乳がんは早期発見、早期治療を目指しましょう。乳がん手術は江戸川病院|乳がんプラザ



乳がんに関するQ&Aを更新しました。

 

悪性の疑いと今後の検査治療   [管理番号:7089] 
2013年に近くの個人病院で、右胸の石灰化で総合病院を紹介されました。

総合病院で注射器で組織を取りましたが、
良性か悪性か判別出来ないため、プローベという外科生検を実施して悪性ではありませんでした。

それ以降、半年に一度総合病院で検診を受けていました。

2018年11月26日に今度は左胸に超音波で丸くないエリアがあり、主治医から、大したことないと思うけど念の為調べますか?と聞かれたためお願いして12月(中旬)日に注射器でパチンと音がするもので組織を取りました。
12月(下旬)日に結果を聞きに行った結果、悪性の疑い(suspicious of malignancy)で、壊死の箇所が見えるという文字が見えて、
2019年1月(中旬)日にまたプローベという外科生検になり、(下旬)日に結果が分かる予定です。
その時主治医が見返した画像では
大きさは、6ミリから1cmカラーの超音波で赤い線が中央にありました。

この乳がんプラザのQ&Aを読むにつれ、手術をお願いしたい気持ちが出てきました。
ただ、今後、造影MRなどの検査があると思うので、今の病院で、どのタイミングで転院の相談をしたらいいか、術後の治療もあると思うので、それをどのように手続きしたらいいか相談させてください。

また、江戸川病院様での手術日程にタイミングよく入れるのかという心配もあります。

手術希望メールがあるのは、承知しております。
■病名:悪性 腺がんの疑い。
<女性:50歳>

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。