸潤性小葉ガンはガンの前身だから経過観察でも良いとか、ガンという名がつくのであれば取り除くべきだとかハッキリしないのかなと。 心配なのは、この非浸潤性小葉ガンが多発性であり、このままだとま左乳にも影響を及ぼすのでは?と心配です。 ■病名:浸潤性小葉ガンと非浸潤性小葉ガン <女性:46歳>

回答はこちらをクリックしてください。

分泌液

左の乳首からはたまに 白い液体が出て右からは 白い液体といつも同じ穴から 黄色で透明な液体が出ます 下着が汚れたりはなく絞れば出る感じです。 これは心配するものでは ありませんでしょうか? これは先生がおっしゃる単孔にはあてはまりませんか? 下の子が卒乳してから2年8カ月経っています。 1か月前に受けたエコー、 マンモグラフィーは問題なし でしたが両側の乳管が開いていると言われました。 この液体は心配いりませんか? ■症状:左からたまに白い液体、右は白と決まった穴から黄色透明の液体 <女性:28歳>

回答はこちらをクリックしてください。

手術先行できないのか?

この乳がんプラザでよく見る 効果を確かめられる トリプルネガティヴだから という言葉と、 手術先行できなくない と言われたので、本当は手術できるのではないかと思ってしまいます。 私は全摘で良いと伝えてもあります。 本当は田澤先生に手術していただけないかと思っていますが、遠方の為術後の通院についても地元で可能かわからず、どうして良いかわからなかった為、来月田澤先生にセカンドオピニオンを予約させていただきました。 主治医に次回治療方針についてPETの結果と共に話がありますが、確認しておいた方が良い事はありますでしょうか? 田澤先生に手術お願いできるとしたら、いつ頃になるのでしょうか? ■病名:右 乳がん <女性:42歳>

回答はこちらをクリックしてください。

胸椎転移の今後の治療

2017年3月に第3子妊娠中の乳がんが判明し2017年5月に出産、左乳房切除術を受けました。 術前のCT検査では遠隔転移はありませんでした。 術後病理結果は ホルモン陰性、HER2(3+) 浸潤部23×16×20mm 硬癌、NG(3)、HG(3) センチネル2/7(2mm、0.5mm) でセンチネルリンパ節生検のみでした。 術後治療はFEC×4、ドセタキセル+ハーセプチン×4、ハーセプチン×13を2017年7月から行い2018年9月までおこないました。 先月2018年10月に肋骨と背中が痛み自宅近くの整形外科に行ったところ胸椎が圧迫骨折しており、脊柱に複数骨転移していることが判明しました。 臓器には転移しておりません。 <女性:44歳>

回答はこちらをクリックしてください。

乳がん転移について

月日は流れ先月末ふと胸を触ると大きめのしこりがあり、蒼白になり予約無しで即日診てもらえる市民病院へ。 (初めに診てもらった病院は予約しないと診てもらえないので。)乳頭の斜め下辺りに1.5センチのしこりがあり、MRIと生検をした結果、乳がんと告知されました。 何故気付かなかったのか、とてもショックでこの1年9カ月何を診てもらっていたのか、ドン底に突き落とされました。 食欲もなく2キロ減っていました。 息を吸ってもなかなか入ってこない 息苦しさや、背中、脇の鈍痛、肩甲骨、胸の真ん中の痛み、肋骨などが痛み、体もだるく、微熱もあります。 骨や肺に転移してるのか?とても不安です。 ■病名:乳がん <女性:40歳>

回答はこちらをクリックしてください。

診断に影響しますか?

質問①エコーとマンモグラフィーで異常ない。 と言われましたが、上記のレクサプロとデパスを飲んでいること、生理がまだ来ていないことを先生に伝えませんでしたか、伝えないことで診断結果がくつがえったりしませんよね?? 質問②レクサプロとデパスを飲んでいようが、生理が遅れていようが、診断結果は異常ない。 と思っていて大丈夫ですか?? また、マンモグラフィーの結果で石灰化が5つ以上集まっていると危険信号と言われました。 私の場合も数個ありましたが貴方の場合は違う角度から見たら集まっていないし大丈夫と言われました。 エコーでもしっかり見た大丈夫。 と言われました。 技師さんではなく先生がエコーしてくれましたし、担当の先生を信じて大丈夫と思って良いですよね? 質問③マンモグラフィー石灰化って5つ集まっていると危険信号なのですか? 私の場合はよく見たら集まっていないと言われましたが、1つでも石灰化があれば念のため他の乳腺科を受けるべきなのですかでしょうか?? ■症状:石灰化 <女性:41歳>

