Site Overlay

薬疹

[管理番号:7775]
性別:女性
年齢:56歳
病名:両側乳がん
症状:

はじめまして 乳がん告知を受けてからQ&Aを拝読させていただき、
安心したり、自問自答したりしていましたが行き詰まってしまいました。
宜しくお願いします。

2017.2 両側乳がん 切除手術 ルミナールA
右 非浸潤がん ステージ0
左 微小浸潤がん ステージ1 グレードは大人しいガンとだけ
(検査 浸潤がん確認され、術後病理検査 非浸潤がんのみ)
術後ホルモン療法開始 放射線治療

2017.7レトロゾール重症薬疹 薬剤被害救済制度認定されました。

フェマーラ →レトロゾール 重症薬疹→ノルバデックス 皮疹2回→休薬3ヶ月 ノルバデックス薬疹確定→フェアストン

主治医にはホルモン治療は必須と言われています。
フェアストンに変えてから皮疹は出ていませんが、沢山アザができる様になり血液検査をしましたが、問題ない加齢によるものではないかとの診断でした。
医師の説明にはなかったのですが、クレアチニン数値Hになっていました。

休薬期間の快適さが忘れられなくて、また不信感もあり、ホルモン療法を続ける気持ちが萎えてしまいました。

病理検査の結果からホルモン療法は必須なのでしょうか?

 

田澤先生からの回答

こんにちは。田澤です。

「病理検査の結果からホルモン療法は必須なのでしょうか?」
⇒必須ではありません。

 微小浸潤ですよね??
 それであれば、(そもそも)私なら薬物療法しません。

 ★もしも(患者さん側から)「心配だからホルモン療法したい」と言われても、薬疹が出た時点で「即刻、中止」です。

 

質問者を『応援しています!』 / 田澤先生の回答が『参考になりました!』
という方はクリックしてください。
0
江戸川病院 東京都江戸川区東小岩2-24-18 電話03-3673-1221
Copyright © 2020 乳がんプラザ. All Rights Reserved.
Scroll Up