Site Overlay

乳がん疑い

[管理番号:1383]
性別:女性
年齢:40歳
先月の中頃 左胸の乳頭から指三本分目の辺りに横長のシコリを見つけました。
10年前にその部分が痛くてエコー・マンモしたら乳腺症でも何でもなく帰されました。
それからその部分は普通に痛いまま10年放置してました。
連休明けの24日に乳がん検診をしてる医院に行き、触診・エコーをしたら脂肪ではなくシコリで間違いなく、シコリの所に
石灰化があるので大学病院を紹介しますと言われ、25日に大学病院へ行き、触診してもらい『少し硬いですね』と言われマンモ・エコーをしました。
それらをした後 画像を見た先生が『悪性が疑われる』と言い(シコリは2cmちょっと) その場で局部麻酔をし、衝撃音がしますと言われ物凄い痛いのをしました。(それが何検査なのかよくわかりませんが・・)
その結果が2週間後の今月7日にあり 組織診断報告書に、臨床診断・・左乳腺腫瘤所見・・左乳房組織片4本 4本中3本に腫瘤状病変が含まれています。上皮には軽度の過形成性変化が見られます。
線維線種を疑う所見です。悪性所見はみられません。
とのことでした。
私はようやく安心したのですが 先生が『石灰化が多く、まとまってるのが気になるのでMRIをしましょう それで何かあれば針をしましょう』って言いました。それが今月末です。 
確かに画像を見る限りシコリ部分に白い点々が固
まってて、霧のようになってました。
そこで質問なのですが
①まだ乳がんの疑いがはれていなのでしょうか
②お医者さんがまだ悪性が疑われると言うのは石灰化がまとまってるからなのでしょ
うか
③私がした検査は一体何という検査だったのか
④MRIが月末まで無いと言うことはそんなに心配がないから月末なのでしょうか
月末まで不安で仕方ありません。
よろしくお願いします。
 

田澤先生からの回答

こんにちは。田澤です。
今回、私が指摘したいことは、
①「2cmのしこり」があり、針生検をして「線維腺腫」と確定しているということ
②MRI検査は「診断目的」では意味がない
「石灰化が多く、まとまってるのが気になるのでMRIをしましょう それで何かあ
れば針をしましょう」
⇒意味不明です。
 MRIをして「悪性所見が疑われる場合は、また(同じ)針生検をする」ということ?
 「針生検」は「先日行って、線維腺腫と診断されている」のでは? また同じものに「同じ検査をする」と言う意味?
 「同じ検査をもう一度」行って、「検査結果が変わることがある? もしそれであれば、前回の線維腺腫という結果は、どういうこと?」

回答

「まだ乳がんの疑いがはれていなのでしょうか」
⇒そのようです。
 本来「確定診断である筈」の針生検の結果が「信頼できない」ようです。
 
「まだ悪性が疑われると言うのは石灰化がまとまってるからなのでしょうか」
⇒「線維腺腫」でも石灰化を伴うものが多いですが、(線維腺腫に伴う)「典型的な
線維腺腫に伴う石灰化」とは異なる所見だということだと思います。
 
「私がした検査は一体何という検査だったのか」
⇒(バネ式の)針生検です。
 
「MRIが月末まで無いと言うことはそんなに心配がないから月末なのでしょうか」
⇒MRIは「なかなか予約の難しい」検査です。
 大学病院なら尚更でしょう。
○針生検でも「確定診断」できないのに「MRIを撮影することが、何の解決になる」
のか不明です。
 「MRIで、もし悪性とはいいきれない」という結果となった際に、「担当医がどう
いう判断をくだすのか」「それが自信を持った確定診断としていいのか」担当医に
「きちんと確認する必要」があります。
 
 

 

