Site Overlay

6月5日(金)③ 2件の乳がんQ&Aを更新しました。

乳がんに関するQ&Aを更新しました。

 

ホルモン治療について   [管理番号:8579] 
浸潤癌
リンパ節転移なし
0.3cm
グレード1
ki67 10未満
脈管浸潤なし
HER2 1 FISH法-
ホルモンレセプター
ER + PGR +
閉経前

先月に温存手術をしました。

来月に放射線治療になります。

タモキシフェン5-10年内服予定で
放射線治療までの1ヶ月間内服します。

放射線治療後には、リュープリンをしましょうと主治医の先生からお話ありました。

しかし、先日同じ病院の先生を受診したら、
リュープリンはしなくてもいいかもという内容でした。

田澤先生、私はホルモン治療は、
タモキシフェンのみを選択して良いでしょうか??!
■病名:乳がん
<女性:46歳> ……【詳しく読む】ホルモン治療について

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

非浸潤性乳管癌(皮膚温存乳房切除手術)のホルモン治療について   [管理番号:8604]
主治医からは癌の広がりが大きかったこと、グレードが3と悪いこと、切除断端と癌が接近したことを考えると対側予防のためホルモン治療を5年間を勧められました。

主治医からの説明を受け疑問に思い、先生にお聞きしたいことは、
①切除断端と癌が接近していると再発の可能性が高いのか。

(主治医より陰性の場合よりも再発は高いと言われました。)
②非浸潤がんでもグレード3だと浸潤癌に近いと言われたのですが、その通りなのでしょうか。

③ホルモン治療は不要でしょうか。

(副作用のことを考えるとできればやりたくないと考えています。)
■症状:非浸潤性乳管癌
<女性:41歳> ……【詳しく読む】非浸潤性乳管癌(皮膚温存乳房切除手術)のホルモン治療について

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

江戸川病院 東京都江戸川区東小岩2-24-18 電話03-3673-1221
Copyright © 2020 乳がんプラザ. All Rights Reserved.
Scroll Up