Site Overlay

TC法の効果

[管理番号:828]
性別:女性
年齢:31歳
腫瘍1.6cm
断面陰性
リンパ節1/4 (2mm)
ER陽性
PgR陽性
HER2陰性
Ki-67 70%
腫瘍の悪性度1
温存術
卵子凍結を希望したので先に放射線治療
終わり次第
抗癌剤TC法を勧められておりますが、
3年半前からバセドウを患っており
持病が有りながらの
副作用への不安があります                          
ホルモン強陽性の為ホルモン療法が5年と言われております
主治医からは年齢が若いこと
Ki-67が高いこと
抗癌剤治療は必須だと説明でした
抗癌剤での効果は高いのでしょうか?
アドバイス頂けたら幸いです
 

田澤先生からの回答

 こんにちは。田澤です。
 pT1c(16mm), pN1mi, luminalB
 腫瘍の悪性度1というのは核グレード1の事でしょうか?
 核グレードは「核異型」+「核分裂」なので、グレード1とKi67=70%に乖離があるように思えますが…
♯Ki67は分裂期の細胞の割合を示しています。

回答

「主治医からは年齢が若いことKi-67が高いこと抗癌剤治療は必須だと説明」
⇒(年齢が若い事は、根拠に乏しいですが…)
 Ki67=70%ということは「luminalB」に相当します。
 luminalBであれば、抗がん剤が推奨されます。
 
「抗癌剤での効果は高いのでしょうか?」
⇒ホルモン療法単剤での「再発予防効果」は13%となりますが、更に抗がん剤を行う事による「上乗せ効果」は11%あります(合計で24%)
 10%以上の「上乗せ効果」は高いと思います。
 
○TC療法は十分に「認容性の高い」治療です。
 きちんとした「支持療法」を行いながらであれば、十分に完遂できると思います。
 
 

質問者様の別の質問

質問が新たな内容のため、別の管理番号としました。
質問者様の別の質問は下記をクリックしてください。
管理番号:838「化学療法による卵巣毒性」

 
 



質問者を『応援しています!』 / 田澤先生の回答が『参考になりました!』
という方はクリックしてください。
2+
Scroll Up