Site Overlay

小葉癌について詳しく教えて下さい

[管理番号:1268]
性別:女性
年齢:58歳
質問失礼致します。
私の実母(58歳)が乳がんと診断されました。小葉癌、ステージ2、CT上 腫瘍2.3
㎝、転移はなし、ホルモンレセプター陽性、おそらくリンパ節転移もしていないだろ
う。との事でした。
今後の方針としては、手術の状況次第ではありますが、術後にホルモン療法を、行っ
ていく予定です。
10月23日に手術が決定したのですが、部分切除か全摘出か悩んでいます。
私なりに調べたところ、小葉癌は転移しやすい癌と知りました。今後の再発のリスク
を考えると全摘出したほうが良いかと考えていたのですが、
主治医の先生は部分切除で大丈夫と思う。患者さんが望むのであれば全摘出でも構い
ませんよ。
との返答でした。書き方は単調になってしまいましたが、とても親切で丁寧な先生です。
たしかに、全摘出する必要がないのであれば部分切除の方が術後の経過もいいし…で
も再発した時に全摘出しなかったことを後悔するのではないか…などと悩んでいます。
患者本人は全摘出することに対しては「命には変えられないから」と納得しています。
小葉癌であっても部分切除で大丈夫なのか、
また、全摘出と、部分切除の術後のメリット、デメリットを教えて下さい。
あと、小葉癌は症例が少なく、情報がほとんどありません。小葉癌の事を詳しく教え
て頂けると幸いです。
どうぞ宜しくお願い致します
 

田澤先生からの回答

こんにちは。田澤です。
小葉癌は「特殊型」に分類されますが、「それ程珍しい」ものではありません。
「多中心性発癌」といい、「同側乳腺に出現(再発ではなく、新規と言えます)」し
たり「対側乳腺に出現(これは転移ではなく、間違い無く新規です)」したりするこ
とが第1の特徴です。
また、性質は大人しい(核グレードなども低い傾向があります)
頻度は低いですが「腹腔内再発」をする場合があります。(極めて低頻度なので、自
分の場合にも起こるかもしれないなどと心配する必要はありません)あくまでも知識
としてです。

回答

「小葉癌は転移しやすい癌と知りました」
⇒これは誤りです。
 「転移しやすい」わけではありません。
 あくまでも「新規(別起源)として同側乳腺や対側乳腺に病変ができやすい」とい
う意味です。
 
「主治医の先生は部分切除で大丈夫と思う。患者さんが望むのであれば全摘出でも構
いませんよ」
⇒妥当なコメントと言えます。
 乳癌学会の推奨でも「小葉癌だという理由で乳腺部分切除の適応外とはしない」と
なっています。
 ただ、「部分切除とするか、全切除とするかの参考」とはなります。
 
「全摘出する必要がないのであれば部分切除の方が術後の経過もいいし」
⇒「部分切除」も「全摘出」も「術後の経過にそれ程の違い」はありません(江戸川
では「部分切除は2泊3日」「全摘は3泊4日」というだけの違いです)
 「腕の動きも同様」だし、「手術時間も同じ」です。♯体の負担も全く同等と考え
てください
 部分切除と全切除の違いは「純粋に見ため」だけと考えてください。
 
『患者本人は全摘出することに対しては「命には変えられないから」と納得』
⇒「美容面(膨らみが無くなること)」にこだわらないのであれば、(安全性を重視
した)「乳房全摘」でいいのではないかと思います。
 
「全摘出と、部分切除の術後のメリット、デメリットを教えて下さい」
⇒これは単純です。
 「部分切除では、温存乳房内再発のリスクがあり、術後照射も必要」なのに対し、
「全摘出では、膨らみが無くなるだけがデメリットである」といえます。
 ○全摘出の方が「体に負担がかかる」とか「術後経過が大変」などということは一
切ありません。
 
「小葉癌の事を詳しく教えて頂けると幸いです」
⇒冒頭でコメントした通りです。
 「同側及び対側への新規病変のリスクが高い」
 「大人しく、予後良好」
 「極めて低頻度だが、(乳癌では唯一)腹腔内再発する」

質問者を『応援しています!』 / 田澤先生の回答が『参考になりました!』
という方はクリックしてください。
1+
江戸川病院 乳腺外科 東京都江戸川区東小岩2-24-18 電話03-3673-1221
Copyright © 2020 乳がんプラザ. All Rights Reserved.
Scroll Up