Site Overlay

葉状腫瘍なのでしょうか

[管理番号:671]
性別:女性
年齢:45歳
以前から右胸、右胸骨の下辺りが出っ張っていて気にはなっていたのですが、痛みがあり、先月区の検診で診てもらいました。
乳腺外科ではなく近所のかかりつけの婦人科に行きました。
そこでは問診、触診、エコーをしました。痛みがあると言うと「それ骨だよ。もともと乳腺症があるから生理前で胸が張って痛みが出たか肋間神経痛だよ。」エコーの画像を見て「水を抜くのもまだこの大きさならこのままで大丈夫」と言われました。
その後、マンモグラフィーも受け(区の施設です)結果が要精密検査でした。
マンモグラフィーの時も右側だけ撮り直したり触診をされたので(マンモの時に触診されたのは初めてでした)嫌な予感はしました。
数日後、症状を聞きに婦人科へ行くとマンモの画像を見て線維腺種と言い、もう一度診せてとの事で再度エコーをしました。ここでは検査は出来ないから紹介状を書くので行ってください。どこにしますか?
一方的で説明もろくにないまま病院を決め検査に行くことになりました。
もう一度聞くと葉状腫瘍と言われた気がします。
良いものか悪いものか調べてスッキリしてきて下さい。と言われました。
気が動転して詳しく聞けなかったのですが、検査もしないのに葉状腫瘍だと確定できるものなのでしょうか?
今は右胸に自分で触ってピンポン玉位のしこりがあります。
生理前後でなくても痛みもあります。
この痛みは腫瘍が悪性だからでしょうか?紹介された病院に行くまで1週間あります。
自分で調べれば調べるほど心配になります。このような診断はあるのでしょうか。
 

田澤先生からの回答

 こんにちは。田澤です。
 そもそも「婦人科の先生」に正確な診断を期待する事はできません。

回答

「検査もしないのに葉状腫瘍だと確定できるものなのでしょうか?」
⇒勿論できません。
 超音波で典型的な「葉状構造」や「内部にcyst構造を伴う」などの所見があることもありますが、「そのようなことはむしろ稀」です。
 「線維腺腫」とは「なかなか区別」つきずらいのです。
 ただ、症状として「急に大きくなった」と言われると「乳癌か、葉状腫瘍」を思い浮かべる事は事実です。
 
「生理前後でなくても痛みもあります。この痛みは腫瘍が悪性だからでしょうか?」
⇒「悪性とは関係ありません」
 むしろ「痛い」と聞くと「ホルモンが関係した有痛性嚢胞」も鑑別に挙がります。
  
○ただ、嚢胞は「超音波で解る」ので、紹介となったという事実からは「充実性腫瘍」が想像されます。
 
 45歳で「(本当に)新たにできた腫瘍」であれば、線維腺腫<葉状腫瘍、乳癌 は考えなくてはならないのです。
 
 

 

質問者様から 【質問2 乳がんの可能性が高いとの事】

田澤先生こんにちは。先日葉状腫瘍でしょうかと質問させて頂いた者です。
お忙しい中、ご回答いただきありがとうございます。
その後、紹介先の病院に行ってきました。
マンモの画像と問診、触診をして乳がんの可能性が高いとの事でした。
その日はもう一度マンモを撮らせて下さいと言われマンモを撮り、血液検査をしました。
自分では大きく感じていたのですが、しこりの大きさとしては1センチくらいとの事でした。
だいぶ上にあり、骨の上に乗っている感じだと言われました。
この先の検査の予定を入れて頂いたのですが、大きな病院という事もあり来週CT、翌週エコー、MRI、針生検は8月の上旬まで空がなく全て検査が終わり結果がわかるのは8月中旬になるそうです。
もともと腰痛があるのですが最近特に腰が痛いのと右側の背中(肩甲骨のあたり)が張った感じも気になります。しこりが骨の上にあるという事から骨への転移という事も十分考えられるのでしょうか?
担当の先生は乳がんと確定されたら転移の検査もしましょうと言いました。
しこりの痛みもまだあり気になります。この刺すような痛みは何なのでしょうか?
検査の結果が出るまで1ヶ月かかるのは仕方ないことでしょうが、今すぐやって頂ける病院を探したほうがいいのか悩んでいます。
今の段階ではあくまで仮定の話ですが先生のご意見を聞かせて頂けたら幸いです。
 

田澤先生から 【回答2】

 こんにちは。田澤です。
 私はこのメールを見て、信じられない思いです。
 患者さんに「乳がんの可能性が高い」と言っておきながら、「針生検は8月の上旬まで空がなく」とは! そんな医療が「どうどうとまかり通っている?」とは嘆かわしい限りです。
 そもそも、「針生検」は「空きが無い」とかそういう検査ではなくて、初回の診察時に「その場で、ささっと行う」べきものです。(後日に予約をして行うとはどういう病院なのでしょうか?)

