Site Overlay

脈管侵襲なしでの腋窩リンパへの転移について

[管理番号:8881]
性別:女性
年齢:47歳
病名:乳がん
症状:
投稿日:2020年9月18日

初めまして。

初めて質問させて頂きます。

先月、片乳房全摘とリンパ節郭清の手術を受けました。

病理検査の結果は
浸潤性乳管癌、腺管形成型、浸潤径14×14mm、pT1c、ly0、v0、f
また、同じ乳房にpTis(DCIS)8×5mmが認められました。

ER、PgR共にJ-scoreは3b、HER2スコア1+、ki67は25パーセントでした。
(グレードは不明)
腋窩リンパに関しては非浸潤の転移性、NOSとの事で、レベル3まで郭清→検査の結果、レベル1の11個の内、4個に転移が認められた、との事でした。

色々専門用語を調べていく内、素人考えでふと疑問に思う事がありました。

ly0、v0はそれぞれ腫瘍の周辺のリンパ、血管への侵襲はない、
という事の様ですが、侵襲がないのに脇のリンパに転移するというのはどういう理由なのでしょうか?
またこういう事はよくある事なのでしょうか?
理屈がわからず、癌細胞が飛んでいるという事なのか?
だとしたら、リンパのレベル2や3に転移が認められなくても、全身のどこかに飛んでいる可能性が高いという事なのか?と不安に思ってしまいました。

このパターンの理屈などお教え頂けると幸いです。

よろしくお願いします。

 

田澤先生からの回答

こんにちは田澤です。

「このパターンの理屈などお教え頂けると幸い」
⇒皆さん、「脈管侵襲」に拘るようですが…

 脈管侵襲は「たまたまの切片で、そのような所見があったのか?」という病理医の主観的な所見にすぎません。
 脈管侵襲があってもリンパ節転移が無いことも多いし、その逆も真なりです。
 参考程度にしましょう。

 
 

 

質問者様から 【質問2 】

抗がん剤治療中の副作用について
性別:女性
年齢:47
病名:乳がん
症状:動悸、頻脈、低血圧、生理がある
投稿日:2020年11月4日

田澤先生、1月半ほど前に質問させて頂いたものです。

その節はご回答頂きましてありがとうございました。

さて、今回新たにご質問させて頂きたい事があります。

現在ddac療法にて4回のうち3回目の投与を終え、残り1回投与の後、ウィークリーパクリ(12回)を予定しています。

acの2回目の投与後、翌日くらいから動悸が現れ始めましたが、
少しドキドキしているが休憩すると治る感じだったので様子を見ておりました。

今回3回目の投与後、当日の内に動悸が始まり、脈拍も120程に上昇。

すこし動くとすぐにドキドキし、しばらく休憩していてもすぐにドキドキは治らず100を少し切るくらいでしたが、夜一眠りしてから計ると90弱に治っていました。

その後も変わらず、少し動くとドキドキして110くらいでしたが、休憩してしばらく経つとドキドキはある程度治り、脈を計ると90前後に治ってる、の繰り返しでしたが、ac投与9日程でかなり動悸、頻脈に関しては治ってきました。

また、普段は120~130/85程度(癌の罹患以前からすこし高めでつい先日までアムロジンを服用していたが、血圧が落ち着いてきた為現在は服用を中止中)の血圧が、ac後4日目に100/55、6日目に87/57まで下がりました(脈拍は先述の通り頻脈でしたが)
低血圧は7日目辺りまで続きましたが、同日でも105/70あたりの時もあれば、急に165/100になったりと数値が不安定でした。
念の為、と言う事でac後8日目に心エコーと心電図を取りましたが問題なしという事でした。

ちなみにac投与後3日目にジーラスタを打ちました。

また、1回目の投与4日前から生理が始まり、通常通りで終了しましたが、現在の3回目の投与後3日目(ジーラスタを打った日)から治療が始まると止まると言われていたのに反してまた始まり、現在も続いています(8日目)
元々内膜症のせいで出血量が多く、今回も量も変わらずにきている状況です。

私が質問させて頂きたいのは、
1.心エコーもしたという事で、動悸、頻脈、低血圧は副作用として様子見でいいのか。

2.同日での高血圧低血圧が起こる事は心配ないのか?

3.また低血圧はなぜ起こっているのか?
ジーラスタの影響?
生理が始まって貧血になっているから?

4.生理が止まらず通常通りの人もいるのか?

5.いつもなら生理6日目位から出血量が少なくなるが今回は既に8日目なのに量が減らない。
逆に抗がん剤の影響があるのか?
(なお、先月子宮頸がんの検査を受けて異常はありませんでした。)
以上、たくさん質問を致しましたが何卒よろしくお願い致します。

 

田澤先生から 【回答2】

こんにちは田澤です。

「1.心エコーもしたという事で、動悸、頻脈、低血圧は副作用として様子見でいいのか。」
⇒その通り。

「2.同日での高血圧低血圧が起こる事は心配ないのか?」
⇒心配要りません。

「3.また低血圧はなぜ起こっているのか?
ジーラスタの影響?
生理が始まって貧血になっているから?」

⇒低血圧が起こるほどの貧血にはなることはありません。
 ご安心を。
 一時的に不安定になっているだけです。

「4.生理が止まらず通常通りの人もいるのか?」
⇒必ず止まるので気にしないようにしましょう。

「5.いつもなら生理6日目位から出血量が少なくなるが今回は既に8日目なのに量が減らない。
逆に抗がん剤の影響があるのか?」

⇒勿論、抗がん剤の影響で「止まる前に逆に刺激されて却って量が増える=フレア現象」です。

 ご安心を。



質問者を『応援しています!』 / 田澤先生の回答が『参考になりました!』
という方はクリックしてください。
28+
Scroll Up