Site Overlay

トリプルネガティブの治療について

[管理番号:3581]
性別:女性
年齢:49歳
今日、病理結果が出ました。
CNB 2a2 HG 3 ER 5 PgR 0 HER2 0 Ki67 80%
浸潤性乳管癌 浸潤範囲 約4cm それとは別に腫瘤2cmのものが2箇所
T2 N0 M0 リンパ節転移無し StagⅡAか、とのことでした。
術前化学療法をすすめられていますが、先生ならこういった患者に対して、今後の治療方針をどのようにお考えになりますか。
これから数年のQOLをふまえたご意見をいただきたく、どうぞよろしく
お願いいたします。
 

田澤先生からの回答

こんにちは。田澤です。
○術前化学療法の適応は、あくまでも「小さくして温存」というものです。
 それを曲解して下記①~③を理由として「術前抗がん剤を勧める」不届きな乳腺外科医が巷に溢れている事に失望します。
  ①腫瘍が大きいからとか、
  ②リンパ節転移があるからとか、
  ③トリプルネガティブだから、どうせ(術前にしろ術後にしろ)抗癌剤が必要になるから
  ♯①については、これを小さくして温存しようという意図であれば、いいのですが、今回のように「多発」していれば、そもそも「小さくなっても温存できない」わけなので「術前抗がん剤をする理由」とはなりません。
「術前化学療法をすすめられていますが」
⇒誤った方針です。
 質問者の場合には多発「浸潤範囲 約4cm それとは別に腫瘤2cmのものが2箇所」であり、(例え小さくなっても)「温存術の適応にならない」とすれば、「術前抗がん剤を勧める根拠が無い」ことになります。
「先生ならこういった患者に対して、今後の治療方針をどのようにお考えになりますか。」
⇒当然、「手術先行」となります。(多発なので、乳房全摘となります)
 術後には「トリプルネガティブ」である以上、「抗ガン剤は必須」となります。

質問者を『応援しています!』 / 田澤先生の回答が『参考になりました!』
という方はクリックしてください。
1+
江戸川病院 乳腺外科 東京都江戸川区東小岩2-24-18 電話03-3673-1221
Copyright © 2020 乳がんプラザ. All Rights Reserved.
Scroll Up