乳がんは早期発見、早期治療を目指しましょう。乳がん手術は江戸川病院|乳がんプラザ



乳がんに関するQ&Aを更新しました。

 

原発部と反対側の鎖上リンパ転移   [管理番号:7281] 
■質問
①右脇創縁外側のしこりは局所再発とのことですが、
全摘後の局所再発ということは、乳腺の取り残しということでしょうか?
もともとあった腫瘍が急速に増大したと考えるほうが自然でしょうか?
リンパ節レベル3まで郭清しているため、理解しかねます。

②左鎖上リンパに転移を疑う集積(PETの結果)
これは右腋窩リンパ節に残っていた目に見えないがん細胞が、リンパ管に乗って転移したということでしょうか?

③治療方針について
上記を総合的に考えて、
右脇創縁外側のしこりと左鎖上リンパ転移部の局所治療(手術/放射線)を実施するメリットはありますか?
それにより根治の可能性はないのかなと。

(せっかく現時点で臓器/骨への転移が見られないのに、今見えている腫瘍をとらないと、
そこから他臓器への転移が進むのではないかと、危惧/想像してしまいます。)
主治医からは
・局所治療はあまり意味がなく、全身治療を優先。

・全身治療後に腫瘍が消えたとしても、局所治療のメリットはない
と言われています。
■病名:乳癌
<女性:35歳>

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。