回答

「しこりが骨の上にあるという事から骨への転移という事も十分考えられるのでしょうか?」
⇒全く関係ありません。
 骨転移は「血行性転移」であって、「骨に近い」とかは全く関係ありません。
 
 ○そもそも「1cmの腫瘍で遠隔転移など、全く考える必要がありません」
 
「この刺すような痛みは何なのでしょうか?」
⇒これに応えるのは難しいです。
 通常「乳癌は痛くない」のですが、時折「疼痛を伴う乳癌」があります。
 私の経験では、「30歳代~40歳代に多い」ので、「女性ホルモンが関与」しているのでは?と想像しています。
 
「今すぐやって頂ける病院を探したほうがいいのか悩んでいます」
⇒是非、「まともな」病院を探す事をお勧めします。
 
○癌が疑われるのに、「針生検を数週間待たせる」病院など、私の想像をはるかに超えています。
 MRIの予約が取り難いのは、どこの病院も一緒でありそこは仕方が無いのですが、「最も重要な針生検」を待たせるとは!
 そもそも予約を取ってやる様なものではありません。
 どこかのブランド病院かもしれませんが、その姿勢は「患者さんをなめている」と私には写ります。
 
 

 

質問者様から 【質問3】

田澤先生ご無沙汰しております。以前ご相談させて頂いた者です。だいぶ日にちが経
ちましたが、その後病院を変えましたが検査の結果はやはり早期の乳がんでした。術
前の話ではホルモンタイプで一つだと思われていた腫瘍の周りにMRIの結果少し拡
がりがあるとの事でそこまでを一つとみなしてとると説明を受けました。
先月、温存手術を受けたのですが手術をしてみて思っていたより拡がっていた言われ
ました。
想定していたより1㎝ほどだったそうです。浸潤していた腫瘍の大きさが1.8cm、そ
こから縦に拡がっていた非浸潤の部分も入れて7cm程切りましたとの事。元々腫瘍の
あった位置が胸の上部だった為、一番上の部分は物理的に取れきれなかったとも言わ
れました。とりきれなかった部分は放射線で大丈夫との説明でしたが本当に大丈夫な
のでしょうか?
病理の結果は浸潤癌、ルミナルA、ステージ1、脈管浸潤なし、という説明だけで今後
の治療はホルモン治療と放射線治療で抗がん剤は必要ないですと言われました。口頭
の説明だけで病理検査の結果ももらえませんでした。
今はホルモン治療でリュープリン注射とフェアストンを飲んでいますが閉経前なので
すがフェアストンでも大丈夫なのでしょうか?
これから放射線治療も始まるのですが、術前の話では傷は腫瘍を取る部分とセンチネ
ル生検をする部分の2ヶ所に出来ますとの説明だったのですが術後、2ヶ所の傷の他に
火傷の様な傷が小さいものも入れると4ヶ所あり1番大きなものは2.5cmあり深い傷で
す。主治医からは何の説明もなくこちらから聞いたところ電気メスがあたったのかな
と言う返事でした。結局、放射線科の先生にこの2.5cmの傷がもう少し良くなってか
らの方が良いと言われ放射線治療を始めるのも術後2ヶ月を過ぎることになりまし
た。術後2ケ月経ってから始める放射線治療は問題ないですか?同じ医者の立場から
見てこの経緯をどう思われますか?
術前は信頼していただけに今は不安で仕方ないです。
 

田澤先生から 【回答3】

こんにちは。田澤です。
「一番上の部分は物理的に取れきれなかったとも言われました。とりきれなかった部
分は放射線で大丈夫との説明でしたが本当に大丈夫なのでしょうか?」
⇒「非浸潤癌で断端陽性」ということでしょうか?
 どの程度の陽性なのか(非浸潤癌のグレードや、その範囲など)また「物理的に取
りきれなかった」と言う意味も今一つ解らないので「担当医に確認してもらう」しか
ないようです。
 
「ホルモン治療でリュープリン注射とフェアストンを飲んでいますが閉経前なのです
がフェアストンでも大丈夫なのでしょうか?」
⇒適応外治療です。
 タモキシフェンが「CYP2D6」の件があるため(管理番号951も参照してくださ
い)、フェアストンにしているのでしょうが、適応外治療は私はしません。
 
「術後2ケ月経ってから始める放射線治療は問題ないですか?」
⇒問題ありません。
 5カ月以内に開始した方がいいことになっています。
 
「同じ医者の立場から見てこの経緯をどう思われますか?」
⇒どのような病院で治療されたのかは不明ですが…
 医師の技量についてのコメントは難しいです。
 前向きに治療を頑張りましょう。
 
 

 

質問者様から 【質問4】

田澤先生お忙しい中、ご回答頂きありがとうございます。
放射線開始が2ヶ月過ぎても大丈夫との事、安心しました。
フェアストンの説明もわかりやすく勉強になりました。
もう一つ質問させて下さい。
フェアストンを飲み始めて3週間程になりますが、今からフェアストンからタモキシ
フェンに変更する事は問題ないでしょうか?
色々疑問に思う事が重なってしまった為、前回の様な質問になってしまいましたが疑
問点を主治医に確認して前向きに治療に望みたいと思います。
また不安な事がありましたらご相談させて下さい。
 

田澤先生から 【回答4】

こんにちは。田澤です。
ご理解いただき、幸いに思います。

回答

「フェアストンを飲み始めて3週間程になりますが、今からフェアストンからタモキ
シフェンに変更する事は問題ないでしょうか」
⇒全く問題ありません。
 「CYP2D6の結果で低代謝」となってもいない(乳癌学会では低代謝でも、推奨して
いませんが)のに、最初からフェアストンとする事は根拠薄弱と思います。

質問者を『応援しています!』 / 田澤先生の回答が『参考になりました!』
という方はクリックしてください。
0
江戸川病院 乳腺外科 東京都江戸川区東小岩2-24-18 電話03-3673-1221
Copyright © 2020 乳がんプラザ. All Rights Reserved.
Scroll Up