Site Overlay

トリプルネガティブで再発転移した場合の治療について

[管理番号:7284]
性別:女性
年齢:60歳
病名:トリプルネガティブ乳がん、ステージ2b
症状:肝臓への再発転移、肝機能と腎機能に問題なし、現在使用中の抗がん剤の副作用はあるが、なんとか耐えられる

トリプルネガティブの2bで、2年前に温存手術を受け、化学療法はec療法とドセタキセルを受けて、放射線治療も受けました。

3ヶ月に一回腫瘍マーカーを検査していたのですが、昨年にceaが220になり、検査したところ肝臓に再発転移していました。

数は一つ、大きさは5cmくらいとのこと。

オラパリブは適用無し、エリブリンは効果がなく、パクリタキセル+アバスチンで治療してきました。

毎月腫瘍マーカーを測っていて、3ヶ月でceaが25になり、そのとき改めて画像を撮ると、腫瘍も2cmほどになっていました。

ただ、もう3ヶ月経ったところでもceaが23、腫瘍は変化無し、でした。

主治医はこのままパクリタキセル+アバスチンで治療していく予定のようです。

私としては、腫瘍を外科手術か放射線、ラジオ波で局所治療して、一旦画像上寛解にして経口薬での治療(もしくは経過観察)にしたいです。

理由としてはパクリタキセル+アバスチンがここで効果が底打ちなのではないか、という疑問があること。
ただ、まだ効果は発揮していると思います。

なので、このまま使い続けるより、一度画像上寛解+経口薬(経過観察)に変えてみて、
それで維持できればそのままで、もし悪化したらまたパクリタキセル+アバスチンに変更する、という形にしたらより長く病状をコントロールできると思ったからです。

また、近い将来テセントリク+ナブパクリタキセル療法が承認されそうという情報を知りました。

ナブパクリタキセルとパクリタキセルはほぼ同じお薬ですよね。
もし、パクリタキセル+アバスチンを使い続けてパクリタキセルに耐性ができてしまうと、テセントリク+ナブパクリタキセルが承認された際に効果が発揮されなさそうでこわいという思いもあります
田澤先生は私の考えをどう思われますか。

また、この状態であれば先生はどのような治療をなされますか。

 

田澤先生からの回答

こんにちは。田澤です。

「腫瘍を外科手術か放射線、ラジオ波で局所治療して、一旦画像上寛解にして経口薬での治療」
「田澤先生は私の考えをどう思われますか。」
「また、この状態であれば先生はどのような治療をなされますか。」

→抗がん剤を休んで「放射線」はいいと思います。

Scroll Up