Site Overlay

全摘出&再建のメリット、デメリット

[管理番号:276]
性別:女性
年齢:42歳
こちらは急がないので他の緊急性の高い質問を優先してください。
宜しくお願いします。
表題の通りですが、全摘出&再建のメリット、デメリットを調べています。
1期の浸潤ガンと言う診断で、
ホルモン適性等は検査結果待ちなのでわかりません。MRIもこれからです。
浸潤性が高いと言われる硬ガンなので、再発にビクビクするよりは全摘出を考えています。
ただ、術後のQOLに関する情報がなかなか見つかりません。
個人ブログでは、安易に全摘出を選択したけど、ブラジャーができない、痛みがある、等の悩みもあるような記述があります。
私はソコソコ胸にボリュームがあるので、片方がないとかなりバランスが悪いですし、ひきつれ等が残るとしたらやはり躊躇します。
背中やお腹の筋肉を使ってキレイに再建でき、痛みも残らなければベストですが、
健康な部位を切ることが気になりますし、また、その後の後遺症によっては後悔するかもしれません…
全摘出のあとは、やはりしんどいものでしょうか?
 

田澤先生からの回答

 こんにちは。田澤です。
 「1期の乳癌」で「温存より、全摘を検討されている」との事ですね。
 それでは回答します。

回答

「浸潤性が高いと言われる硬ガンなので、再発にビクビクするよりは全摘出」
⇒勘違いされているかもしれないので、一応確認してもらいたいのは、

  • 「硬癌は比較的、乳管内進展は目立たず、また(小葉癌のように多発傾向はなく)温存しやすい」ことと
  • 「全摘が温存より優れている点は、乳房内再発が無い点であり、(全身的な)遠隔再発には差が無い」ということ

 
「QOLに関して」

  1. 乳房切除(全摘)のみの場合(乳房切除+センチネルリンパ節生検)
     後遺症は殆どありません。
     「質問者の場合は特に」Ⅰ期であり、「センチネルリンパ節生検のみ」となると思われます。
     コレ自体は(拍子抜けする位)術後、不便は感じないでしょう。
    ※ちなみに、この手術は江戸川病院では3泊4日(術翌々日退院)としていますが、若い方であれば「術翌日退院」も問題ない位です。
     「痛みも、突っ張りもほとんどありません」
     
  2. 乳房切除+再建
     QOLを考えたら、「自家組織再建」は勧められません。
    ※そんなことをいうと「形成外科医」から怒られそうですが、やはり「背中にしろお腹にしろ」(本来不要な)傷ができるし筋肉の痛みもでてきます。
     但し、「ティッシュエキスパンダー」による1次再建であれば(後日、シリコンへの入れ替えをしなくてはなりませんが)QOLは、問題ありません。
     この手術は江戸川病院では「術後5日目退院」としています。
     QOLに関しても、「異物感」はありますが、「腕の動き」も全く問題ないし「痛みも突っ張りもほとんどありません」

 
「全摘出のあとは、やはりしんどいものでしょうか?」
⇒(上記に延べたように)全くそんなことはありません。(自家組織再建を選択すると、大変ですが…)
 ただし、手術技術には執刀医によって実は「かなりの差」があるので、注意が必要です。
 安易に「ブランド」で選ばない方がいいと思います。

質問者を『応援しています!』 / 田澤先生の回答が『参考になりました!』
という方はクリックしてください。
2+
江戸川病院 東京都江戸川区東小岩2-24-18 電話03-3673-1221
Copyright © 2020 乳がんプラザ. All Rights Reserved.
Scroll Up