回答はこちらをクリックしてください。

エコー 二センチ 2つ 生検しました

7月末に超音波とマンモをしました。 左側低エコー 二センチ以内 二個 要検査と結果がきました。 要検査がこわく、病院が混んでるということを理由に診察も行かなく、先週、要検査 超音波エコー マンモうけなおしてきました。 結果 生検しましょうと。 その時の先生の表情が怖く何もきけませんでした。 私自身心臓もバクバクです。 私が授乳を右で主にしてたから左にしこり(自分ではきずかなかったです)できたのかな?というと、違いますといわれ、生検の結果は二週間後ということで、まだ、結果はきけてませんが。 転移は大丈夫かなとか悪いほうに悪いほうに考えてます。 ■病名:左乳癌 <女性:42歳>

回答はこちらをクリックしてください。

術後の治療について

私としてはルミナールBで、抗がん剤もするとしたらTC4回になるだろうと思っていたので、正直悩んでいます。 また、術後の病理検査でホルモン感受性やHER2・Ki67を術後調べてないことに不安になっています。 なぜ調べてないか聞いたら、数値が変わっても治療方針が変わることはないから、という回答でした。 今回田澤先生にお聞きしたいのは、 術後の病理検査の結果でサブタイプが決まって、 治療方針が決まると思うのですが、再度調べてもらうか、オンコタイプを依頼するか迷っています。 先生はどう思われますでしょうか。 術前から抗がん剤はやることになるだろうと思い、覚悟はしていたのですが、、、副作用などが怖く不安です。 それなのに術前の結果で抗がん剤が決まってしまい、このまま治療に入っていいものかと心配です。 数値ではっきり抗がん剤すべきと出たら、頑張れると思っています。 来月頭からECスタート予定です。 ■病名:乳がん <女性:42歳>

回答はこちらをクリックしてください。

全身がんという考えについて

今、マンモグラフィで引っかかり、生検待ちの者です。 よろしくお願いします。 私の場合は、集ぞく性石灰化で、がんだとしても早期とは思っていますが、最近は、 がんの性質により、早期だとしても全身にとびちっていると考えられている、という情報を複数見ました。 先生は非浸潤がんなどの早期であれば、無治療という過去に回答も行なっていますが、早期に飛散しているかもしれない全身がんという考えについて、まさしくそうだと思われますか?微細なうちに抗がん剤をすれば、再発や転移の心配もないのかとおもうのですが、不要だと思いますか? ■症状:石灰化 <女性:41歳>

回答はこちらをクリックしてください。

遠方からの継続治療について

先日乳がんと診断され、色々とネットで調べています。 友人にこのサイトを教えてもらい、この度は質問させていただきました。 先月自己検診で、右胸にパチンコ玉のようなしこりを見つけました。 翌日に近所の乳腺専門のクリニックを受診、医師によるエコーの検査を受けました。 1.7センチのしこりがあるといわれ、造影のMRIを受け、結果はほぼ乳がんで間違いないと言われました。 昨日バネ式生検をして、結果は10日後に出ます。 生検の結果により術後の治療メニューを決めるということでした。 今は手術や今後のことを考えると不安な気持ちでいっぱいです。 今のクリニックで手術する場合、先生が総合病院に行き執刀してくれるそうですが、その後の化学療法、放射線治療はそのまま総合病院で受けることになるそうです。 このQ&Aを見ていると田澤先生の回答や手術を受けられた方の感想から、とても信頼ができる先生だということが伝わります。 私も田澤先生に手術をしていただきたいという気持ちが強くなってきて、このまま今 のクリニックで手術を受けるか、田澤先生にお願いするか迷っています。 もし先生に手術をお願いする場合、手術はいつ頃になりますか? かなり先になりそうでしょうか? またその後の化学療法などの治療も通えるなら通いたいですが(関西)からでは難しいでしょうか? シングルマザーで仕事もあるため、実際に可能かどうかが想像できずに迷っています。 ■病名:右乳がん ■症状:右胸に1.7cmのしこり <女性:39歳>

回答はこちらをクリックしてください。

抗がん剤(点滴)にアレルギー症状が出た今後について

11/(上旬)乳癌で全摘手術しました。 Ki167値 20~30% HER2 - ホルモン感受性 ER PgR あり Aに近い ルミナルBタイプ・HER2陰性 リンパ節転移なし と診断され、12/(上旬)に1回目の化学療法をしましたが 血圧、酸素濃度低下、息苦しさのアレルギー症状が出て中止となりました。 今後は飲み薬を2年間続けると言われました。 通常の治療が出来ない事に驚き、ショックを受け、 友人の勧めもありこのサイトに相談させていただくことにしました。 本当に点滴ではもう出来ないのか、 どういった薬が有効なのか、本当に必要なのか、迷っております。 どうかアドバイスお願い致します。 ■病名:乳癌 ■症状:術後 <女性:58歳>

回答はこちらをクリックしてください。