Site Overlay

脇の下のしこり

[管理番号:8144]
性別:女性
年齢:33歳
病名:線維腺腫・乳腺症
症状:

10年前に線維腺腫が見つかり、
毎年乳がん検診をしています。

今回、8ヶ月ぶりの検診(エコー・マンモグラフィ)をしたところ、
右脇下に新たなしこり(8ミリ)が見つかりました。

その2週間後に、
エコー・触診をしたところ
そのしこりは見つからず
経過観察(3ヶ月後受診)となりました。

しこりがなくなることなんてあり得るのでしょうか?

しこりが見つかったときには
検査の4日前にインフルエンザの予防接種を打ち
(右腕に注射しています)
腕は重たく、痒い状態でのエコー検査でした。

予防接種により
リンパ節が刺激され
リンパ節が腫れる→しこりのようになる
リンパ節の腫れが引いたことで、
しこりのようなものも消えた…
ということもありますか?

3ヶ月の健診ですが、
その前に免疫療法をします(タクロリムス)

この脇の下のしこりが
もし悪いものだった場合、
免疫療法で免疫を弱めると
病気の進行も早くなってしまいますか?

次の診察まで遠いので
不安になり、メッセージしました。

よろしくおねがいします。

 

田澤先生からの回答

こんにちは。田澤です。

「エコー・触診をしたところそのしこりは見つからず」
→腋窩のエコーは(乳腺の)1000倍は簡単であり、見逃しは考える必要がありません。

その検診での所見が「実際、何だったのか?」想像することは不可能ですが、質問者が心配することは全て杞憂です。
ご安心を。



質問者を『応援しています!』 / 田澤先生の回答が『参考になりました!』
という方はクリックしてください。
0
Scroll Up