Site Overlay

ステージ1の右側浸潤性乳管癌 潰瘍性大腸炎罹患

[管理番号:7202]
性別:女性
年齢:45歳
病名:浸潤性乳管癌
症状:

田澤先生、こんにちは。
よろしくお願いいたします。

去年の暮れの人間ドックで、多発性乳がんの疑いで、地域の中核病院に転院し、先週生検の結果が出ました。

ステージ1 浸潤性乳管癌
T1N0M0 しこりは、7、8ミリ
ER + ki67 25
HER2境界域のため、DNA増幅があるかどうか、現在調べています。

HER2が+の場合は術前化学療法をし、マイナスの場合は手術になります。

軽症ですが潰瘍性大腸炎があるので、できれば化学療法をやりたくない旨は伝えました。

多発性乳がんの疑いでしたが、生検の結果、怪しいと思われた両胸の腫瘤は、乳腺症だろうということでした。
ただ、まだ疑わしいということ
なので、温存ではありますが、怪しい部分にひっかけて切除するとのことです。
ご意見をいただければ幸いです。
よろしくお願いいたします。

(術前検査で、CTも骨シンチもします。
やりたくないといったものの、
みんなやるからと言われてしまい…すみません、愚痴です)

 

田澤先生からの回答

こんにちは。田澤です。

「HER2が+の場合は術前化学療法」
→馬鹿げている!

 何のための術前化学療法?(本質を見失っていますね)

「やりたくないといったものの、みんなやるからと言われてしまい」
→とんでもない!!

 「経済的負担」や「被爆による健康被害」もあるのに、「みんなやるから」だと!!!
 これ以上コメントする気にもなりません。(失礼)

Scroll Up