Site Overlay

良性の腫瘍切除手術後検査結果は乳ガンでした

[管理番号:1044]
性別:女性
年齢:48才
 
 

質問者様の別の質問

質問が新たな内容のため、別の管理番号としました。
質問者様の別の質問は下記をクリックしてください。
管理番号:1020「マンモトーム検査

 
 
このメールを送る前に何通かメールをしてしまいましたが、本日検査結果が出まして乳ガンだと言う事が分かりました。
9月7日にリンパの生検手術をし、その時に転移が見付かればリンパ節切除しますとの事ですが、組織診断の件もあるし主治医の先生は手術はしない(大学病院で他の先生が手術をする)のでとても心配で。
田澤先生に今後の治療をして貰いたいと思い江戸川病院に連絡させて頂いたのですが、15日以降じゃないと予約が取れないとの事なのですが、リンパの手術は早くにしないと日に日に転移してしまうリスクがあるのでしょうか?
田澤先生のアドバイスを見ていてとても安心出来るので治療して貰いたいと思っていますが、治療途中で別の病院と言うのは色々大変なのちでしょうか?
今後の治療にどうしても不安がありメールしてしまいました。何度もスイマセン。
 

田澤先生からの回答

 こんにちは。田澤です。
 土日の間で、回答の掲載が遅れてしまい不安な思いをさせてしまったようで申し訳ありません。
 今回のメール内容で「注目する点」は追加の手術として「センチネルリンパ節生検」の話しかされていない事です。
 本来、「取って調べましょう=摘出生検」で癌と判明した場合には『乳腺の(追加)部分切除(癌から2cm程度のマージンをとって乳腺を追加切除する)』が必要な筈なのですが、(リンパ節のことだけで)「乳腺の追加(部分)切除の話がない」ようです。
 これについては「担当医からの」説明は無いのでしょうか?
 1つの可能性は(以前の質問メール内容からの抜粋ですが)
先日良性の腫瘍だと言っていた部分だけ摘出して病理検査しますとの事で手術を受けたのですが、腫瘍だけ取る手術だから傷は小さいですと言っていたのに、術後傷を見たらかなり大きく切られていてとてもショック
 *管理番号:1020「マンモトーム検査(質問2)」
⇒この部分の『腫瘍だけ取る手術だから傷は小さいですと言っていたのに、術後傷を見たらかなり大きく切られていて』という部分に注目すると、
 本来「術前説明とは、異なり」『どうせ癌だから、大きめに摘出しておこう』と「無断で」術式変更をしていた可能性があります。
 これについては、「摘出生検での病理レポートを私が見れば」わかります。
★どうも、そのような「説明不足」な点が多々あるようです。
 
 いずれにせよ、『診断~この生検まで続いている負の連鎖』を断ち切りましょう。
 初期治療は「とても重要」です。

回答

「田澤先生に今後の治療をして貰いたいと思い江戸川病院に連絡させて頂いたのですが、15日以降じゃないと予約が取れないとの事なのですが」
⇒その後、小平秘書と連絡取れた様で良かったです。
 
「リンパの手術は早くにしないと日に日に転移してしまうリスクがあるのでしょうか?」
⇒そのような心配はありませんが…
 お気持ちも良く解りますので、「最短の日程」でいきましょう。
 
「治療途中で別の病院と言うのは色々大変なのちでしょうか?」
⇒大丈夫です。
 私には全ての状況が理解できました。
 「摘出生検の病理」さえ、もらえれば「何ら問題ありません」
 「病理レポートを渡さない」医師もいるようですが、「病院から要求」されれば「断る事はできない」のです。
 心配ありません。



質問者を『応援しています!』 / 田澤先生の回答が『参考になりました!』
という方はクリックしてください。
2+
Scroll Up