質問者様から 【質問2】

回答ありがとうございました。
針生検の結果を聞いたときに
『しこりの中にある石灰化が取れてなければ悪性かどうか判断できないので一応MR
Iをしましょう』
と言われたような気がします。
ネットで自分なりに調べると乳がん発見率が一番高いという事なんですが 大体 針
生検で基本的に悪性か良性かを診断されてる方は多い事もわかりました。今回の私の
場合 やはりそれは腕に自信が無いお医者さんが最終手段で使う検査なのでしょうか
 
ここのQ&Aやネットで調べれば調べるほど とても不安です。
そこで再度質問で申し訳ないのですが
①元々10年前から左の痛い所(乳房から指3本分上辺り)に突然しこりができたわけ
ですが それは『痛みを伴うシコリ』にあたるのか、
 
②家でブラジャーを着けずにいると 時々Tシャツに左胸だけ点々と汁の跡が付いて
いる 色は不明(数年前から本当に時々冷たいと感じて見ると付いている)
③触診→エコー→マンモ→針生検が終わりMRIで うっかりガンが見つかることは
あり得るのか
④シコリそのものがガンの塊ではないということですか?
⑤田澤先生なら前回の質問とを含め 私のはガンの可能性の心配は無いと思います
か?
お願いします。
 

田澤先生から 【回答2】

こんにちは。田澤です。
大学病院の医師は「やたらとMRIを撮影」しますが、診断に役立っているようには全
く(私には)思えません。

回答

「今回の私の場合 やはりそれは腕に自信が無いお医者さんが最終手段で使う検査な
のでしょうか」
⇒MRIを何かの足しに使用としているようです…
 そして「MRIで癌が疑われないから」大丈夫だと思います。様子を見ましょう。と
か、「癌の可能性があるので」もう一度「針生検しましょう」などとするつもりのよ
うです。
 
「元々10年前から左の痛い所(乳房から指3本分上辺り)に突然しこりができたわけ
ですが それは『痛みを伴うシコリ』にあたるのか、」
⇒「痛みを伴うシコリ」とはいいません。
 
「時々Tシャツに左胸だけ点々と汁の跡が付いている 色は不明」
⇒分泌があるようですが、「絞って、乳頭から出るのでしょうか?」
 単孔性分泌であれば「要注意」です。
 
「触診→エコー→マンモ→針生検が終わりMRIで うっかりガンが見つかることは
あり得るのか」
⇒あり得ます。
 だから、MRIを撮ろうとしているのです。 針生検を外していれば、「MRIでは癌が
疑われる」という所見であることもあり得ます。
 
「シコリそのものがガンの塊ではないということですか?」
⇒それについては画像を見ていないので、コメントは難しいです。
 
「田澤先生なら前回の質問とを含め 私のはガンの可能性の心配は無いと思いますか?」
⇒癌の可能性はあると思っています。
 ①「2cmの硬いしこり」 ②担当医自身「悪性が疑われる」と言っている。③針
生検結果に自信を持っていない
以上、3点から「乳癌の可能性はある」と思います。
 ここがターニングポイントとなるかもしれません。
 「MRIで癌が疑われない」となった際に、「そのまま経過観察でいいのか?」
 私には心配です。
 
 

 

質問者様から 【質問3】

先月末に 乳房MRIをした結果 他の技師(医師?)もやはり悪性っぽい・・という事で悪性の可能性が拭えないと言われ来月 腫瘤摘出術をする事になりました。
前回のバネの針より太いのでするか、局部麻酔でシコリをとってしまうか・・と言われたのですが バネの針があまりにも痛くトラウマになっているので 全身麻酔での摘出を選びました。
(ガンでなくてもシコリはとってもらうつもりでした)
触診→エコーマンモ→針→MRIとやってきましたが
乳房MRIでは何が見えて やっぱり悪性っぽいと言われたのでしょ
うか・・ネットなどではガンの広がりを見ると書いてありますが・・
もうガン確定みたいなものなのでしょうか
それとも 「ぽい」って事は まだ大丈夫なのか・・
うっかり葉状腫瘍の良性ってこともあるのを期待してるのですが
やはりガンなのでしょうか モヤモヤします。
 

