Site Overlay

石灰化とピルの服用について

[管理番号:3695]
性別:女性
年齢:32歳
生理痛がひどいため、低用量ピルを処方してもらっています。
マンモグラフィーを定期的にしてもらっていますが、先日『右胸に石灰化があるから、1年後必ずマンモグラフィーをしましょう。
その時にまだあったら、乳がんの初期を疑います。』
と先生に言われました。
突然のことで
何が何だか分からず、聞きたいことも聞けないまま帰ってきました。
これから妊娠・出産を希望しており、時期をみてピルの服用をやめようと考えていました。
このままピルを服用していても問題ないでしょうか。
また妊娠を望んでもいいのでしょうか。
 

田澤先生からの回答

こんにちは。田澤です。
メール内容を見て「目を疑い」ました。
「1年後必ずマンモグラフィーをしましょう。その時にまだあったら、乳がんの初期を疑います」
⇒このコメントは何ですか?(現状でも「乳癌が疑われる」というように解釈できます)
 「1年後、増加していたら、もしかして乳癌の可能性もあります」ならば、まだしも『まだあったら、乳癌の初期を疑う』とは??
 ○この文面通りならば、「経過観察などせずに、ST-MMTすべき」です。
「このままピルを服用していても問題ないでしょうか。」
⇒これは別に構いません。
「また妊娠を望んでもいいのでしょうか。」
⇒妊娠を考える前に、ST-MMTして「確定診断つけるべき」です。

質問者を『応援しています!』 / 田澤先生の回答が『参考になりました!』
という方はクリックしてください。
0
江戸川病院 乳腺外科 東京都江戸川区東小岩2-24-18 電話03-3673-1221
Copyright © 2020 乳がんプラザ. All Rights Reserved.
Scroll Up