Site Overlay

腫瘤性病変について。

[管理番号:3723]
性別:女性
年齢:45歳
初めてまして。
今月(下旬)日に、乳癌検診にて超音波検査の結果が書面にて届きました。
結果は、所見あり。
腫瘤性病変 左 と記載があり、予約の上、1ヶ月後に超音波の再検査をして下さいとありました。
検査した病院に電話しましたが、予約が一杯で11月に入らないと予約が取れないと言う事で、
それまで放って置いて大丈夫なものなのか、腫瘤性病変とは、癌なのかわからず、不安でネットで検索していたところ、先生のHPにあたりご質問させていただきました。
また、江戸川病院も近隣なので、出来たら先生に診察して頂きたいかと思いますが、とりあえず最初に検査して頂いた病院に行くべきなのかも悩んでおります。
また、再検査も超音波で大丈夫なのかも、わからないので心配です。
宜しくお願い致します。
 

田澤先生からの回答

こんにちは。田澤です。
「それまで放って置いて大丈夫なものなのか」
⇒大丈夫です。
 それ程の緊急性はありません。
「腫瘤性病変とは、癌なのかわからず、不安」
⇒それを調べるのが「精査」です。
 「腫瘤性病変」とは嚢胞(乳管が拡張して分泌液が貯留したもの)や良性腫瘍(線維腺腫など)、悪性腫瘍(乳がん)まで、全てを含んだ表現です。(それらの、どれであるかまでは解りません)

質問者を『応援しています!』 / 田澤先生の回答が『参考になりました!』
という方はクリックしてください。
0
江戸川病院 乳腺外科 東京都江戸川区東小岩2-24-18 電話03-3673-1221
Copyright © 2020 乳がんプラザ. All Rights Reserved.
Scroll Up