田澤先生から 【回答3】

こんにちは。田澤です。
針生検で診断がつかず、「MRIで癌の疑い」ですか。
正直なところ、診断能力に問題があり、質問者には災難でしたが、結果として「外科的生検」すれば(最低限の)「誤診による不利益の回避」となります。

回答

「乳房MRIでは何が見えて やっぱり悪性っぽいと言われたのでしょうか」
⇒造影パターンの所見だと思います。
 ダイナミックMRIでのTime intensity curveの所見が乳癌の特徴である「早期に強い増強効果を示し、ついで漸減性の増強効果」を示したのだと思います。
  
「もうガン確定みたいなものなのでしょうか それとも 「ぽい」って事は まだ大丈夫なのか」
⇒確定ではありません。
 
 あくまでも「造影効果のパターン」にすぎません。
 担当医が「乳癌を疑っている」ことは間違いありません。
 「腫瘍を摘出」すれば「確定」しますので、「誤診のまま経過観察となるリスク」は回避されたと思います。
 
 

 

質問者様から 【質問4】

毎回 丁寧なご回答ありがとうございます。
シコリを取ってしまうことで白黒ハッキリすることになりました。
ですが 質問なんですが
①乳房MRIで線維線種と乳がんの区別はついてるのでしょうか(針では線維線種)
②ガンの可能性は50%~60%と言われましたが この数字はどう思われますか
③造影パターンの所見というのは信憑性は高いものなのでしょうか(ガンだと疑う信憑性)
④術前検査にと肺のレントゲン・血液採取(8本位)しましたが意味はあるのでしょうか
⑤前回も田澤先生にお聞きしましたが やはり私はガンの可能性が高いと思いますか
ガンの疑いが濃厚ならば気持ちの上で覚悟は出来るのですが
どっちの線が強いのか(ガンなのか線維線種なのか)
分からないので気持ちの持っていき方が出来なくてモヤモヤしている毎日です。
直接 担当医に聞ければいいのですが その場になると緊張するため
ハイ ハイ としか言えないので・・。
何度もすみません。
 

田澤先生から 【回答4】

こんにちは。田澤です。
正直いって、あまりコメントしたくない診療内容となっています(質問者には大変申し上げにくいのですが…)
確定診断である筈の「針生検で線維腺腫」でありながら、(MRIなども含め)「50-60%悪性」というのは、どういうことでしょう?
○「50-60%も乳癌の確率がある」しこりを「針生検で外した自信?」があるということですか。
 
「乳房MRIで線維線種と乳がんの区別はついてるのでしょうか(針では線維線種)」
⇒MRIは「あくまでも画像診断」にすぎません。
 確定診断など、当然なりません。
 ただ、「担当医の言動」からすると、TIME-INTENSITY CURVEのパターンが「悪性より」なのだと思います。
 
「ガンの可能性は50%~60%と言われましたが この数字はどう思われますか」
⇒正直、そんな「癌の確率が高い」ものを「針生検で外す」と言う事自体、信じられません。
 
「造影パターンの所見というのは信憑性は高いものなのでしょうか(ガンだと疑う信憑性)」
⇒あくまでも参考所見にすぎません。
 
「術前検査にと肺のレントゲン・血液採取(8本位)しましたが意味はあるのでしょうか」
⇒全身麻酔のための「ルーティーン検査」です。
 
「前回も田澤先生にお聞きしましたが やはり私はガンの可能性が高いと思いますか」
⇒正直コメントしずらい感じです。
 普通に考えて、「針生検で線維腺腫」とでているのだから、「癌の確率は低い」と思いますが…
 そんなに「針生検の精度が低い」ようなら「安心して、診療を任せられない」と思ってしまいます。
 
 

 

