乳がんは早期発見、早期治療を目指しましょう。乳がん手術は江戸川病院|乳がんプラザ



[管理番号:7259]
性別:女性
年齢:36歳
病名:
症状:右乳頭の一箇所から白色~黄色のドロっとした分泌物が出る

田澤先生
はじめまして、私は36歳、3歳6ヶ月になる娘が1人います。
約1ヶ月前から右乳頭の一箇所から白色~黄色のドロっとした分泌物が出ます。
強めに摘むと少量ですが出る状態が続いています。
病院を受診し、エコー検査、マンモグラフィ、細胞診を行いました。
エコー検査とマンモグラフィの結果は異常なしですが、細胞診はクラスⅢaという結果でした。
3ヶ月後に再度検査を行うことになり、様子観察となっています。
先生のコラムや同じように単孔性乳頭分泌で悩んでいる方々の質問、先生の回答を見て、異常なしとは言われたものの、日に日に不安が増していきます。
今の状況から先生はどのような病気を考えますでしょうか??
何かしらの病気が隠れていることには間違いないでしょうか?やはり乳管造影は必要でしょうか??一度先生に直接診察をお願いしたいという気持ちが強く、先生の外来を予約させて頂きました。
〇月〇日に受診予定です。
よろしくお願い致します。

 

田澤先生からの回答

こんにちは。田澤です。

メール全体を読みましたが、物事の本質を見失っているようです。(失礼に聞こえたらお許しください)
「今の状況から先生はどのような病気を考えますでしょうか??何かしらの病気が隠れていることには間違いないでしょうか?」
→この質問自体が、それを如実に表しています。

 物事を「ブラックボックスに入れて、何が何だかわからないけど不安」というのは、止めましょう。
 乳がんプラザでたびたび、「乳頭分泌」について触れてきましたが、「至極シンプルな話」なのです。

 「何かしらの病気」という、「複数の選択肢」など存在せず、分泌は「2択」なのです。
 1.乳管内病変(腫瘍)が原因
 2.どうでもいいことが原因(生理に伴う乳管の破綻とか、授乳に伴う分泌の亢進など)

 シンプルに上記2つに分けられるのです。(要は1でなければ、無視して結構なのです)

〇結論から言えば質問者は上記2(授乳に伴う分泌)だと思います。
根拠は2つ
1.授乳中でミルクが混じっている(白~黄となっている)
2.エコーで異常がない

 ★ちなみに「分泌液の細胞診など、どうでもいい」所見です。(私は決して、行いません)

「今の状況から先生はどのような病気を考えますでしょうか??」
→「どのような病気」とありますが…

 物事はシンプルに考えましょう。
 いろいろな病気など存在しません。
 あくまでも「乳管内病変(腫瘍)」が原因の分泌なのか? それとも「それ以外(全て、どうでもいいこと)」が原因なのか? この2択しかないのです。

 結論から言えば「どうでもいいことが原因(授乳に伴うもの)」だと思います。

「何かしらの病気が隠れていることには間違いないでしょうか?」
→「何かしらの病気」という「複雑な発想」はもうやめましょう。

 分泌は「乳管内病変(腫瘍)」なのか、「どうでもいいことが原因」なのか?
 2択でいいのです。

「やはり乳管造影は必要でしょうか??」
→白(ミルク)が出ている時点で「乳管内病変の可能性はゼロ(当然、乳管造影は不要)」
となります。

 
 

 

質問者様から 【質問2 】

単孔性乳頭分泌について
性別:女性
年齢:36歳
病名:単孔性乳頭分泌
症状:乳頭分泌

田澤先生こんにちは。

以前の質問の際、現在お世話になっている乳腺外科の先生より、エコー検査、マンモグラフィは異常ないが、細胞診がクラスⅢaのためなんらかの病気が否定できないと言われ、田澤先生への質問の内容があのような表現となってしまいました。

先週先生に質問をさせていただいた後、白色のドロっとした分泌から透明~黄色のサラサラした水溶性の物に変化しました。
白色のドロっとしたものも出ますが、水溶性のものが出るようになりました。
何もしなければ出ないのは一緒で、摘むと出ます。
量は白色の物はごく少量ですが、水溶性の物は目薬一滴程度です。

今の状態でも乳管病変の可能性はゼロでしょうか?
また、この状態が3ヶ月以上続いても可能性に変わりはないでしょうか?
心配ないようであれば、乳管造影はせずにこのまま様子をみようと思っています。

お忙しいところ申し訳ありませんが、よろしくお願い致します。

 

田澤先生から 【回答2】

こんにちは。田澤です。

「今の状態でも乳管病変の可能性はゼロでしょうか?」
→その通り。

 白色のドロッとした分泌はあくまでも「授乳に伴うもの」です。(3歳6か月のお子さんがいるということだけで説明ができます。 断乳後も5-6年分泌が止まらないことは「ザラ」ですよ!)
 ご安心を。

 
 


 

質問者様から 【結果3 単孔性乳頭分泌について】

性別:女性
年齢:36歳
病名:なし
田澤先生の診察:[診察なし]
田澤先生の手術:[手術なし]

田澤先生、こんにちは。
田澤先生にこの場で質問をし、田澤先生からの回答で、今までの不安や心配がなくなりました。本当にありがとうございました。
現在も右乳頭より単孔性の分泌はありますが、先生の回答通り考え過ぎるのはやめて、気にせず生活しています。
しかし今後も、シコリ等のセルフチェック、検診はかかさず行っていきたいと思っています。
本当にありがとうございました。

<Q&A結果>





「 乳がん Q and A 」直近の更新









サイト内検索

記事や皆様の質問の検索には、「サイト内検索」を使用してください。

例)乳がん しこり
例)脇の下 しこり
例)しこり 痛み
例)線維腺腫 (←誤字に注意)
例)乳腺症

*検索したい文字を正確に入力してください。
「石灰化」で検索したい場合…
(○)石灰化
(×)石灰か *「か」だけ「ひらがな」になっている。
(×)せっかいか *「ひらがな」になっている。



乳がんや乳腺の疾患に関する質問を受け付けています。

乳がんや乳腺の疾患に関する質問はこちらかどうぞ。