Site Overlay

トリプルネガティブについて

[管理番号:1480] 性別:女性
年齢:55歳
≪乳がん≫
2014年12月 乳がん(原発)
硬がん、浸潤がん、トリプルネガティブ
T(1)N(2)M(0) ⅢA リンパ節転移4個
12月 乳房温存手術、腋窩リンパ節
15年1月 EC療法 
6月 放射線治療25回
7~10月 パクリタキセル
≪卵巣がん≫
2005年7月 
卵巣、子宮摘出手術
卵巣上皮性悪性腫瘍
分類不能
T(IC) N(X) M(O) ⅡA
8月~1月 TJ療法
卵巣がんと乳がん両方を発症したので、家族性乳がん外来でカウン
セリングを受けました。卵巣がん、乳がん共に、まったく家族歴が
ないので、思っていたよりは低めの遺伝率でしたが、主治医には確
率的に高いといわれました。
娘(25歳)がいるので、遺伝子検査も考えましたが、乳房、卵巣
切除は年齢的にも無理かと思われ、早期発見のため徹底した検査を
受けさせたいと思います。
≪質問≫
先生にお尋ねしたいのは
①左胸が乳がんになった場合、トリプルネガティブでは、乳房温存可能でも、切除のほうがよかったのでしょうか。
②トリプルネガティブでは、転移、再発した時、遺伝子検査の結果が治療に有用なのでしょうか。
③転移、再発の早期発見のための検査、頻度はどうすればよいのでしょうか。
④娘には、早期発見のため、同一病院で半年ごとに検査を受けさせ
ようと思っていましたが、術者の技量を考えると、二か所の病院で
定期的、長期的に検査をするほうが安心ではないかと考えるように
なりました。(例えば、A病院で毎年6月、B病院で毎年12月)
検査項目は、乳がん、乳房検診、超音波、MRI、卵巣がん、内心、
経腟超音波、腫瘍マーカー、でよいのでしょうか。
いろいろと質問をして申し訳ございませんが、ぜひ、先生のお考え
を伺いたいと思います。よろしくお願いいたします。
 

田澤先生からの回答

こんにちは。田澤です。
皆さんが「トリプルネガティブ」に対する情報に翻弄されている様子には心が痛みます。
サブタイプは、あくまでも「治療法の選択」の参考にとどめましょう。

回答

「左胸が乳がんになった場合、トリプルネガティブでは、乳房温存可能でも、切除の
ほうがよかったのでしょうか」
⇒関係ありません。
 トリプルネガティブであることは「術式とは無関係」です。
 但し、「遺伝性乳癌」であれば、「温存乳房内再発のリスク」は上がるので「乳房切除も考慮」されます。
 
「トリプルネガティブでは、転移、再発した時、遺伝子検査の結果が治療に有用なのでしょうか」
⇒現時点では「遺伝性乳癌(BRCA乳癌)」も、(非遺伝性の)「トリプルネガティブ」でも治療法には変わりありません。
 但し、今後「様々な薬剤開発が行われる」中で、治療が細分化され「BRCA乳癌に有
効な治療法」がでてくる可能性があります。
 その意味では「将来的に、治療に有用な検査」となる可能性はあります。
 
「転移、再発の早期発見のための検査、頻度はどうすればよいのでしょうか」
⇒3カ月に1回の診察、採血腫瘍マーカー、1年に1回のマンモグラフィーです。
 (定期的な)CTや骨シンチは不要です。
 
「娘には、早期発見のため、同一病院で半年ごとに検査を受けさせようと思っていま
したが、術者の技量を考えると、二か所の病院で定期的、長期的に検査をするほうが
安心ではないかと考えるようになりました」
⇒面白い考え方ですね。
 Human error を考えて「1人より2人」ということですね。
 信頼できる医師が居ないのであれば、それも有効かもしれません。
 
「検査項目は、乳がん、乳房検診、超音波、MRI、卵巣がん、内心、経腟超音波、腫
瘍マーカー、でよいのでしょうか」
⇒そうです。
但し、NCCNのガイドラインによると超音波は入りません(乳がん検診における超音波
の有用性は証明されては居ないのです)
 
乳癌検診 
30歳までは1年に1回のMRIまたはマンモ
30歳以降は1年に1回のMRI+マンモ
 
卵巣癌検診 
30歳から半年に1回の経膣超音波+腫瘍マーカー
となっています。

質問者を『応援しています!』 / 田澤先生の回答が『参考になりました!』
という方はクリックしてください。
1+
江戸川病院 東京都江戸川区東小岩2-24-18 電話03-3673-1221
Copyright © 2020 乳がんプラザ. All Rights Reserved.
Scroll Up