質問者様から 【質問5】

色々な検査をし 最終的にしこりをとりました。
結果 adenosis,繊維化、duct ectasiaを伴う乳腺症 腺管と間質
の増生を伴う繊維線種 ということでした。
乳がんのリスクになるのが高いと思うので半年毎に経過観察させてく
ださいと言われました。
今回 悪性所見は認めませんとのことでしたが
またシコリができてるするものなのでしょうか
乳房の下の方には まだ小さいシコリが3つあるので不安です。
 

田澤先生から 【回答5】

こんにちは。田澤です。
「色々な検査をし 最終的にしこりをとりました。」「結果 adenosis,繊維化、duct ectasiaを伴う乳腺症 腺管と間質の増生を伴う繊維線種 ということでした。」
⇒良かったですね!
 結局、最初の「針生検の所見が正しかった」訳ですね。
 普通なら「自分の針生検の結果を信頼する」ものですが…
 
「乳がんのリスクになるのが高いと思うので半年毎に経過観察させてくださいと言われました。」
⇒意味不明です。
 (失礼にあたるなら申し訳ありませんが)余程、自信がないようですね。
 
「今回 悪性所見は認めませんとのことでしたがまたシコリができてるするものなのでしょうか」
⇒そんなことはありません。
 
「乳房の下の方には まだ小さいシコリが3つあるので不安です。」
⇒普通ならば「1回針生検して、検査は終了」となる筈です。
 信頼できる医師を探すことです。
 
 

 

質問者様から 【質問6】

外科生検にて2cmちょいの腫瘤(乳房上の内側)をとって乳腺症と線維腺腫と診断され、半年経過観察になったわけですが、
石灰化と小さいシコリ3つ(乳房下辺り)を経過観察ということになってるんだと私は解釈しているのですが・・。
石灰化に関してシコリと重なってる部分はきちんと取れたと言ってたような気がします。
小さいシコリに関しては 最初のマンモの画像を見ながら説明を受けました。
ただ その後その小さいシコリに関しては何も気にしてないようだったのですが(針をさしたのは大きいシコリのみ)
それは 触診・エコー・マンモ・MRIをして放置で構わないという診断だったって事なのでしょうか?
 
そこでまた質問なのですが・・
①まだ左胸に鈍痛というか10年前から続いて覚えのある痛みと乳房の下辺りが
ビリビリする時があるのですが まだ乳腺症の状態なのでしょうか?
②小さいシコリ3つは針をささなくても大丈夫なんでしょうか?
③大きいシコリはガンではない事がわかって安心したのですが 大きい
シコリがガンでなければ
小さいシコリもガンではないって事なんでしょうか?
先生でも経過観察で見ますか?経過観察不要ですか?
マンモトームというので小さいシコリでも見ますか?
何度もすみません。
もしマンモトームでシコリを見るとしたらそちらでお願いしたいのですが
外科生検後の傷口がなかなか塞がらず ようやく小さい穴みたいなのが塞がりかけました。
その状態でマンモトームとゆうのはできるのでしょうか?
 

田澤先生から 【回答6】

今日は。田澤です。
「ただ その後その小さいシコリに関しては何も気にしてないようだったのですが(針をさしたのは大きいシコリのみ)それは 触診・エコー・マンモ・MRIをして放置で構わないという診断だったって事なのでしょうか?」
⇒「放置」とまではいきませんが、「画像上、組織診は不要(するまでもない)」
(経過観察でOK)ということのようです。
 
「①まだ左胸に鈍痛というか10年前から続いて覚えのある痛みと乳房の下辺りがビリビリする時があるのですが まだ乳腺症の状態なのでしょうか?」
⇒その通りです。
 それらの症状は「女性ホルモンによる刺激症状」だと思います。
 
「②小さいシコリ3つは針をささなくても大丈夫なんでしょうか?」
⇒これは「その画像」を実際に見ていないので「判断不能」です。
 例えば「境界明瞭で扁平」など良性所見として確実なものであれば、「針をささなくても大丈夫」ですが、「小さくても、良性所見が確実ではない」場合には「針を刺すべき」となります。
 
