Site Overlay

腫瘍径と浸潤径

[管理番号:431]
性別:女性
年齢:42歳
○○術後診察にお伺いしました(○○○○○)です。
先生に手術していただき、本当に良かったと思っております。
今日質問させて頂いたステージについて、画像上の大きさではなく、浸潤径で判断するものと理解しましたが、例えば、画像上の大きさより浸潤径が上回ることもあるのでしょうか?
もしそのような場合、5センチを越えたら、リンパ節転移がなくともステージは3になるのでしょうか?
つたない質問ですみません。よろしくお願いいたします。
 

田澤先生からの回答

 こんにちは。田澤です。
 お元気そうで何よりでした。

回答

「画像上の大きさではなく、浸潤径で判断するものと理解しました」
⇒その通りです。
 例えば(画像上)腫瘍が4cmでも「殆どが非浸潤癌で、浸潤部分が5mm」ならば、pT2(4cm)ではなく、pT1a(5mm)となります。
 
「画像上の大きさより浸潤径が上回ることもあるのでしょうか?」
⇒あります。
 腫瘍の全てが「浸潤癌」の場合には、「画像上の測定よりも浸潤部分が広い」事はありえます。
 
「5センチを越えたら、リンパ節転移がなくともステージは3になるのでしょうか?」
⇒ステージ2Bとなります。(pT3, pN0, pStageⅡB)
 
 

 

質問者様から 【感想2】

田澤先生
ご回答ありがとうございます。
手術は術前の先生の説明通りの結果で大変安心しておりますが、前院では病理結果のレポートも貰えず、詳細もわからぬまま急いで転院を決めたので、来週の病理結果まで正直不安がぬぐいきれず、質問をしてしまいました。
結果は怖いてすが、他のq&aを拝見しながら前向きに治療を頑張りたい!と思っております。
宜しくお願いいたします。

質問者を『応援しています!』 / 田澤先生の回答が『参考になりました!』
という方はクリックしてください。
1+
江戸川病院 東京都江戸川区東小岩2-24-18 電話03-3673-1221
Copyright © 2020 乳がんプラザ. All Rights Reserved.
Scroll Up