Site Overlay

手術と再建

[管理番号:8577]
性別:女性
年齢:57歳
病名:浸潤性乳管癌
症状:
投稿日:2020年5月27日

田澤先生、はじめまして。

手術方法と再建で悩んでおります。

癌検診で石灰化があり、要精密検査ということで、エコー、MRIを受け、マンモトーム生検で浸潤性乳管癌と診断されました。

ルミナールAタイプで、乳頭近くに石灰化が広がっており、全摘を勧められました。

私が乳房喪失に戸惑っておりますので、部分切除して、術後の病理結果が出て、放射線治療で無理なら、全摘の再手術をと提案されています。

決めなければ先に進めないので、ご意見をお願いします。

全摘をした時には再建を考えておりますが、自家再建か人工インプラントにするか、または人工乳房を使うか。

一次再建にするか、治療を優先して二次にするか。

癌の根治と体の早い回復を、第1と考えておりますが、とても悩んでおります。

こちらのQ&Aを読ませていただきました。

再建に関する事があまり無いので、先生の考えを伺いたいと思います。

長くなり申し訳ありません。

回答をよろしくお願いします。

 

田澤先生からの回答

こんにちは。田澤です。

「癌の根治と体の早い回復を、第1と考えております」
⇒それであれば…

 物事は整理して考えましょう
 「再建」は、あくまでも「患者さん自身の満足度」にかかわる事であり、我々治療する側が勧める類のものではありません。

 全摘が受け入れられないのであれば、温存でもいいのでは?(乳頭に直接浸潤していなければ乳頭の裏まで切除すればいいのです)

Scroll Up