「③大きいシコリはガンではない事がわかって安心したのですが 大きいシコリがガンでなければ小さいシコリもガンではないって事なんでしょうか?」
⇒それは、関係ありません。
 
「先生でも経過観察で見ますか?経過観察不要ですか?」
⇒画像所見次第です。
 「確実な良性所見⇒経過観察不要」
 「良性とは確実には言い切れない⇒針生検(もしくはマンモトーム生検)」
 
「マンモトームというので小さいシコリでも見ますか?」
⇒「良性と確実には言いきれない所見」であれば、マンモトーム生検の対象となります。
 ○マンモトーム生検をするかどうかの基準に『大きさは無関係』です。
 
「もしマンモトームでシコリを見るとしたらそちらでお願いしたいのですが」
⇒それは大丈夫です。
 ただ、「明らかな良性所見」であり、「マンモトーム不要」となる可能性もあります。
「外科生検後の傷口がなかなか塞がらず ようやく小さい穴みたいなのが塞がりかけました。その状態でマンモトームとゆうのはできるのでしょうか?」
⇒(それらの部位が余程近くなければ)大丈夫だと思います。
 
 

 

質問者様から 【質問7】

昨年の12月に 線維腺腫を外科生検で摘出し
乳腺症 線維腺腫という診断となり
その後 半年経過観察(7月)となったのですが
同じ場所に前回のシコリと同じか若干小さめのサイズで 硬さは前回のより固めというか・・
クリクリ動かず下に張り付いてる感じがするのですが
これは生検した後に中で傷が固まった?という解釈になるのでしょうか
それとも線維腺腫がまた出来たということなのでしょうか?
田澤先生は経過観察は不要とお返事してくれたので
安心していましたが
一応 毎月気にしてチェックしてたのに気づきませんでした。
とても不安です
 

田澤先生から 【回答7】

こんにちは。田澤です。
外科生検ではマージンは取らなかったのですか?
「同じ場所に前回のシコリと同じか若干小さめのサイズで 硬さは前回のより固めというか・・クリクリ動かず下に張り付いてる感じがする」
⇒(マージンを取らずに)局所再発するにしても(常識的に)「早すぎる」ような気がします。
 ただ、(摘出した腫瘍が)「葉状腫瘍ではなく、線維腺腫だった」のであれば、
(もしも)再発するとしても「線維腺腫の可能性が高い」とは思います。
 その意味で(もともとの予定の)7月で十分です。
 
「これは生検した後に中で傷が固まった?という解釈になるのでしょうかそれとも線維腺腫がまた出来たということなのでしょうか?」
⇒おっしゃるように「術後瘢痕の可能性」が高いとは思いますが、(マージン次第ですが)「線維腺腫の再発」の可能性はあります。
 
 

 

質問者様から 【質問8】

いつも解りやすいお返事に感謝しています。
その後 7月の経過観察で診てもらった所
左の乳腺が腫れていると言われました ホルモンのバランスの問題だと
左の石灰化に関しては やはり全部取り切れてはいないが
増えてもいないのでまた半年後の経過観察となりました。
そこで質問なんですが
乳腺の腫れは生理前に腫れて痛くなり 生理後は腫れが引き痛みもおさまると聞きます
しかし 生理周期に関係なく腫れは引かず ジリジリ痛いし 痒くて仕方ないのですが
鎖骨から乳腺 わきの下同時にビリッときます
それ以上に乳房表面ではなく 乳腺が痒くて痒くて(この表現がしっくりくる)
表面からかくと乳腺が気持ちいい?というか・・痒いのはボッコリ腫れてるとこだなとわかります
その後痛みに変わるので後悔するのですが
この痒みもホルモンのバランスの問題ですか?
鎮痛剤も飲んでも痒みが治まりません
それと左乳房の分泌物は一つの穴からしぼらずとも点々とシャツについてる時はありますが
透明ですし 外科生検をして 線維腺腫と乳腺症と診断されてたので
乳腺症の症状ということで
いいのでしょうか?
右乳房は 痛くも痒くも分泌物もなしで左だけ大忙しです
江戸川病院で診てもらおうと予約の電話を入れてみたのですが
エライ混みようでかなり後なら予約が取れると言われたので残念ながら諦めました。
 

