乳がんは早期発見、早期治療で治せる癌です。乳がん手術は江戸川病院|乳がんプラザ

 

市川土曜日外来に(生検だけを行う)「生検(MMTE, CELERO)枠」を創設しました。
メディカルプラザ市川駅

 

対象

他院で「小さいから(生検できない)」とか、「生検しても(『外しているかもしれないから、3か月後ね』などと、言われている)」など、不安を抱えている方

 

コンセプト

他院との差別化

(「乳房痛」や「検診要精査」など他院でもできる診療の予約幅を圧縮して)当院でこその生検Qualityを提供。

♯ 私は「手術」や「生検」など(自分で行う)手技が好きなのです。

 

きっかけ

たまたま8月に「小さな腫瘍」の患者さんが3名続いたので印象に残ったのです。

それでは、以下に紹介しましょう。

 

症例1

近医で「小さいから、生検は上手くできない。だから(生検せずに)半年後に経過観察としましょう。」と言われた50代

この方は(この「無意味な経過観察」を)疑問に感じて、(自ら、前医に紹介状を頼んで)市川を受診。

 

症例2

検診エコーで「小さなしこり」を指摘された60代

この方は(珍しく)その検診機関で(そのまま)細胞診してクラスⅤとなったうえで紹介受診。

♯ 検診機関で、この大きさ(5mm)を細胞診すること自体珍しいといえます。

 

症例3

小さなしこりを自覚した50代

この方は自己検診で見つけました。

「痩せた方」であることと、「乳腺の端の端」にあったことで、この大きさ(4mm)のシコリを自覚できたようです。

実際にエコーしても(乳腺のない皮下の層であり)「乳腺内のシコリかなぁ?」と迷う程度のものでした。

 

特に3は特に小さく、MMTEしたら何も無くなってしまう(場所が解らなくなる)ことが予想されたため、「乳頭から〇cm上、△cm外側」などとメモしています。

 

画像

症例1)

 

エコー像

小さい(5mm)とはいえ、「不整型」「辺縁不整」です。

浸潤性乳管癌(乳頭腺管癌)でした。

 

 

 

 

MRI像 (MMTE後)

腫瘍は全く写っていません(右端に乳頭、他は血管が白く造影)

 

手術病理 (MMTEで浸潤部分は獲り切れており)非浸潤癌が少量のみ残存

術後療法

浸潤径5mm未満→(ホルモン療法も無)無治療

広がりも極めて小さく放射線も省略

 

症例2)

 

エコー像

5mm

症例1)の比べると辺縁が整(ギザギザしていない)ことが解ります。

管状癌(特殊型)でした。(乳がんの中でも最も大人しい部類)

 

 

 

MRI像

非常に限局した拡がり

病理所見も(このMRIどおり)極めて限局していました。

 

 

 

 

 

症例3)

 

US像

非常に小さい(4mm以下)ですね。

このレベルだと「何かある」程度の認識しかできません(質的評価困難)

 

 

 

MRI像

?の部位に僅かに造影あり(位置的に一致)

 

手術病理 癌の残存なし

これだけ小さい病変だとMMTEで(癌の部分は)全て取り切れてしまったのです。

当然、術後無治療です。

 

フォーム

【確定診断(生検)申込フォーム】はこちらをクリックしてください。