Site Overlay

浸潤性小葉がんについて

[管理番号:1982]
性別:女性
年齢:49歳
田澤先生
初めまして。
貴重なお時間を割いていただきありがとうございます。
浸潤性小葉がんについて教えていただけると助かります。
がんについて全く知識がないので変なことを伺ったらごめんなさい。
まだ、検査の途中なのですが眠れぬ日が続き、不安でどうしようもなくてメールいたしました。
49歳女性です。
 2015年10月16日実施の人間ドックの結果、乳腺の精密検査の指示がありました。
(毎年人間ドッグで乳腺の検査もしていたのに早くに見つけられず残念です。)
 大変混んでいて1か月後に違う病院で診察と乳房の生検と腋のリンパを細胞診の検査をしてもらいました。
その1週間後、マンモとエコー検査をしていただきました。
その結果、浸潤性小葉がんでリンパ節に転移ありということがわかりました。
がんの大きさは3cm。
がんの顔つきは普通。
(2)進行も普通。
(2)といわれました。
 ホルモン受容体は陽性、Her2はまだ検査中ですといわれました。
これから年末年始にかけて検査(MRI.骨シンチなど)をして、手術できるようなら全摘、リンパ節の郭清をします。
その後ホルモン療法を5年予定しています。
(今の時点での説明なので変わる可能性もあると思います。)
3つ不安なことがあります。
先生のお考えをお聞かせ願えないでしょうか。
1.別の場所に転移して手術ができない可能性はどのくらいでしょうか。
2.手術ができた場合、胸の筋肉を切るような可能性はありますか。
3.別の方も質問されていましたが、先生は小葉がんの予後はよいとおっしゃっていましたが、リンパ節に転移がないのとがんが小さいとよいのでしょうか。
私の場合、大きくてリンパ節に転移があるので予後が悪いのでしょうか。
(さらにQ&Aの違うページの方の生存率が気になります。)
浸潤性小葉がんは患者の数が少ないと聞きました。
たくさんの患者さんを見ていらっしゃる田澤先生を頼りにお聞きしてしまいました。
情報が少ないのですが、お答えいただけると助かります。
本当に困ってしまい、自分のことばかり考えた変な質問になってすみません。
よろしくお願いいたします。
 

田澤先生からの回答

こんにちは。田澤です。
浸潤性小葉癌ですね。
「1.別の場所に転移して手術ができない可能性はどのくらいでしょうか。」
⇒ほぼ0です。
 考える必要はありません。
 私であればそもそも「骨シンチ」などしません。
 
「2.手術ができた場合、胸の筋肉を切るような可能性はありますか。」
⇒普通にステージ2と言う事なので
 その可能性はありません。
 
「3.別の方も質問されていましたが、先生は小葉がんの予後はよいとおっしゃっていましたが、リンパ節に転移がないのとがんが小さいとよいのでしょうか。私の場合、大きくてリンパ節に転移があるので予後が悪いのでしょうか。」
⇒ステージの割には「予後が良い」と思います。
 つまり同じステージ同士では「小葉癌の方が予後良好」と言えます。

質問者を『応援しています!』 / 田澤先生の回答が『参考になりました!』
という方はクリックしてください。
0
江戸川病院 乳腺外科 東京都江戸川区東小岩2-24-18 電話03-3673-1221
Copyright © 2020 乳がんプラザ. All Rights Reserved.
Scroll Up