乳がんは早期発見、早期治療を目指しましょう。乳がん手術は江戸川病院|乳がんプラザ



皆さん、こんにちは。

日々の仕事に追われると、つい「後回し」となってしまうことがありますよね(言い訳です)

今回、週刊朝日ムック「手術数でわける いい病院2020」調査が来たので、この機会に2018年分を集計しました。

集計しながら感じたのは

1.腋窩鎖骨下郭清の数が増えた

これは、私が「腋窩及び鎖骨下郭清」についてコラムしている影響でしょう。

2.転移性乳癌の手術症例が増えた

地元で「転移があるから手術できない」と言われた患者さんの手術も多い。

3.術前抗がん剤は、「小さくして温存」ではなく、「手術不能⇒抗がん剤⇒手術可能」という目的が殆ど。

「ある種の病院」のように、「TNだから」とか「HER2陽性だから」とか「リンパ節転移があるから」などという『理不尽な理由』で術前抗がん剤をしないことに変わりはありません。

『小さくして温存したい』というよりは(大きいのならば)『早く手術して取ってほしい』という患者さんが増えているように感じます。

 

2018年の手術実績はこちらをクリックしてください。