Site Overlay

乳房切除術後の放射線治療の適応

[管理番号:1146]
性別:女性
年齢:62歳
 
 

質問者様の別の質問

質問が新たな内容のため、別の管理番号としました。
質問者様の別の質問は下記をクリックしてください。
管理番号:1106「術前化学療法中の強い副作用

 
 
 
 

質問者様の別の質問

質問が新たな内容のため、別の管理番号としました。
質問者様の別の質問は下記をクリックしてください。
管理番号:1157「術前化学療法後の乳房切除後放射線照射の適応

 
 
先生こんにちは。ご解答ありがとうございました。母にも伝えました。次回病院で、
話をしてみるとのことです。
とりあえず一番辛い時期は過ぎたようで食欲も、出てきてるようです。すべての抗が
ん剤が、終われば回復してきますよね?ハーセプチンと、タキサン系の抗がん剤にな
れば今よりは、楽になるとのことですね?少し安心です。ありがとうございます。
もうひとつ質問させていただきます。担当医から放射線の話はないのですが母の乳癌
の治療には、放射線もしなければいけないのでしょうか?ご解答よろしくお願い致し
ます。
 

田澤先生からの回答

こんにちは。田澤です。
術前抗がん剤に固執する必要はありません。
副作用が強いのならば、手術をして(手術自体に体のダメージはありません)から、
ゆっくり抗がん剤をしましょう。

回答

「担当医から放射線の話はないのですが母の乳癌の治療には、放射線もしなければい
けないのでしょうか?」
⇒放射線の適応はあります。
「ハーツ2陽性で、ホルモン陰性、腫瘍八センチ、リンパ転移数ヶ所」という以前の
質問者のコメントより術後放射線の適応があります。
★乳房切除術後の放射線照射の適応は
 ①リンパ節転移4個以上 推奨度A
 ②リンパ節転移1~3個  推奨度B
 放射線治療は「局所療法」なのですが、「生存率も上昇」するデータがあるのです。



質問者を『応援しています!』 / 田澤先生の回答が『参考になりました!』
という方はクリックしてください。
0
Scroll Up