Site Overlay

対側乳がん

[管理番号:1970]
性別:女性
年齢:50歳
今年の2月に乳がんの告知を受け、4/30右乳房温存手術。
6月からホルモン療法(リュープリン+タスオミン)、7月~8月放射線治療を行いました。
12/4に術後検診でエコーにて反対側の左乳房に4mmのしこりが見つかり針生検の結果癌でした。
12/24温存手術をしますが、こんなに早く対側乳がんが発症するものでしょうか?かなりショックでした・・・
 

田澤先生からの回答

こんにちは。田澤です。
術後8カ月の「対側乳癌」ですか?
実際は「右」の手術前に「左もきちんと精査しておくべき」だったとは思いますが、現時点で「4mm」であれば(8カ月前では)解らなかったのかもしれません。
「こんなに早く対側乳がんが発症するものでしょうか?」
⇒実際は「8カ月前の時点」で「両側乳癌」だったわけですが(異時性両側乳癌といいます)
 ただ、その時点では「3mm以下」だったと予想され、見逃されても仕方が無い範囲と言えます。
 「早期発見した」と気持ちを入れ替えて頑張りましょう。

質問者を『応援しています!』 / 田澤先生の回答が『参考になりました!』
という方はクリックしてください。
0
江戸川病院 東京都江戸川区東小岩2-24-18 電話03-3673-1221
Copyright © 2020 乳がんプラザ. All Rights Reserved.
Scroll Up