Site Overlay

7月29日(木)④ 2件の乳がんQ&Aを更新しました。【7/19受付分の一部】

乳がんに関するQ&Aを更新しました。

 

モデルナワクチン接種後(一週間後)からの腋窩リンパ節の腫れについて   [管理番号:9585]
7月(上旬)日にモデルナワクチン1回目を接種し、その後一週間後くらい脇の下にゴロッとした筋のようなものを感じたため、乳腺外科を受診しました。
(今年の5月中旬に乳がん検診は受診していて、エコーで異常なしでした。)
乳腺外科の先生に脇の下を直接エコーしてもらったところ、4センチの正常リンパ節と言われ、そのうち小さくなりますよとの診断でした。
その大きなリンパ節の隣にも腫れたリンパ節ありますねとエコーを見ながら教えたいただきました。

サイズがとても大きいのですが、エコーで先生が見て正常リンパ節と言われたら本当に心配はいらないでしょうか?
<女性37歳> ……【詳しく読む】モデルナワクチン接種後(一週間後)からの腋窩リンパ節の腫れについて

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

妊娠中の術前化学療法とその後の治療計画について   [管理番号:9584]
質問は下記です。

1)出産後は、AC残り2クール→ハーセプチン、パージェタ、ドセタキル×4回→手術という治療計画ですが、少しでも手術の時期を早めることができるのであれば、術前化学療法の全工程完了を待たずして、手術を前倒しで行う方が良いのでしょうか。

もしくは、エコーで1クールごとに経過観察し、腫瘍が大きくなっていない(薬が効いていない様子がない)ようであれば、計画通り、術前化学療法を全て行ってからの手術でも問題ない(=手術を早めても早めなくても予後や転移率に変わりはない)と考えて良いのでしょうか。

2)もし手術を前倒しで行う場合、何回か化学療法を行った上で手術することになるので、化学療法を開始する前と比べて、ステージやサブタイプが変わる可能性があるかと思いますが、その場合も、術後の化学療法は、化学療法前のステージとサブタイプを基に行った方が良いのでしょうか。

つまり、当初の術前化学療法のメニューを変えずに、術後も続けていくということで良いのでしょうか。

私の取り越し苦労かもしれませんが、術前化学療法の途中で手術を前倒しで行いたいと担当医に申し出た場合、化学療法の成果が中途半端にしか分からず、術後の治療方針の決め方(特にカドサイラを使うかどうか)に影響が出るなどと言われるのではないかと憂慮しています。
■病名:乳がん
<女性35歳> ……【詳しく読む】妊娠中の術前化学療法とその後の治療計画について

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

Scroll Up