Site Overlay

手術後の治療について

[管理番号:7737]
性別:女性
年齢:50歳
病名:湿潤性乳管癌
症状:

お答えお願いいたします。

8月(上旬)日乳房切除術を受け、8月(下旬)日に病理検査結果を聞きました。

ステージ1(腫瘍径1.2cm、リンパ節0/2個、リンパ管浸潤-)
核異型度2、悪性度 MIB-1(ki67)70%、HER2 1+
ホルモン受容体 ER99%、PgR99%
ki67 が術前は42%と言われていましたが、それよりも更に高くなりました。
主治医はki67のみが高いが他は大人しいので、ホルモン治療のみか、抗がん剤+ホルモン治療のどちらか選ぶことを言われ、オンコタイプDxの説明もありました。

●私の結果でki67が70%もある場合でも先生でしたらホルモン治療だけありますか?
●ki67が70%あって、オンコタイプで低リスクが出ることはありますか?
●低リスクがもし出た場合は素直にホルモン治療のみでよいですか?

 

田澤先生からの回答

こんにちは。田澤です。

「●私の結果でki67が70%もある場合でも先生でしたらホルモン治療だけありますか?」
⇒ありません。

「●ki67が70%あって、オンコタイプで低リスクが出ることはありますか?」
⇒それはあります。

「●低リスクがもし出た場合は素直にホルモン治療のみでよいですか?」
⇒勿論です。
 そのためのOncotypeDXです。
 ★Ki67は、あくまでも参考値です。(OncotypeDXの16遺伝子のうちの1つにすぎません)

質問者を『応援しています!』 / 田澤先生の回答が『参考になりました!』
という方はクリックしてください。
0
江戸川病院 東京都江戸川区東小岩2-24-18 電話03-3673-1221
Copyright © 2020 乳がんプラザ. All Rights Reserved.
Scroll Up