Site Overlay

下着の染み

[管理番号:246]
性別:女性
年齢:40歳
はじめまして。
この半年ほど下着の乳頭が触れる部分に染みができることがあり、気になっています。
【染みの状態】
ほぼ右側のみ(時々左も)。
直径3センチほど薄く濡れたようになる。
無臭(一度汗のような臭いがした)。
乳首、乳輪に特に付着物はなし。
絞っても何もでない(故に出所が不明)。
 
【既往歴】
左乳房8ミリの線維腺腫(乳腺外科で針生検により確定診断済み)
 
乳がんの家族歴があるため年に一回検診しています。今年は3月上旬に受診し腺腫に変化もなく、マンモ、エコーとも両乳房異常ありませんでした。
年末から胃腸をこわし、シメチジンを含む胃薬を服用していたため、副作用か乳腺症かと気にしていませんでしたが、服用をやめて一月以上たっても続く上、片側だけはおかしいと周囲に言われたことから不安になってきました。
3月の検査で異常がないので気にしなくてよいものか、また別の乳腺外科に行くべきなのか…。
悩んでいます。
 

田澤先生からの回答

 こんにちは。田澤です。
 「乳頭分泌」ですね。
 確かに「片側が優勢」だと気になります。
 それでは回答します。

回答

「3月の検査で異常がないので気にしなくてよいものか、また別の乳腺外科に行くべきなのか」
⇒もう少し様子をみてください。
 ポイントは「シメチジン」と「分泌物の性状(色)と出方」と「超音波所見」です。

  1. シメチジンの影響
     やはり、「シメチジンの影響」は(辞めて1カ月程度では)考慮しなくてはなりません。
     もう2カ月位は様子を見た方がいいと思います。(徐々に減少してくれば大丈夫です)
     

  2. 分泌物の性状(色)と出方(絞っても何もでない⇒故に出所が不明)
     質問本分からは「薄く濡れたようになる」とありますので(おそらく)透明なのでしょう。(もし色が付いていたら、その記載があると考えました)
     しかも分泌は「時々左も」とあるので、完全な「片側性」ではないようです。
     また「絞っても出ない」というのは「多孔性分泌」を疑う所見です。
     「1つの乳管からの分泌=単孔性」であれば、(下着が濡れるほどの分泌であれば)絞って出ると思います。
    ⇒そうすると「乳管内病変=乳管内乳頭腫や初期の乳癌」は比較的考えにくい(完全には否定できないですが…)
     
  3. 超音波所見
     もちろん、「超音波で所見がない」といっても「腫瘍が小さすぎて見えない=2mm以下など」「所見の見落とし」もあるので「乳管内病変を完全には否定できません」が、安心材料のひとつです。
     

私の意見

 「絞っても出ない」のでは、「乳管造影も困難」であり、「超音波所見がはっきりしなければ」様子をみるしかない状況です。
 薬剤性(シメチジン)の印象があります。 もう少し時間をおいてみましょう。
 
 

 

質問者様から 【感想】

早々に丁寧なご回答ありがとうございました。
色についてはご指摘いただいた通り無色です。
確認するためガーゼをあてたりしていましたが、
白いガーゼだと分泌物が出たかどうかもわかりません。
毎日出るわけでも無いようです。
また、左も最近はっきりと気がつくまで左右で乳頭があたる位置が違うことを失念して見比べていたため、
今まで見落としていた可能性もあるかもしれません。
家族歴のためどうしても神経質になってしまうので、ご回答いただき安心しました。
様子を見て、続くようであれば病院に行きます。
ありがとうございました。

質問者を『応援しています!』 / 田澤先生の回答が『参考になりました!』
という方はクリックしてください。
1+
江戸川病院 東京都江戸川区東小岩2-24-18 電話03-3673-1221
Copyright © 2020 乳がんプラザ. All Rights Reserved.
Scroll Up