田澤先生から 【回答8】

こんにちは。田澤です。
「しかし 生理周期に関係なく腫れは引かず ジリジリ痛いし 痒くて仕方ないのですが鎖骨から乳腺 わきの下同時にビリッときますそれ以上に乳房表面ではなく 乳腺が痒くて痒くて(この表現がしっくりくる)表面からかくと乳腺が気持ちいい?というか・・痒いのはボッコリ腫れてるとこだなとわかりますその後痛みに変わるので後悔するのですがこの痒みもホルモンのバランスの問題ですか?」
⇒典型的な「女性ホルモンによる刺激症状」です。
 心配ありません。
 30歳代後半くらいから「卵巣機能不全となり、生理と関係無く」そのような症状が不規則に起こり始めるのです。
 質問者も3500以上となった、このQandAをゆっくりひも解く事ができれば(秋の夜長を利用して)あまりにも多くの人が「同じ症状で悩んでいる」ことに気付くでしょう。
「それと左乳房の分泌物は一つの穴からしぼらずとも点々とシャツについてる時はありますが透明ですし 外科生検をして 線維腺腫と乳腺症と診断されてたので 乳腺症の症状ということでいいのでしょうか?」
⇒単孔性であれば、(乳腺症とか線維腺腫とは別に)乳管内病変があるかもしれません。
 慌てる必要はありません。
 重要なポイントは「自分で絞って、1箇所から常に出るかどうか確認」することです。
 分泌液の色は(無色透明よりは)「透明でもレモン色のようになったり、茶色がかる時は注意が必要です。
 是非、ご参考に。
 
 

 

質問者様から 【質問9】

久しぶりに質問させて頂きます
お願いします。
1年半前に外科生検後 半年毎の経過観察をしているのですが 今月のエコーで問題なければ1年毎という話を
1月のマンモとエコーした時に言われたのですが
今月のエコーで 1月の時に見られなかった血流が気になると言われ「ただ 針を刺そうにも どこに刺せば・・という状態なので3か月後にもう一度エコーをし、針を刺すか決めましょう」と言われました。
その時に「そこに何かあるんですか?」と聞いたら「何か・・と言うか・・血流はあるんだよね・・」
1月の時に乳腺がポコッと硬くなってしまったと医師に言ったらホルモンバランスがどうたらで問題ないと言われたのに
今回 同じ場所で血流が見られると言われたので 少し心配になってしまいました。
血流があり気になるけど刺す場所が分からないというのは 一体どうゆう状態なのでしょうか?
シコリは無いのでしょうか?
1年毎になるどころか3か月後と言われ正直本当に心配になってます。
 

田澤先生から 【回答9】

こんにちは。田澤です。
「血流があり気になるけど刺す場所が分からないというのは 一体どうゆう状態なのでしょうか?」
⇒「血流が豊富な部位」だけど、(それ以外の)所見に乏しいということです。
 つまり、通常は「腫瘤もしくは腫瘤非形成性病変」があり、そこの血流を見て「この腫瘤は血流があるから、針を刺そう」となるわけですが、今回は「所見が大したことないのに血流だけがある」ということです。
 「一見正常に見える乳腺」を、(ただ、血流が集まっているというだけの理由だけで)針を刺すというのもどうかな?と考えているようです。
「シコリは無いのでしょうか?」
⇒画像所見で「はっきりした所見(シコリを含めて)は無い」ということです。



質問者を『応援しています!』 / 田澤先生の回答が『参考になりました!』
という方はクリックしてください。
0
Scroll Up