Site Overlay

感想

[管理番号:1021]
田澤先生、こんにちは! いつもありがとうございます。
30回の放射線照射も終わり、治療も一段落しました。
自分の病気に関することもあり、先生のQandAを拝見するのが日課です。
今では、「とりあえず細胞診」「全摘なのに術前化学治療」などを目にすると
「え!?」と思うようになりましたが、以前の私も含め、患者はこんな当たり前のことすら知らず、目の前の医師が提案する治療が最善と思いがちです。
なので、一人でも多くの人がこのQandAに辿り着き、不利益な検査や治療を回避できるように願っています。
私もこのQandAに助けられた患者の1人です。
先生のQandAのお陰で、早々に、落ち着いた日々を取り戻せたと思っています。本当にありがとうございます。
今となっては、QandAスタート後に乳がんが見つかってラッキー、更には、前院でモタモタしたのもラッキーだった?とさえ思うようになっています。
タイミングと出会いに自分の強運を感じたほどです。
無報酬の上、労力と文責だけが発生し、時間のやりくりやご苦労も絶えないことと存じます。
ですが、このQandAがなければ、関東の病院に疎い私としては、自宅から40kmも離れた江戸川病院を知ることすらなかったのではと思っています。
ところで、これから田澤先生へ質問をされる方々に、参考にしていただければと思うことがあります。
それは、『過去のQandAを色々な角度からしっかり読んで欲しい』ということです。
私は、ここに寄せられた貴重な質問と回答を読み、田澤先生に診ていただきたいと転院を決めました。
自分への回答は勿論、過去の回答から、田澤先生を信頼できる先生だと(「自分の目で見て感じ、自分の責任で」)判断出来たからです。
病気に対する不安に潰されそうで、正直、他人の質問をいくつも見る気分ではなかったのですが、自分の大事な局面だからこそと思い、
質問内容ではなく、田澤先生がどのような態度・姿勢で回答していらっしゃるかを感じることを目的として読ませていただきました。
人柄や姿勢だけでなく、ズバ抜けて豊富な経験量を裏付けする判断材料も見つかると思います。
(「経験が多い」という田澤先生ご自身の直接的な言葉でなく、あらゆる質問への回答の中から見い出して欲しいです。)
初質問の前には、他の医師が行っているQandAもいくつか読みましたが、質問を送らせていただいのは田澤先生だけです。
それもまた、各サイトのQandAを読み、自分で決めたことです。
誤解なきようお願いしたいのですが、「先生の言葉を信じましょう!」と自分の意見を押し付けているのではありません。
自分のフィルターを通して田澤先生推しをしているワケでも決してありません。
自分が判断するために必要なヒントが至るところにあったことを思い出し、老婆心ながら感想として書かせていただきました。
最後に、
先生がおっしゃる通り、早期(ステージ1)で見つかって本当に良かったです。
前院で告知を受けたときの回答内で、「早期で見つかって良かったと思えるときがくる」と先生はおっしゃいました。
さすがに、このお言葉に対してだけは「早期でも癌だから…」と全く賛同できずにいましたが、いつの間にか、そう思えるようになっていました。
多くの患者さんの話を聞き、気持ちの移り行くさまをご覧になっている経験からご存知なんだなと思います。
術後の気持ちの変化もどなたかの質問で答えていらっしゃいましたが、その回答にも気持ちがラクになったのを覚えています。
病院の良さについては、少し前に別の患者さんがとても分かりやすく書いてらっしゃいました。本当にその通りだと思います。
(屋上の夜景デビュー前には、明るいうちに下見必須もその通り!(笑))
先生が主治医で本当に良かった。
遠くても江戸川病院へ転院して良かったです。
質問や相談により不安も減って行ったので、乳がんという病気を受け入れ、根治を目指して治療をスタートすることが出来ました。
入院中は早朝と夜の2回、必ず病院へ来てくださったこと嬉しかったです。
何より私の言葉を聞いて、治療を進めてくださっているという安心感でいっぱいです。
まさか術後3ヶ月でこれほどまで気持ちが落ち着くとは思いませんでしたが、罹患以前より健康的な生活を送ることが出来ています。
これからも長期に渡りお世話になりますが、どうぞよろしくお願いします。
 

田澤先生からの回答

 こんにちは。田澤です。
 応援メールを掲載しないと言っておきながら、再度掲載してしまいました。
 私の大事な患者さんからの要望でもあり、私自身も内容がとてもうれしかったからです。



質問者を『応援しています!』 / 田澤先生の回答が『参考になりました!』
という方はクリックしてください。
2+
Scroll Up